承認欲求。他者承認と自己承認の違い

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

今日は、承認欲求についてお話していこうと思います。

 

SNSの影響もあるのでしょうか、
承認欲求で悩む人が多いように思います。

 

 

 

セッションでも、
他者からの承認を求める方ほど、
心の安定が難しいと感じます。

 

 

反対に、
自分で自分を承認できる方は、
他者からの承認をあまり必要としないため、
心が安定しています。

 

 

 

承認欲求というと思い出すことがあります。

 

私が心理学を学び始めた頃、

選択理論心理学の先生が言われた言葉。

 

 

「人には、力の欲求があるけれど、
それは外(他者)に向けるものではなく、

自分に向けるものだと思います。」

 

 

※力の欲求とは、選択理論心理学の人が持つ基本的欲求のひとつ。
認められたい・達成したい・人の役に立ちたいという欲求です。

 

 

 

 

先生の言葉にはっとして、
深く納得したことを今でも覚えています。

 

そして、先生の言葉に出逢ったことに感謝しています。

 

 

というのは、
力の欲求は誰もが持っているものだからこそ、

 

他者に承認して!と外に向けるのか、

(他者承認)

 

自分で自分の成長を認める内に向けるのか、

(自己承認)

 

どちらを選ぶかによって、

 

心の安定と満たされ度合いが全く違ってくるからです。

 

心の安定と満たされ度合いは、幸せ創造に大きな違いを生みます。

 

 

 

また、エネルギーの法則でも、

 

内側が外側に映し出されますから、

 

自分で自分を承認して満たされていると、

 

外側からも承認され満たされることが起こります。

 

 

 

でも、

 

自分で自分を承認していなければ、

 

外側から承認されることが起こることはなく、

 

外側から満たされることは起こりません。

 

自分で自分を責めていれば、外側からの責められることが起こります。

 

 

 

 

 

セッションをしていて感じるのは、

 

自分の小さなチャレンジを褒められる人、

 

小さな変化に気づいて喜べる人ほど、

 

安定してしっかりとした変化を起こしていかれるのです。

 

 

 

 

これは、

 

小さなチャレンジをしているのに、

大きなチャレンジが出来ない自分だと責めているなら、

 

不安でいっぱいになるでしょうし、

 

変化が起こっていても、

 

その変化に気づくことも、変化を起こせた自分を褒めることにも思い至らないのです。

 

 

 

 

 

 

もし、心穏やかでありたい、

 

幸せな変化を安定して起こしていきたいと思われるのなら、

 

承認欲求が外側に向いていないか振り返ってみてください。

 

 

 

そして、他者に承認を求めていたのなら、

 

自分で自分を承認していきましょう。

 

これまでに自分がした小さな行動・チャレンジをいっぱい褒めてあげましょう。

 

 

 

 

 

欲求とは、自分で自分を満たすことが基本です。

 

食欲も睡眠欲も排泄欲求も、自分で満たしますね。

(赤ちゃんや幼い子は親に満たしてもらいますが)

 

承認欲求も同じ。

大人の私たちは、自分で満たせるのです。

 

 

 

 

 

自分がどんな承認の言葉を他者に求めてるのか?

 

自分がどんな承認の行為を他者に求めているのか?

 

ハートに聴きながら、それを自分で自分に与えてあげてください。

 

きっと、あなたの中で安心と満たされる感じが生まれますよ。

 

 

 

幸せを創造したいのなら、

自分の中に安心を増やしていきましょう。

 

安心が増えるほどに満たされ、外側にも安心と満たされることが起こってきますから。

 

 

 

 

 

 

 

選択理論心理学での5つの基本的欲求を紹介しておきます。
参考になさってください。

 

①愛所属の欲求

愛し愛されたい・仲間の一員でありたい

 

②力の欲求

認められたい・達成したい・人の役に立ちたい

 

③自由の欲求

自分で選びたい、強制されたくない

 

④楽しみの欲求

自分の好きなことをしてエンジョイしたい

 

⑤生存欲求

食べたり、飲んだり、休んだりしたい

 

選択理論心理学では、この5つの欲求がDNAレベルであるとされています。

 

また、人によって欲求の高い低いがあり、それが、その人の個性となっています。

 

そして、この欲求は、心の傷が癒されることで変わってくると私は考えています。

 

なぜなら、インナーチャイルドが癒されると他者承認・愛所属の欲求の強さが弱くなるからです。

 

 

 

 

セッションはこちらをどうぞ。

個人セッション

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。
ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。