【イラスト解説】安心ちゃんと不安ちゃん。あなたはどちら?

 

 花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

心地よくお過ごしですか?

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は、イラスト図解で、幸せ創造のお話していこうと思います。

 

イラスト公開は恥ずかしいですね・・

でも、対面セッションでは、こんな感じで絵を描いても説明させていただいてます。

 

 

 

 

では、まずこれを見てください。

 

 

 

 左の子が安心ちゃん。

 

右の子は不安ちゃんです。

 

ふたりの外側にはとげとげワールド(イライラ、不安、ネガティブな世界)があります。

 

 

 

 

幸せの流れにスイスイ乗っていく子は左の安心ちゃん。

 

右の不安ちゃんは、幸せの流れになかなか乗れません。

 

 

 

 

 安心ちゃんは、いつも意識を自分に向けています。

 

ハートと子宮に繋がることを大切にしています。

 

ハート(&子宮・丹田)と繋がると安心するからです。

 

ハートは愛の場所で、ほんとうの幸せの答を教えてくれると知っています。

 

 

 

 

外側で何かあっても(なくても)、

 

「どうしたい?」とハートの望みを聴いて叶える行動をします。

 

望みを叶える行動をしているので喜びを感じられエネルギーは満ちていきます。

 

ハートの望みを行動しているので自分軸がしっかりしています。

 

喜びの高い波動でエネルギー量も満ちているのですんなり望みが叶う周波数帯にいます。

 

 

 

 

不安ちゃんの意識は、いつも外側に向いています。

 

いつも外側に意識を向け、どうしたらいいのか思案しています。

 

「ほんとうはどうしたいのか?」自分の望みを自分に聴く選択肢があることを知りません。

 

ハート(&子宮・丹田)と繋がると安心することも知りません。

 

 

 

 

いつも意識が外に向いているので身体の外にエネルギーが漏れ出ています。

 

思案してばかりなので頭にエネルギーが上がり、グラウンディングが弱くなります。

 

自分軸ではなく他人軸です。

 

そのため、外側の出来事に振り回され、

 

愚痴不満を言い、自分責めをしてしまい、

 

波動が下がり、エネルギー量は減り、

 

なかなか幸せの流れに乗れない状態となります。

 

 

 

 

 

 

 

わかりやすくするために、

 

安心ちゃんと不安ちゃんという真逆のふたりでお話しました。

 

いかがでしたか?

 

どちらの状態でいることが多いでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは安心ちゃんで生まれてきています。

 

赤ちゃんは安心ちゃんです。

 

外側をきょろきょろ見ていません。

 

人の顔色を伺ってもいません。

 

だから、誰の中にも安心ちゃんがいるのです。

 

 

 

 

そして、成長する過程で、

 

外側を見るようになり、

 

自分と繋がれなくなって不安ちゃんになってしまったのです。

 

 

 

 

なので、もう一度、自分と繋がればいいのです。

 

それが簡単に出来るのが、

 

グラウンディングとハートに聴くことなのです。

 

 

 

 

ハートと子宮に意識を向けると、

 

自然に自分と深く繋がるようになります。

 

 

 

 

そして、ハートに手を置き、

 

「どうしたい?」と自分の望みを聴くことで、

 

また、自分と繋がることが出来ていきます。

 

 

 

 

安心ちゃんに戻るのは、簡単です。

 

 

 

 

不安ちゃんで居ることが多いな~と思ったら、

 

グラウンディングとハートの声を聴くことしてみてくださいね。

 

 

 

 

少しづつ安心ちゃんに戻っていけるといいですね。

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

セッションはこちらから。

 

個人セッション

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。