【許し】許せないと苦しくなるわけ&許しのワーク

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

先日の許し。メアリーの物語はいかがでしたか?

 

実は、ふたりの方から自分にぴったりのお話でしたとご連絡頂きました。

 

こういったご連絡、よくいただくのですがお役目なのでしょうね。

有難いことです。

お知らせくださり ありがとうございました。

 

 

 

乙女座・魚座の浄化エネルギーが降り注ぐ今ですので、

あと少し、許しのお話していきますね。

 

 

 

 

怒りが収まらなかったり、

 

許しが頭をかすめるけど許したくない!

 

そして、許さない!と決め一旦はスッキリしたのに、

 

なぜか苦しく辛い・・そんなことがありませんか?

 

私にはあります。

 

そして、この状態はかなり辛いです・・。

 

 

 

 

 

実は、苦しくなるのは潜在意識の性質によるものなのです。

 

その性質というのは、「潜在意識には人称がない」というもの。

 

 

 

 

人称がないというのは、

自分、相手の区別がないということです。

 

全て一人称の「私」になっているのです。

 

 

 

 

なので、表面意識で相手に怒っているつもりでも、

 

潜在意識では、私に怒っているのです。

 

自分・相手の区別がないのですから。

 

 

 

 

ということは、

 

人の悪口を言う=自分に悪口を言う

 

他者責め=自分責め

 

になっているということ。

 

心の深部では怒りが自分に向いているのですから苦しくなるのです。

 

※表面意識(自分で気づいている意識)潜在意識(自分では気づけない心の深部の意識)

 

 

 

 

 

 

 

そして、私が感じるのは、

良心がある方・誠実な方・繊細な方ほど、この苦しみが強いと感じます。

 

表面意識で「許したほうがいい」と思っているため、

自分を責める気持ちがより強くなるためでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、こんな優しい方がいる反面、

悩むことなどなく、相手を傷つけたとも思っていない人も存在します。

 

 

この数年、脳科学者の方が本を出版され、

罪悪感を持たないサイコパスが知られるようになりました。

(脳の機能として、罪悪感の箇所が機能していないそうです。)

 

 

 

サイコパス脳は、罪悪感を感じないので人を傷つけても平気です。

 

自分の利益(出世・有名になること・金銭の授受)を追求するために、

善良な人に見える振る舞いをすることも厭いません。

 

 

 

 

 

ですから、悩むということは、

良心、思いやりの心(脳の機能)をちゃんと持っているということ。

 

 

自分を責める必要はなく、

むしろ良心、思いやりの心を持っていると自信を持っていいと思います。

 

 

そして、良心、思いやりを持っているからこそ、

幸せであって欲しいと思います。

 

 

 

 

 

なので、良心、思いやりの心を持っている人ほど、

こんな言葉でほっとされてはいかがでしょう?

 

 

それは、「許せない私を許します。」と。

 

 

 

許せない相手を無理して許すのではなく、

 

許せないこともそのままOK。

 

許せなくていいよ、と、ありのままの気持ちを受容していくのです。

 

自分に優しくするために。

 

傷ついている自分を優しく包んであげるために。

 

 

 

 

「許せない私を許します。」と口にしてみてください。

 

すると、ほっとするような、

身体があたたかくゆるむような安心感が生まれてきます。

 

 

 

 

「許す」という言葉によって、

潜在意識での辛いの言葉が止まるからです。

 

 

また、「許す」という言葉には浄化のエネルギーがあるので、

傷ついた気持ちを癒し愛することになるからです。

 

 

 

 

どこかほっとするような、

あたたかくゆるむような感覚が生まれたら潜在意識が安心した証拠。

 

何度も何度も口にしましょう。

潜在意識に浸透させていきましょう。

 

入浴時や就寝時にもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

私たちの心は不思議なほど言葉に反応します。

 

聖書には「始めに言葉あり」とあります。

 

私たちは、言葉によって世界を創っています。

 

 

 

どんな言葉を使うか(自分に人に、心の中でも)によって、

幸せを創造したり、壊したりしているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

【許しのミニワーク】

 

セミナーで使っている方法を公開します。

 

「許します」という言葉はパワフルです。

 

・自分を責めてしまう

・自分の魅力を受け取れない

 

そんな時にも「許します」を言うことで、

自分を安心させてあげられ、

自分の魅力を受け取っていけます。

 

 

 

 

こんなふうに言ってみましょう。

 

☆ 怒りたくないのに怒ってしまって落ち込む時には、

 

「怒ってしまう私を許します」

 

☆ 甘えたいのに出来なくて、我慢してしまう時には、

 

「甘えたい私を許します」

 

 

 

 

☆ 嫉妬が怖くて才能を出さないようにしてしまう時には、

 

「才能ある私を許します」

 

☆ 女性性を開花することに抵抗がある時には、

 

「豊かな女性性を持つ私を許します」

 

 

 

 

優しく瞳を見つめながらすると、とても深い癒しも起こります。

 

 

 

 

このワークをしていただくと、多くの方が泣かれます。

 

なぜ涙が出るのかわからないと言う方もありますが、そのお顔は安らぎの笑顔。

 

 

 

 

この「許します」のワークは、

自分を制限していたものが外れるワークなんです。

 

「許します」という言葉は自由になる言葉なのです。

 

 

 

 

初めに、許せなくて苦しくなるのなら、

それは良心があるからとお話したように、

悩み苦しくなるのは、心が綺麗だからなのです。

 

ですから、自信を持ってください。

 

 

 

 

「許します」の言葉を自分にかけて、

自分を優しく愛で満たしていきましょう。

優しいあなただからこそ。

 

 

 

 

 

 

始めに言葉あり。

幸せを創造する言葉を使っていきましょう。

 

 

 

 

あなたが幸せに満ちた時、

「そんなこともあったな~」と笑い飛ばしていますから。

 

 

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます

 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。