幸せな人間関係の秘訣。孤独は豊かな時間。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

 

昨日は七夕でしたね。

 

私はすっかり忘れていて、

夜になって気づきました・・・。

 

 

そして、子供が小さい頃は、

笹飾りを作っていたこと思い出していました。

 

その子供も すっかり大人になり、

子育て頑張ったな~と自分に言っていました。

 

 

子育て中のお母さん、

自分を褒めること忘れないように。

 

 

 

 

 

 

さて今日は、幸せな人間関係の秘訣をお話していこうと思います。

 

 

 

では、質問です。

 

 

あなたは「孤独」が嫌いですか?

 

それとも、好きですか?

 

 

 

 

 

 

おそらく、

 

多くの人が孤独は嫌いだと答えられるのではないかと思います。

 

 

そして、そういうものだと「思い込んでいる」かもしれません。

 

学校でも、「友達いっぱい作りましょう!」って言われますし、

SNSなどでも、友達の数が多いことが良いこと的空気もありますから。

 

 

 

 

 

 

 

私も以前は「孤独」が嫌いでした。

 

ひとりぼっちは寂しいと思っていたからです。

 

 

 

でも今は、孤独が大好き。

 

なぜならば、

 

ひとりで居られる時間こそ、

 

もっとも自分と繋がれる心地いい時間だからです。

 

 

 

 

 

ひとり(孤独)時間 は、

 

ハートと会話をして、

自分のほんとうの望みを受け取り、宇宙に放つ時間。

 

 

身体と会話して、

身体のほんとうに望みを受け取り、自愛する時間。

 

 

精霊や天と会話して、魂を満たす時間だからです。

 

正直、至福でしかありません♡

 

 

 

なので、私にとって「孤独」とは、

 

自分と純粋に繋がれる豊かな時間なのです。

 

 

 

 

 

ひとりでいることが平気な人は、

 

きっと、ひとりの時間の豊かさを知っている人なのでしょう。

 

 

 

 

そして、以前の私は、

 

ひとりぼっちは寂しいと思って(思い込んで)いたので、

 

ほんとうは合わないタイプの人なのに無理して一緒にいて、

 

さらに、わかり合えないという寂しさを感じる、

 

なんてことをしていました。

 

 

 

 

 

そんな時、ネイティブアメリカンの、

 

「孤独ほど豊かなる時はない」という言葉に出逢い、

 

気づくことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

あなたにとって「孤独」とは、どんな意味を持っていますか?

 

その意味は、あなたに幸せをもたらしていますか?

 

 

 

 

 

孤独を豊かな時間として、

 

自分を愛することに使うようになると心は満たされていきます。

 

孤独が嫌なものから、

 

孤独が心地いいもの、豊かなものへと変わっていきます。

 

すると、自分に合わない人と無理にお付き合いすることはなくなります。

 

さらに、自分に合っている人たち、

 

本来、出逢う人たちと出逢っていくことになります。

 

無理をしなくても、自然に幸せな関係を創れる人たちと一緒にいることになるのです。

 

 

 

 

 

 

もし、人間関係に悩んでいるのなら、

 

もしかして、ひとりぼっちにならないようにと、

 

合わない人と無理して一緒にいるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、あるカウンセラーの先生が、

 

「友達とは守り合える人」とお話しになっていて、

 

なるほどと思いました。

 

 

 

そして、ほんとうの友達は離れていても、

 

長年逢っていなくても繋がっています。

 

だから、ひとりぼっちということは無いのだと思うのです。

 

 

 

ぜひ、孤独をお友達に迎え入れてくださいね。

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

あなたの孤独時間が豊かな時間となり、

あなたがますます輝きますように。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

*地球でしたかったこと体験出来てる?

*安心、不安、どちらを選んでる?

*願いの叶え方。魂の世界とこの世界の違いを知ろう

しあわせのヒント集

 

 

 

 

【お知らせ】

セッションをより軽やかにリニューアルすることに致しました。

そのため、現在セッションページを閉じております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。