【許し】許せないと苦しくなるわけ&許しの言葉ワーク

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

先日の許し。メアリーの物語はいかがでしたか?

 

実は、ふたりの方から自分にぴったりのお話でしたとご連絡頂きました。

 

 

こういったご連絡、ほんとうに多くて、

 

書かされているのだと、お役目果たせた!と喜んでいます。

 

お知らせくださり ありがとうございます。

 

 

 

 

 

乙女座・魚座の浄化エネルギーが降り注ぐ今ですから、

 

あと少し、許しのお話していきますね。

 

 

 

 

 

怒りが収まらなかったり、

 

許しが頭をかすめるけど許したくない!

 

そして、許さない!と決め一旦はスッキリしたのに、

 

なぜか苦しく辛い・・そんなことがあります。

 

 

過去、私もあります。

この状態、かなり辛いです・・。

その辛さがあったから、心のお勉強にはまったのですけど。

 

 

 

 

 

 

 

実は、苦しくなるのは、

 

潜在意識のある性質によるもの。

 

 

 

実は、潜在意識には人称がないのです。

 

人称がないというのは、相手、自分という区別がなく、

 

全て一人称の「私」になっているのです。

 

 

 

ですから、表面意識で、相手にだけ怒っていると思っていても、

 

潜在意識では、全て「私」なので、

 

自分にも怒っていることになるのです。

 

 

 

 

人の悪口を言う=自分に悪口を言う

 

 

他者責め=自分責め、になっているのです。

 

 

表面意識(自分で気づいている意識)潜在意識(自分では気づけない意識)

 

 

 

 

 

そのため、心の深部ではダブルの怒りとなるので、


苦しい状態が引き起こされてくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、多くの方のご相談を受けてきて感じるのは、

 

良い人、良心がある方、繊細な方ほど、

 

この苦しみを強く感じられるように思います。

 

 

 

 

 

そしてまた、こんな優しい方がいる反面、

 

現実には、悩むことなく、相手を傷つけたとも思っていない人も存在します。

 

傷つけ潰して出世を計る人たちもいます。

 

 

 

 この数年、脳科学者の方がサイコパスの本を出版され、
一般的に知られるようになりました。

 

脳の機能として、思いやり・罪悪感の箇所が機能していないそうです。

 

サイコパスは、罪悪感を感じないので人を傷つけても苦しくなることがなく、

自分の利益(出世・有名になること・金銭の授受)だけを追求するそうです。

 

 

 

 

 

 

ですから、悩むということは、

良心、思いやりの心(脳の機能)を持っているということでもあり、

 

自分を責める必要はなく、

むしろ安心していいのではないかと思います。

 

 

 

 

そして、良心を持ち、思いやりを持っているからこそ、

幸せであって欲しいと思います。

 

 

 

なので、潜在意識の性質を生かして、

 

こんな言葉をご自身にかけてあげてはいかがでしょう?

 

 

「許せない私を許します。」と。

 

 

 

 

許せない相手を無理して許す必要はなく、

 

そして、傷ついた自分に優しく接するために、

 

「許せない私を許します。」と。

 

 

 

 

この言葉を口に出してみるとわかるのですが、

 

ほ~とするような、

 

身体があたたかくゆるむような安心感が生まれてくるのです。

 

 

 

 

それは、「許す」という言葉によって、

潜在意識での怒り・責めの言葉が止まるからです。

 

また、「許す」という言葉には浄化のエネルギーがあるのです。

 

 

ですから、傷ついた気持ちを癒し浄化してもくれ、

 

自分を愛することになり、安心が生まれるのです。

 

 

 

 

 

どこか、ほ~とするような、

 

身体があたたかくゆるむような感覚が生まれたのなら潜在意識に届いた証拠。

 

何度も何度も口にして潜在意識に浸透させてあげましょう。

 

 

 

 

収まったと思っても再び怒りや責めが出てきたらその都度口にしてください。

 

潜在意識のパターンになっていることがあるのです。

 

 

潜在意識に浸透させやすい入浴時に言うのもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

私たちの心は不思議なほど言葉に反応します。

 

聖書に、「始めに言葉あり」とあるように、

 

私たちは、言葉によって世界を創っています。

 

どんな言葉を使うか(自分に人に)

 

また、心の中であっても使っている言葉で現実は大いに影響されています。

 

 

 

 

言葉によって、

 

幸せを創造したり、壊したりもしてしまっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「私を許します」という言葉はパワフルです。

 

 

セッションでも使うのですが、

 

鏡に映った自分の瞳を優しく見つめながら、

 

 

「怒ってしまう私を許します」

 

(怒りたくないのに怒ってしまって落ち込む時に)

 

 

「甘えたい私を許します」

 

(甘えたいのに出来なくて、我慢してしまう時に)

 

 

さらに、

 

「才能ある私を許します」

(嫉妬が怖くて才能を出さないようにセーブしてしまう時に)

 

 

「豊かな女性性を持つ私を許します」

 

(女性性を開花することに抵抗がある時に)

 

 

 

こんな言葉をかけていただくのです。

 

多くの方が泣かれます。

 

なぜ涙が出るのかわからないと言う方もありますが、

そのお顔は安らぎの笑顔。

 

自分を制限していたものが外れるからなのです。

 

 

「許します」という言葉は、愛の言葉なのです。

 

 

 

 

 

 

 

初めに、許せなくて苦しくなるのなら、

 

それは、良心があるから、そうお話したように、

 

悩み苦しくなるのは、心が綺麗だからなのです。

 

 

心が綺麗な人ほど、わずかなネガティブ(不幸)エネルギーを敏感に感じるものです。

 

 

 

ですから、自信を持ってください。

 

そして、「私を許します」の言葉を自分にかけて、

 

自分を優しく愛で満たしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ほんとうの望みは、

 

傷つけた人を怒り続けることに人生を費やすことではなく、

 

心安らかに幸せを豊かに創造することだと思います。

 

 

 

 

 

始めに言葉あり。

 

幸せを創造する言葉を使っていきましょう。

 

 

あなたが幸せに満ちた時、

 

「そんなこともあったな~」と笑い飛ばしていますから。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

愛に還る。許せなくていいのです

呼吸が浅い時にお勧めの3つ

ご縁のシフトチェンジに大切なこと

甘えられる人?そうでない人の基準

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたの心が安らかでありますように。

 

 

 

 

台風15号の被害で、

停電断水で不自由されている方があり、

心痛めております。

 

 

一刻も早く日常が戻られますこと、お祈りいたします。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。