【許し】自分を責める気持ちの大元にあるもの。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
心地よくお過ごしですか?

 

 

さて今日は、自分を責める気持ちについてお話したいと思います。

 

 

 

 

私たちの多くが、
自分を責める心のパターンを持っています。

 

 

そして、それが心を重くし、

望む幸せを創造できなくさせてしています。

 

 

 

 

心が重く、と書いたように、

自分を責める心は重い波動です。

 

 

そして、重い波動ということは、

地球の低い波動に降りて来るために着けたウエイトだということ。

 

 

なので、自分を責める心のパターンは、

本来、私たちの持ち物ではないのです。

 

なぜなら、私たちの本当の姿は『愛』だから。

 

 

 

 

そして、自分を責める心のパターンを持つことで、

 

「愛がない」という地球ならではの困難な体験が出来てもいるのです。

 

 

 

 

 

そして、

 

「愛がない」と思うのは、

 

「愛がある」と知っているからなんです。

 

「愛がある」ことを知っていなければ、「愛がない」とは思えないからです。

 

 

 

 

そう。
ほんとうは、私たちの心の奥の奥では、

 

「愛がある」ことを知っているのです。

 

 

 

 

 

心の奥の奥。

 

あなたの中にちゃんと「愛」はあるんです。

 

愛がある奥まで観に行ってないだけなのです。

 

 

 

 

私が、自分に向き合いましょうとお話するのは、

 

心の奥の奥まで観ていくと、

 

必ず「愛」に出逢うからです。

 

そして、愛は自分の中にあると実感できるからなのです。

 

 

 

 

 

 

愛が私たちの本来の姿。

 

その愛に戻ると、奇跡のように外側の出来事は調和し愛の現実となっていきます。

 

 

 

 

自分を責める気持ちの奥には、

 

「愛」があります。

 

 

 

自分を責めることで留まると、

 

自分には愛が無いと勘違いしてしまいます。

 

していませんか?勘違い。

 

 

 

 

 

自分を責めていることに気づいたら、

 

その責める自分もOK。愛してあげてください。

 

 

そして、「どうして自分を責めるのかな?」と、

 

ハートに優しく手を置きながら、

 

愛する自分に聴いてあげてください。

 

必ず、理由があります。

 

愛ゆえの理由が。

 

 

 

 

 

 

 

こんなことがありました。

 

あるクライアントさんに、この質問をして頂いた時、

 

子供の頃にお母さんが自分を心配している記憶が蘇ってきました。

 

 

心配しているお母さんを見て、

 

お母さんを心配させてはいけない。

 

お勉強を頑張ろう!と決めたことを。

 

 

そして、いい結果を出せない自分を責めるようになったことに気づかれたのです。

 

 

 

 

この方の責める心の奥にあったのは、

 

お母さんを安心させたいという「愛」だったのです。

 

 

 

 

 

 

どんなネガティブな気持ちも、

 

奥の奥まで観てみると、

 

必ず愛があります。

 

 

 

 

愛は、すでに私たちの中にあるのです。

 

そして、それを見つけに行くのは自分なのです。

 

自分を愛するって、自分の中の愛に気づくこと。

 

愛に還ることなのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、愛に還る人が加速的に増えるでしょう。

 

この数年の流れもありますから、

 

愛を見つけるのも簡単になっています。

 

 

ぜひ、あなたの中の「愛」に出逢いに行ってもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

身体が緊張していたり呼吸が浅い時は、
心の奥の声がなかなか聴けないことがあります。

そんな時は、こちらを参考に。

*呼吸が浅い時にお勧めの3つのこと

*自分と繋がる呼吸法

 

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたが愛で満たされますように。

 

 

 

 

 

  こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

おひとりおひとりに合わせた丁寧なサポートご希望の方は。

個人セッション

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。