弱さを受け入れた先に広がる優しい世界

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

来週となりました名古屋お話会、
有難いことに満席となりました。

 

皆様、ありがとうございます。

 

 

 

実は、関西の方からもお申込みいただいていて、
(名古屋の方より関西の方の方が多いのです)



これは、関西で何かしないさいということ?と思っていたら、

どうやら天の意向はそのようです。

 

なので、夏ぐらいに何かと思っています。

リクエストあれば、ぜひ教えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

さて、今日は、先日の「依存してもいいんです」のお話の続きも兼ねて、

弱さを受け入れることお話していこうと思います。

 

 

 

 

 

何年か前の事ですが、

 

ある方から

「弱さを受け入れられる人がほんとうに強い人です。あなたは強い。」

 

そう言われたことがあります。

 

 

 

当時は、あまりピンと来なかったのですが、

 

その後、この言葉に納得するようになりました。

 

(とはいえ、ビビりなので強いとは思えていません(笑))

 

 

 

 

 

 

その当時、私は、ネガティブ感情の解放プロセス真っ最中。

 

自分の中から出てくる寂しさ、誰かに頼りたい思いに、

 

どうしていいのか右往左往しつつ、

 

「寂しいって思っていいよ。」

 

「頼りたいって思っていいよ。」と言葉をかけ、

 

弱い自分を受容するプロセスを重ねていました。

 

 

 

さらに、友人に「寂しいから電話していい?」と、

 

それまでの自分では考えられない「甘える」行動にチャレンジもしていました。

 

(今では、笑えますけど、当時の私にはドキドキでした)

 

 

 

 

 

 

 

長年、『しっかり者のお姉ちゃん』を頑張ってきたので、

 

寂しい気持ちはかっちり封印していましたし、

 

甘えることも頼ることも、どうしたらいいのかわからない状態。

 

なので、甘え上手な人を真似て練習していました。

 

 

 

 

 

そして、「寂しいって思っていいよ。」

 

「頼りたいって思っていいよ。」と言葉をかけることが、

 

弱い自分を許すことになり、

 

寂しいと言っても受け入れられることを体験し、

 

さらに「甘えてもらうと嬉しいのよ。」と

 

言ってくれる人たちが現れて、

 

気づけば優しい人達に囲まれていました。

 

 

 

 

 

 

寂しいなんて思ってはだめ、

 

甘えてはだめ、

 

頼ってはだめ、

 

人に迷惑かけてはだめ、

 

ひとりで全部しなくてはだめ、

 

そう思い込んでいた時には見えなかった、

 

優しい世界が外に広がっていました。

 

 

 

 

 

 

世界は優しい、

 

そう私はよく言うのだけど、

 

それは、私の実体験からくる確信なのです。

 

 

今は、神様の腕の中だから大丈夫でしかない、そう思ってもいます。

 

 

 

 

 

 

「弱さを受け入れられる人がほんとうに強い人です。」

 

 

強い自分であろうとすると、

 

弱い自分を否定したくなるでしょうし、

 

受け入れることはとても難しいことでしょう。

 

 

それまでの強い自分であろうとしてきた努力も、

 

水の泡になりますから。

 

 

 

 

 

 

でも、もし、少しでも、

 

優しい世界で生きたいと感じるならやってみて欲しいのです。

 

 

今までの努力は水の泡になります。

 

でも、それ以上の幸せが必ず現れます。

 

 

 

そして、ほんとうに望んでいるのは、

優しい世界で安心して生きることなのだと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

弱いのに強くあろうとした過去の自分が、

 

今は、愛しいく思います。

 

なぜなら、強い自分になろうと頑張ったのも、

 

大切な人達を守りたかったからと気づいたからです。

 

 

でも、弱い自分を受け入れられたことで、

 

人の弱さも愛せるようになりました。

 

結果、大切な人達をまるごと愛せる私になれたのですからとても幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

サポートご希望の方はこちらをどうぞ。

コンサルティング&コーチング 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。