祈り 平成から令和へ

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は4月30日。

平成最後の日です。

 

 

元号が変わるということで、

平成の時代を振り返る特集が組まれています。

 

 

 

平成。
戦争のない時代であったことに、

なんともいえない感動を覚えています。

 

 

それと同時に、

天皇陛下の祈りのお話も思い出しています。

 

 

 

それは、天皇陛下がこの国を思い常に祈りをささげてくださっていること。

 

その祈りは、

「日本国、日本国民に何かある時は、

 わが身を通ってから・・」

そう祈られているのだと教えて頂いたことがあります。

 

 

 

 

 

 

わが身を通ってから・・・

 

 

これは、どのような悲しみ痛みも、

まずは自分が受け取る、

 

そういうことなのです。

 

 

 

 

 

そこまでの祈りを何十年とされてきている。

 

多くの方が、陛下にあれほどの感謝を感じ、

 

心清められる感覚を感じるのは、

 

国の象徴である天皇陛下ということだけではなく、

 

陛下のこれまでなされてきたことを、

 

深い所で感じているからなのだと思うのです。

 

 

 

 

 

戦争で傷つき、

戦争復興から経済発展を突き進んだ昭和。

 

 

 

30年、平和であることが成された平成。

 

バブル経済の崩壊から、
大きな災害もありましたが、

それでも悲しみを越えていく強さ、

繋がり支え合う温かさを体験した時代であったと思います。

 

 

 

新しい時代「令和」

 

どんな時代になるのだろう?と、

想像できない未知が広がるように感じています。

 

そして、それだけ可能性溢れる未来があるのだとも感じています。

 

 

 

 

 

 

 

私たちひとりひとりの中には、

 

無限の可能性が秘められています。

 

 

その可能性を開き、今までにない幸せを創造する。

 

その時が始まるのだと感じます。

 

 

 

 

 

 

世界が愛と光で幸せあふれることを祈りつつ。。。

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたが愛と光に包まれ、穏やかな一日を過ごされますように。

 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。