不安な気持ちの取り扱い方

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

3月に入り、この数日の間にも世界のエネルギーシフトが数回ありました。

 

その為、心身の変化を感じている方もあるかもしれません。

 

世界のエネルギーシフトに共振しての変化ですから安心なさってくださいね。

 

 

 

さて、新型ウイルスのニュースが連日あり、
不安を感じていらっしゃる方も多いと思います。

 

いかがでしょう?

 

 

スピリチュアルなことを発信されている方々からは、

 

「不安でなく、安心を選びましょう」との発信もありますね。

 

 

さて、どうしたら少しでも心地よく居られるでしょう?

 

 

 

私からは、

 

「不安を感じていいんですよ。」

 

そうお伝えしたいと思います。

 

 

というのも、

 

多くの人が不安を感じているのですから、

 

互いに共振し合っているこの世界では不安になるのが普通だからです。

 

不安になるのは、みんなと繋がっている証拠なのです。

 

イメージとしてはみんなで手を繋いでいる感じでしょうか。
潜在意識・超意識では繋がっていますしね。

 

 

 

 

でも、安心を選ばないといけない そう思うと、

 

不安を感じる自分を否定してしまうこともあるのではないでしょうか。

 

実は、否定は不安を強めてしまうのです。

 

このことは、感情の取り扱いでいつもお話していますね。

 

 

 

 

 

不安に感じていいのです。

 

まずは、不安を感じている自分を肯定してあげてください。

 

「不安を感じているんだね。それでいいよ。」

 

こんなふうに肯定の言葉を自分にかけてあげましょう。

 

すると、肯定された心はほっとします。

 

 

そして、みんなと繋がってるから不安になると理解できたら、

 

さらにほっと出来ると思います。

 

 

 

 

ほっと出来たら、

 

「この不安になる出来事に神様からのメッセージがあるとしたらなんだろう?」

 

そんなふうな視点も持ってみてください。

 

 

 

 

 

私たちの人生は、悲喜こもごも。

 

いろんなことが起こります。

 

そしてまた、出来事にどういう意味を付けるかは自由に出来ます。

 

 

 

 

 

ちょうど今、セッションを受けてくださっている皆さんからは、

 

学校がお休みになったので、
日頃できない親子の会話をたっぷりします。

 

テレワークで時間の余裕が出来たので、
自分にしっかり向き合えます。

 

こんなお声が聞かれます。

 

プラスの意味づけをされているのです。

 

 

 

 

 

物事には、プラスの面とマイナスの面の両面があります。

 

マイナスばかりに目を向けるのではなく、

 

プラスにも目を向ける。

 

 

これは、マイナス面に目をつぶりプラス面だけを見るのではなく、

 

両面あることを理解したうえで、

 

マイナス面にしっかり対処しつつ、

プラス面にも目を向けていくということです。

 

 

 

 

初めに、不安になっていいですよ とお伝えしました。

 

不安でいいのです。

 

不安を感じるのは繋がっているからですから。

 

そしてまた、不安を感じるのは何か守りたいものがあり、
それが脅かされていると感じるからなのです。

 

 

不安が強くなると、不安要因を取り除きたくて怒りの行動になることがあります。
これは、安心していたいがためです。
それほど、不安を感じ怯えているのです。

 

 

 

 

 

不安を感じてはいけないと、自分を責めないでくださいね。

 

感じていることを許し、

 

何を守りたいのだろう?と、

 

大切に思っているものを見つけることもいいと思います。

 

この出来事で、神様は何をメッセージしてきているのだろう?

 

そう思ってもいいと思います。

 

 

 

 

 

不安な気持ちも大切な自分が感じること。

 

そこから何かしら受け取れると、

心の穏やかさが戻ってくるかと思います。

 

 

 

 

寒暖差もありますから、

滋養のあるお食事と十分な睡眠を。

 

そして、出来うる最善に愛を込めてしていけたらいいですね。

 

  

 

 

セッションはこちら。

個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。