本質に触れるから泣くのです

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

 

 

ふと、このことを書いておこうと思いました。

 

 

セッション、お話会、ワークショップで、

皆さん、よく泣かれます。

 

そして、「なぜだか涙が溢れてきて・・」ともよくおっしゃられます。

 

 

 

 

随分と前ですが、

 

私がコーチングのプロトレーニングの際、

 

ほんとうによく泣きました。

 

それはもうぽろぽろと。

 

 

悲しくてとか、悔しくてとかではなくて、

 

ただただ身体の奥から何かを感じて、

 

涙が勝手に溢れてくるのです。

 

自分でもなぜ泣くのかわかりませんでした。

 

 

 

 

ほんとうによく泣いたので、

 

自分でも困っていたのですが、

 

その時、コーチの大先輩が言ってくれた言葉が、

 

「しかたないやんな~。直ちゃんの本質にふれるんやから。」

 

 

 

 

 

その言葉に、

 

「そうか、本質にふれるから涙がでているのか」

 

そうほっとしたこと今も覚えています。

 

 

 

 

そして、「本質って何?」という疑問が残りました。

 

そしてまた、コーチングのトレーニング終了時に、

 

「本質しか見ない。」と言葉が湧き上がってきたのです。

 

 

 

本質が何かわからないのに「本質しか見ない」と湧いて来て、

 

「いったい何を見るの?」と、わからないまま帰路についたのです。

 

 

 

 

 

 

 

その後、

 

本質が何かわからないままに、

 

それでも、本質に導かれてきたように思います。

 

 

そして、本質にふれると涙が溢れるのだけど、

 

やっぱりそれが何かわからない。

 

 

けれど、

 

身体の奥から震えるような歓びを感じる。

 

それは、魂レベルの歓びで、至福で、

 

全てが許されるような感覚でもあって。。。。

 

 

 

 

 

 

今では、本質とは「愛」であったとわかりました。

 

私の本質にふれて涙が溢れる時は、

私の中の魂の愛にふれたからだったのだと。

 

そして、それが、人の中の光でもあるとわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

以前、私の気功の師匠(清水義久氏)に、

 

「愛とはなんですか?

 無条件の愛とはどのようなものなのですか?」とお聞きしたことがあります。

 

 

その時の私には、一般的に言われる恋愛や愛が、

 

ある条件によって心が反応しているだけで、

 

それは愛といえるのだろうか?と疑問だったのです。

 

心理学を学びすぎて、愛を頭で考えていました。

今では笑えますが、当時の私は真剣でした。

 

 

 

 

 

師匠からは、

 

「相手の邪気を全て我がものとしてもよいと思えること」

 

そう言われ、その言葉に号泣したのです。

 

 

  

 

 

 

 

涙があふれること。

 

それは、愛にふれたから。

 

求めていた魂の愛に出会ったから。

 

そして、それは、私の中にすでにあった愛が、

 

出会うことで、共振していたのでした。

 

 

 

 

 

 

涙が溢れるのは、あなたの中の「魂の愛が共振」しているのです。

 

なので、泣いてくださいね。

 

それが、あなたなのです。

 

 

 

 

 

 

泣くなんておかしいと言われたことがあります。

 

今思うと、その人は泣くことを抑える生き方をしている人でした。

 

 

 

でも、泣くことを抑える生き方は私には幸せには思えません。

 

なぜなら、魂の歓びを抑える生き方ですから。

 

自由におおらかに泣いて笑って、生きることをおおいに楽しむ。

 

そのほうが、私の幸せなのです。私の魂の歓びなのですね。

 

 

 

 

 

ふと、書いておきたくなり書きました。

 

何か皆さんのお役に立てればいいのですが。

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたの愛が輝きますように。

 

 

 

 

  

 

 

セッションご希望の方はこちらをどうぞ。

コンサルティング&コーチング 

 

 

 

 こちらも合わせて。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。