頑張ってるお母さんへ

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は、頑張ってるお母さんへメッセージです。

 

 

 

 

 

お母さん、頑張りすぎていませんか?

 

すでに十分頑張ってきているのに、

まだまだだって、さらに頑張ろうとしていませんか?

 

 

少し休みましょう。

 

休んでいいんです。

 

 

 

 

子供たちの幸せは、

お母さんが笑っていること。

 

 

子どもたちの安心は、

お母さんが幸せなこと。

 

 

だから、頑張って自分で全て抱えようとしないで、

手抜きOK。

休むのOK。

楽しいことすることOK。

 

 

お母さんがほっとすること、
笑えることをしてください。

 

 

 

 

 

 

 

そして、頑張りすぎるのは、

まだまだってさらに頑張ろうとするのは、

子供たちを幸せにしたい「愛」があるから。

 

お母さんの中に、愛があるからなのです。

 

 

 

愛おしいもの、

護りたいもの、

そういった存在を得られることは奇跡です。

 

 

愛があること、

奇跡を受け取っていること、

感じてください。

 

 

 

 

 

無理して頑張らなくても大丈夫。

 

子供たちと笑い合って、楽しんでください。

 

 

 

 

 

 

 

今は、核家族になって、

お母さんが子育て全般をするようになりました。

 

 

イクメンなんて言葉がありますが、

イクメンを自認する男性の話を聞いていると、

正直なところ、まだまだお母さんの負担のほうが大きい・・

と思うことも多く、男女の意識の差を感じます。

 

 

とはいえ、愚痴っていたても幸せは創造できません。

 

 

 

まずは、お母さんが楽になっていきましょう。

 

手抜きOK。

休むのOK。

 

そして、お母さんだからこそいっぱい楽しむ。

 

 

 

我慢している楽しみ、

諦めてしまったやりたいこと、

お母さんが、それをすることで、

 

子供たちに、

我慢しなくていい、

諦めなくていいって、

教えてあげることになります。

 

 

お母さんが、

子供たちに幸せになる方法を教えてあげることになるのです。

 

 

 

 

 

 

私も子育てで悩みました。

(育児ノイローゼにもなりましたから。少し。)

 

 

そして、振り返って気づくのは、

ひとりで抱え込み頑張りすぎていたなって。

 

そして、頑張ったのは息子のことを思っていたからと気づいたら、

身体がふ~と緩んで、愛が満ちた経験があります。

 

 

 

そしてまた、悩んだからこそ、

コーチングや心理学を学ぶようになり、
お母さんを笑顔にしようと子育てコーチング講座をするようになり、

今に至っています。

 

 

人生は必ずギフトを与えてくれる。

 

これは、私の経験からそう思うようになったのです。

 

 

 

 

 

 

お母さんの悩みは、

いずれ、あなたを花ひらかせるギフトになります。

 

大丈夫。

 

 

だから、安心して休みましょう。

 

まずは、クスッと笑えることしましょう。

 

お母さんの光を大切に。

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

お母さんが笑顔あふれますように。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

サポートご希望の方はこちらをどうぞ。

コンサルティング&コーチング 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。