愛に還る。許せなくていいのです。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

心地よくお過ごしですか?

 

 

さて今日は、前回に続き、

愛に還ることをテーマに「許し」のお話をしていきたいと思います。

 

 

 

許しと聞いて、

あなたはどんなことをイメージしますか?

 

 

一般的に、許すと聞くと、
酷いことをしてきた人(相手)を許すことと、

イメージする方が多いと思います。

 

 

 

 

セッションでも、このことはよく出てくることなのですが、

 

 

頑張り屋さんや、

優しい人(良い子、良い人)

相手を思いやれる気持ちの大きな人ほど、

 

 

自分の傷を横に置いて、

相手を許さなくてはと許そうとされるのです。

 

 

 

 

 

相手を許そう。

 

その気持ちは、とても素敵なことだと思うのです。

 

 

 

でも、その前に気づいて欲しいことがあるのです。

 

あなたの傷は、今も痛いよー!辛いよー!と叫んでいるのでは?

 

そして、本心は、ほんとうは許したくないのでは?と。

 

 

 

 

 

 

 

 

セッションでは、

 

「そんな酷いことをした相手を許さなくていい。」

「憎んでいいし、一生許すもんか!と思っていい。」

 

「酷い言葉を相手に言ってもいい。」

 

そうお伝えします。

 

 

だって、理不尽なこと、酷いことをされたのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

許しとは、

 

許せない相手を無理やり許そうとすることではない、

 

私はそう思うのです。

 

 

 

 

 

許しとは、

 

許せない相手を許せない自分を許すこと。

 

私は、こう思っています。

 

 

 

 

許せなくて、
憎んで恨んで、
酷い言葉を言いたくなる自分も、
それでいい と許していくことだと思うのです。

 

 

 

 

そして、「許せない自分でもいい」と口に出してみると、


心がす~と軽くなるのです。

 

(ぜひ、口にして心が軽くなること体験してくださいね)

 

 

 

 

 

 

 

心が軽くなるのは、幸せの方向だから。

 

 

許せない自分でもいいや。

 

 

そう思えると、
いつのまにか

(少し時間がいることもありますが)
相手のことはどうでもよくなります。

 

 

 

そして、

そんな相手のことを考えて、
心のエネルギーも時間も費やすことが無駄なことに思えてきます。

 


憎い人にエネルギーも時間も使うより、

大好きな人にエネルギーも時間も使う方が幸せだと思えてきます。

 

 

 

だって、望むことは「幸せになる」ことなんですから。

 

あなたを大切にしてくれる人達にエネルギも時間も使う方が望む幸せが創れる。

 

そう思えたら、もう大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

心が重く苦しいのなら、

 

それは、頑張り過ぎ、

 

良い人しすぎ(良い子、良い人すぎ)

 

 相手のことを思いやりすぎのサインです。

 

 

あなたがほっとできる方向にエネルギーと時間を使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

許せなくていいんです。

 

大丈夫、そのあなたで愛されます。

 

むしろ、そのあなただから親しみを感じて愛されると思いますよ。

 

 

 

 

心がほっとしたり軽くなるのが、あなたの幸せの方向です。

 

幸せの方向にエネルギーを注いでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

気づけば2月も半ばとなり、
きゃー!早すぎじゃん・・(゜o゜)な私です。

 

 

でも、今までなら避けていたことにチャレンジできていて、
充実感いっぱいでいます。

あなたはどんな2019年をお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたがほっとして幸せの流れにぐんぐん乗っていけますように。

 

 

 

 

 

  こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

愛に還るサポートご希望の方はこちらがお勧めです。

コンサルティング&コーチング 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。