【許し】無理に許そうとしなくていい。大切なのは自分が笑顔でいられること

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

さて今日は、前回に続き「許し」のお話をしていきたいと思います。

 

 

 

許しと聞いて、

 

あなたはどんなことをイメージしますか?

 

 

 

 

一般的に、許すというと、

 

酷いことをしてきた人(相手)を許すことと、

 

そうイメージする方が多いと思います。

 

 

 

 

セッションでも、この人を許すことは度々出てくるテーマです。

 

(人生で一人や二人、許せない人はいるものですから)

 

 

 

 

そして、

 

頑張り屋さんや優しい人ほど、

 

「許さなきゃ」と思い込まれるのです。

 

 

 

 

傷つけられた自分の辛さを横に置き、

 

相手を許さなければと無理して許そうとされるのです。

 

 

 

 

 

相手を許そう。

 

その気持ちは、とても素敵なこと。

 

でも、その前に気づいて欲しいのです。

 

 

 

 

心の傷は、今も痛いのでは?

 

心は血を流しているのでは?

 

そして、

 

ほんとうは許したくないのでは?と。

 

 

 

 

 

 

 

セッションでは、あえてこうお伝えします。

 

「許さなくていいんです。」

 

「憎んでいいし、一生許すもんか!と思っていい。」

 

「酷い言葉を相手に言ってもいいんです。」と。

 

 

 

 

だって、理不尽なこと、酷いことをされたのですから。

 

怒り悲しみを持って当然なのですから。

 

 

 

 

 

 

 

許しとは、

 

許せない相手を無理やり許そうとすることではありません。

 

 

 

 

許しとは、

 

許せない相手を許せない自分を許すことです。

 

 

 

 

許せなくて、憎んで恨んで、

 

酷い言葉で罵りたくなる自分に、

 

その自分でいいよ と許すことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

「許せない自分でいい」と口に出してみると、

 

心がふっと軽くなります。

 

(ぜひ、口にして心が軽くなること体験してください)

 

 

 

 

心が軽くなるのは、それが幸せの方向だから。

 

許せない自分でいい。

 

そう思えると、

 

いつのまにか相手のことはどうでもよくなっていきます。

 

(少し時間がいることもありますが)

 

 

 

 

そして、

 

そんな相手のことを考えていることが無駄に思えてきます。

 

自分が幸せになることを考えようと思えてきます。

 

そう思えたら、もう大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

頑張り屋さん、優しい人は注意してくださいね。

 

許せないのでいいのですから。

 

 

初めに書いたように、

 

生きていれば許せない人が一人や二人いるものです。

 

それでいいのです。

 

 

大切なのは、自分の心が笑顔であることなんです。

 

 

 

 

 

セッションはこちらから。

個人セッション

 

 こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。