【ご感想】あの時、厳しく言って貰えなかったら、 私はあのままでした。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

さて今日は、セッションのご感想を頂いたので、

そのご紹介をさせていただきますね。

 

 

 

定期的にセッションを受けてくださっているMさん。

 

今回は、いまひとつ自分を出せなかったお母様に向き合う挑戦をされました。

 

向き合ってみた結果、

「愛されている」ことを体験され、

 

その安心感の波及効果で、
お仕事の環境もさらに心地いいものへ変わられました。

 

 

そして、Mさんにはお食事のアドバイスもさせていただき、

たんぱく質を多めにとっていただくようにしたのです。

 

それもいい方向に向いているようでよかったです。

 

 

では、ご感想を。

 

 

********

 

 

 

直子さん

 

こんにちは。

 

あれから、あっという間に2週間が過ぎました〜

早い様な、でもとても濃い2週間でした。

 

 

 

1泊2日で実家に帰りまして

母とたくさんハグもしました。

 

 

同じ部屋で寝て、

仕事の話や

両親が入院した時の話や、

父が亡くなった時の事など話しました。

 

 

そして、あの時の寂しい気持ちや

頑張った気持ちが込み上げてきて泣いたら、

母が頭を撫でてくれました。

 

 

その時にとても安心したと言うか、

満足したというか そんな気持ちが起きました。

 

 

 

 

そして、翌日は母と、父の墓参りをしてきました。

 

この時は、墓前で全てを言えなかったので

後日家に帰ってから父の写真を抱きしめながら

 手紙を書いて、悲しみを感じて泣きました。

 

 

母から聞いた話を思い出したり、

早く死んでしまったことへの怒りや悲しみをぶつけたら、

 

直子さんが以前にアップしてくれた父への手紙と言うブログを見ると、

(今までは読むたびに泣いていましたが、)

今読んでも 不思議と涙が出なくなりました。

 

 

 

 

 

それから、

次に行く部署の部下が、

来月のシフトを作成してくれているのですが、

 

土日のお休みの希望は繁忙期もあり、

なかなか言いづらくて迷ったのですが、

友人の結婚式があるから休みをくださいと言ったら、

快くお休みをくれたんです。

 

しかも、連休にしてくれると。

 

 

人は優しい  仲間は優しい

と 心底思えました。

 

 

そして、次に行く部署が

そのスタッフと、以前一緒に働いていた人と

もう1人仲良しの同僚の3人が同じ部署になり、楽しく出来そうです。

 

 

 

 

長文ですみません!

まだ、報告があるんです〜

 

鉄とビタミンサプリと、お勧め頂いた本 買いました。

 

サプリはまだ3日目なのでその効果がどう現れているのかは分かりませんが、

確実に卵のおかげで 空腹感をあまり感じなくなったのと、イライラが収まっています。

 

 

そして、家でステーキを焼こう なんて今まで思わなかったのに、

仕事終わりにお肉を買ってステーキを食べられるまでに元気な胃腸になってきてます!

 

満たすために食べるのと、

味わって食べる  その違いが出来るようになってる気がします

 

 

また、変化が現れたら

直子さんにご報告しますね。

 

 

あの時、厳しく言って貰えなかったら、

私はあのままでした。

 

今、こんなに幸せを感じられるのは

直子さんのおかげです。

 

 

ありがとうございました。(^^)

 

 

 

 

********

 

 

 

 

 

私たちの安心感の大元は、

 

そのままの自分で愛されている、

 

そう思えているかどうか。

 

 

 

 

「愛されている」

 

そう思えると、現実はくるりんと変わります。

 

 

 

 

Mさん、セッションを受けてくださる毎に現実を幸せに変えてきています。

 

でも、ご両親と向き合うことはあと一歩 超えられずにいました。

 

 

 

それは、子供の頃、病弱だったご両親を気遣って、

 

寂しい気持ち、甘えたい気持ちを抑えてきていたから。

 

 

「寂しいと言ってはだめ」

 

「甘えてはだめ」

 

だって、お父さんもお母さんも病気で大変なんだから我慢しよう。

 

 

 

小さなMちゃんが健気に決めたことは、

 

大人になっても心の奥にあり、

 

それが、あと一歩向き合いきれずにいた理由。

 

 

 

 

 

でも、避けていては前に進めません。

 

それに、小さなMちゃんも大人のMさんも満面の笑顔になって欲しい。

 

 

 

なので、サイキックリーディングでご両親は受け入れてくださるとわかったので、

 

「ご実家に帰ってハグしてもらってきてね!」とリクエストさせていただいたのです。

 

 

 

ハグは、小さなMちゃんの望み。

 

子供の頃に我慢した甘えたい気持ちを叶えるためのリクエストでした。

 

 

 

 

 

 

 

優しい子、気遣いをする子ほど、

 

大人になり、当時の問題は消えていても、

 

子供の頃に決めた

 

「寂しいと言ってはだめ」

 

「甘えてはだめ」を守り続けています。

 

 

 

親だけではなく、

 

恋人、友人、仕事の関係の人にも。

 

 

 

寂しさを我慢し、

甘えないように一人で背負い込み頑張る為に、

 

人間関係の安心感を得ることが難しく、

また、ハードワークになり心身を疲弊させがち。

 

 

悩みが解決しても、また、別の悩みを創り出してしまうことにもなりやすいのです。

 

 

 

 

 

そんなこともあり、
今回、Mさんにはちょっと厳しめにお伝えさせていただいたのです。

 

 

でも、私の思いをちゃんと受け取ってくださり、

 

避けてきたご両親と向き合うことされたMさんでした。

 

 

 

 

 

お母様に甘えられて、

 

小さなMちゃんも大人のMさんも安心されたから、

 

その安心エネルギーの影響で、

 

とても心地いいお仕事の状況を惹き寄せられました。

 

 

 

 

 

Mさん、よかったですね。

 

そして、ご両親に向き合うこと、

とても怖いことだったと思います。

(小さなMちゃんはとくに怖かったと思います)

 

 

 

でも、怖れを超えて向き合えたMさんだから、

 

「今、こんなに幸せを感じられる」ようになられたのです。

 

他でもない、これがMさんご自身の力なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

人は、いつでも変われます。

 

ただ、変わる時には、

 

今までしたことがないことをするので、ちょっと怖いのです。

 

だから、先送りしても大丈夫。

 

 

 

「変わる!」と決められる時がきますから。

 

それに、

 

怖さを感じる=変われる!ということ。

 

だから大丈夫なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mさん、掲載の快諾をありがとうございました。

 

お仕事、ますます楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたがきらきら光に溢れますように。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。