自分を愛するにはどうすればいいですか?

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は、「自分を愛するとは?」お話していこうと思います。

 

以前も「満たされた私の創り方」でお話しています。

そちらも覗いてみてくださいね。

 

 

 

 

「自分を愛するってどういうことかわかりません・・

 

本やネットに書かれているように欲しかった服を買ったり、

 

旅行に行ったり、豪華なランチに行ったりもしましたが、満たされません。

 

どうしたらいいんでしょう?」

 

このようなご質問を受けることがあります。

 

 

 

 

実際、こんなふうに悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

 

そして、私が感じるのは、

 

愛し方を「考えている」のでは?と。

 

考えてばかりで、感じることをしていないのでは?と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

自分を愛することは、

 

まず自分を感じてあげること。

 

 

 

なぜなら、

 

愛は感じるものだからです。

 

 

 

 

 

愛している、

 

愛されているとわかる時、

 

愛を感じるからわかるのではないでしょうか?

 

 

 

 

ウキウキしたり、

 

胸があたたかくなったり、

 

時に、胸が苦しくなったりと、

 

愛の感覚を感じるからわかるのです。

 

 

 

 

 

なので、

 

「どうやって自分を愛したらいいんだろう?」

 

「愛するってどういうこと?」と、

 

頭で考えているとわからないのです。

 

 

 

 

 

考えると頭に繋がりますが、

 

愛を感じるハート・身体の感覚には繋がれないのです。

 

 

 

 

愛を感じるには、

 

ハート・身体の感覚に繋がることなのです。

 

 

 

 

自分を愛するには、

 

まずハート・身体の感覚を感じていきましょう。

 

 

 

 

こんなふうに。

 

「今、ハートはどんな感じ?」

 

「心地いい?」

 

「苦しい?」

 

「リラックスしてる?」

 

「緊張してる?」

 

「寒い?暑い?」

 

ハート・身体に起こっている感覚を感じるのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

「心地よくない」と感じているとわかれば、

 

「どうしたら心地よくなる?」と自分に聞くのです。

 

 

 

また、

 

「少し寒い」と感じたら、

 

上着を着たり、暖房をつけたりと自分をあたためてあげるのです。

 

 

 

 

大切な人が心地悪そうにしていたら、

 

「どうしたい?」と聞くように。

 

 

 

 

大切な人が寒そうにしていたら上着をかけてあげるように自分に接するのです。

 

簡単でしょう?

 

でも、こういった些細な気遣い、

 

自分にはしていないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

冒頭の、

 

欲しかった服を買ったり、

旅行に行ったり、

豪華なランチに行ったりしてけど、満たされません。

 

 

 

 

満たされなかった原因は、

 

その服がほんとうに欲しいものだったのでしょうか?

 

ほんとうに旅行に行きたかったのでしょうか?

 

ほんとうに豪華なランチに行きたかったのでしょうか?

 

 

 

 

 

ほんとうの望みではないから満たされない。

 

どうしたいのか?ハートと身体を感じて、

 

自分のほんとうの望みを感じていなかったのでしょう。

 

 

 

 

ネットなどの情報(誰かの意見)を

 

それをすれば満たされると思い込んでしまったのでしょう。

 

それがほんとうに自分の望みか?感じることをしないで。

 

 

 

 

 

自分ご褒美はこのブランド!

 

このリゾートに行くといいよ!と情報は宣伝していますから。

 

 

ハートと身体の感覚が望みを教えてくれているとは、

 

多くの人は、教わらずに大人になってもいますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を愛することは、

 

お金をいっぱいかけることでも、

 

大きなことや難しいことを頑張ってすることでもないのです。

 

 

 

 

ただ自分を感じてあげること。

 

自分という存在をただ感じてあげること。

 

ハートと身体の声を聴き、その求めることを叶えていくことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

ハート・身体の声は、真の望みを教えてくれます。

 

思考の声は、真の望みは教えてくれません。

 

思考は過去の記憶というデーターであり、

 

世の中の情報を記憶しているデーターバンクなのです。

 

 

 

 

 

 

 

自分を愛するとは、

 

シンプルに自分を感じてあげること。

 

 

 

 

もちろん、美味しいランチを食べたり、

 

欲しかった洋服を買ってもいいんです。

 

それが、ほんとうに食べたいものであり、ほんとうに着たい洋服なら。

 

 

 

 

ほんとうの望みを叶えると満たされます。

 

その体験を思い出すたびに、何度も何度も満たされます。

 

「満たされない・・」なんてことにはならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

満たされない・・なら、

 

感じることから始めましょう。

 

 

 

 

ハートと身体を感じるほどに、

 

満たされ、自分を愛していると思えるようになっていきますよ。

 

特に女性は、感じる性。

 

感じること大切です。

 

 

 

 

 

 

個人セッションはこちらから。
個人セッション

こちらも合わせてどうぞ。
しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。