【他人軸・自分軸】自分軸を育てたいなら、こう言おう!

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

 

エネルギー(光)がパワフルに降り注いでいます。

 

光が注がれるほどに、

 

闇・ネガティブは引き出されますから変容に最適の時です。

 

重い闇・ネガティブは手放し、本来の軽い自分に戻っていきましょう。

 

 

 

 

今日は自分軸の育て方、お話していこうと思います。

 

 

先日の安心ちゃん・不安ちゃんのお話で少し自分軸に触れました。

 

安心ちゃんは自分軸です。

 

そして、不安ちゃんは他人軸。

 

 

 

 

自分軸は、自分で選択しています。

 

「私はこれを選ぶ」と自分が意思決定している状態です。

 

 

 

 

他人軸は、自分で選択している意識がありません。

 

「〇〇さんが良いと言ったから」

 

「一般的にこれが良いと言われるから」

 

と自分以外の誰かや社会の選択で選んでいる状態です。

 

 

 

 

さて、あなたはどちらの選択が多いでしょう?

 

 

 

 

安心ちゃん・不安ちゃんのところでもお話しましたが、

 

自分軸でいると、とても安定した気持ちでいられるのですが、

 

他人軸でいると、不安になりやすいのです。

 

なぜならば、他人(社会)が意見を変えるたびに変わらなければならないからです。

 

振り回されるわけです。

 

 

 

 

でも、他人軸もメリットがあります。

 

それは、

 

「〇〇さんのせいでこうなった。」

 

「この社会のせいでこうなった。」と、

 

誰かのせい、社会のせいにできるのです。

 

自分の選択じゃないから責任取らなくていいというメリットです。

 

 

 

 

なので、

 

「自分はどう生きたいのだろう?」

 

「どんな自分で生きることが幸せを感じるかな?」

 

と、自分に聴いて選んでみるといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そして、自分軸を育てるには、

 

私が選んでいる意識を育てること。

 

 

そのためにこう言うんです。

 

「私が」早く起きることを「選んでいる」

 

「私が」この服を着るのを「選んでいる」

 

さらに、

 

「私が」嫌な会社に行くことを「選んでいる」

 

「私が」人のせいにすることを「選んでいる」

 

「私が」嫌な人と一緒にいることを「選んでいる」

 

 

 

 

誰かのせい、状況のせいにしている時も、

 

私が選んでいる 

 

と言い変えるのです。

 

 

 

 

この言い換え、効果てきめんです!

 

(ちょっと荒療治な時もありますが)

 

 

 

 

 

「私が選んでいる」

 

この言い換えを実践すると、

 

自分が選び、自分が現実を創造していることが実感できます。

 

すると、

 

何を選ぶことが幸せ創造になるのか(ならないのか)クリアにわかるようにもなります。

 

 

 

 

 

最後に、人のせい、状況のせいにするのも癖でしかありません。

 

癖なので変えられます。

 

大丈夫。

 

 

 

 

どんな幸せを創造したいのか?

 

その幸せに合うものを選んでいけるといいですね。

 

 

 

 

セッションはこちらから。 

 個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。