令和、即位礼正殿の儀。エネルギーがシフトしました

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

 

22日、「即位礼正殿の儀」が執り行われました。

 

即位礼正殿の儀は、天皇陛下が内外へ即位を宣言されるもの。

 

22日を境に、エネルギーが大きくシフトしました。

 

皆様は、感じられましたか?

 

 

 

 

22日、東京はあいにくの雨模様でしたが、

即位礼正殿の儀の直前には雨が上がりました。

 

そして、綺麗な虹が出ましたね。

 

ニュースなどでご覧になった方も多いと思います。
https://youtu.be/UW1ymVcgFg0

 

そして、富士山は初冠雪でした。

 

 

 

 

 

これらのこと、偶然と思われますか?

 

私は、これらのことは「当然」と捉えています。

 

そして、「神はある(存在する)」ことの証だったと思っています。

 

 

 

 

私の住む東海地方は、22日の朝は気持ちのいい快晴でした。

 

そして、朝の陽ざしがいつもと全く違うものでした。

 

眼を開けていられないほどの眩しい光がいっぱいの陽ざしだったのです。

 

 

 

 

 

エネルギーが大きく変わる時、

 

この眼を開けていられないほどの眩しい光が降り注ぎます。

 

 

 

即位礼正殿の儀の当日、
天から溢れるほどの光が降り注いだのです。

 

世界のエネルギーがシフトしたのです。

 

 

 

 

 

10月は、大きな台風被害がありました。

世界情勢も不安に思うことがいくつもあり、
「世界はどちらに向かうのだろう?」

正直なところ、危惧もしていたのです。

 

 

 



でも、ラクビー日本選手団の大活躍で、
日本中が湧きたちました。

 

プレーの素晴らしさと共に、
選手たちの真摯なスポーツマンシップの在り方に感銘を受けた人も多いと思います。

 

 

 

 

その姿は世の中の不安を打ち消し、
見る人に勇気と希望を与えるものでした。

 

そして、天皇陛下の即位宣言で天からあふれる光が降り注ぎ、

世界は大きくシフトしたことを感じました。

 

 

 

 

そしてまた、世界各国(191カ国)から即位礼正殿の儀に参列された皆様が、

それぞれの国に「光」を持ち帰られる。


世界に日本の光が広がるのです。
世界も光によりシフトしていくことになります。

 

 

そして、昨日23日の空は、
鳳凰の エネルギーで溢れていました。

 

空を見上げながら、世界は光に向かうと安堵しました。

 

 

 

 

 

 

皆さんは、どう感じていますか?

 

 

 

この世界は、光と闇で出来ているのですが、

 

その割合は、光が51で闇が49なのだそうです。

 

それが、この地球の光と闇の割合なのです。

 

 

 

 

 

 

人の心もこの割合なのです。

 

光ばかりになることを求めすぎると、闇を嫌ってしまいます。

 

でも、闇も自分の部分。

その部分もあっていいと許せると、闇はゆるみ光に昇華されます。

 

闇は光に還るのです。

 

 

 

 

 

今、私たちの心の中で、闇の昇華が起こっていると感じます。

 

 

 

光があれだけ降り注いだのです。


心の奥に押し込めて来た闇は、エネルギーのシフトに刺激されます。

光に戻りたいと声をあげます。

 

 

 

どうぞ闇も愛してあげてください。

 

愛したとたんに、闇は光に還っていきますから。

 

大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

感情の取扱説明書

感情の22段階

感情解放で受け取るギフト
頑張ってきた自分を受け取る

しあわせのヒント集

 

個人セッション

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。