呼吸が浅い時にお勧めの3つのこと

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
心地よくお過ごしですか?


今は二十四節季の大寒の時期。
そして、来週の2月4日には立春になります。


陽の光も、春のエネルギーが入ってきています。
そのために、なんだかうずうず(笑)
身体が動きたくなっている人もいるのではないかと思います。



春の芽吹き・活動期に入りつつありますから、
動きたくなる感覚は自然なことなんですね。

 

 

そして、幸せを創るパワーは、
身体を動かすパワーが加わると、さらに大きくなります。

寒さで身体を動かすのがおっくうになりがちですが、
ぜひ、身体を動かしてみてください。

運が不思議と動き出しますよ。

 







さて、前回の「ほっとすることを選んでいくと」のお話で、
呼吸についてのご質問を何人かの方から頂きました。

 

それは、

呼吸が浅いということ、
息を止めていることがあるということ。


実は、現代人は呼吸が浅い人がとても多いのです。

むしろ、深い呼吸ができている人は少ないのではないかと。

なので、安心してくださいね。

 

 

 

そして、こうなる原因は、
私たちが居る社会にあるんです。

私たちの社会はストレスフルで緊張度が高いのです。


身体は、それを感じて緊張してしまっているということなんです。

 

そして、残念なことに、老化も原因のひとつなのです。。
年と共に、筋肉が固くなることが、
呼吸が浅くなる原因でもあるのです。

 

とはいえ、筋肉はいつからでも柔らかくなりますから安心してくださいね。

 

 

 

ということで、
社会の緊張が高いので、その影響を受けている。
そして、残念ながら、老化・・が主な原因なのです。

 

 

 

でも、呼吸を深くしていくことは、
意外と簡単なんです。

 

 

なぜなら、呼吸に関わる筋肉が固くなっているのだから、

ストレッチをすればOKなのです。

 





実は私も、呼吸が浅く、時々、呼吸を止めてしまっていた人でした。


そして、呼吸が浅く、呼吸を止めていたことにも気づいていませんでした。(T_T)

 


魔法学校に行き始めて、
「あれ?身体、緊張してる?呼吸浅いのかな?」と気づいたのです。


魔法学校の科目にストレッチがあったので、
それから毎日の習慣にして続けてきています。



そして、身体のプロの方にもお願いして、
整体やリラクゼーション催眠など受けてきています。

 

(人のサポートを受け取ることも、実は、身体が緩むことなんです。

 人に頼ってはいけないと一人で背負って頑張ると、身体は固くなるんです。)


そのおかげもあり、今では深い呼吸が出来るようになっています。

 






ということで、
お勧めは、日々のストレッチ。

お風呂にゆっくり浸かって、その後にストレッチするのがお勧めです。

 

とても分かりやすい呼吸筋ストレッチの動画を見つけましたから載せておきますね。
3分ほどでできるストレッチの紹介ですから、ぜひ。

 

AGMC 兵庫県立尼崎総合医療センター
https://youtu.be/gBazH_kzLB0

 

 

 

 

 

自分ご褒美に、温泉やスパ、銭湯に行って、
その後マッサージなんていうのもいいですね。

これは、ほんとうに呼吸が楽になります。
疲れも取れて、リフレッシュもできるのでお勧めです。

 

 

 

 

また、冷えも身体が固くなります。
貼るカイロを貼っていつも温めておくのもとてもいいと思います。



私は、固くなりがちな肩や腰に加えて、
みぞおちと子宮(丹田)、仙骨にも貼って温めていました。
(小さなサイズのカイロで)



胃腸が弱っている時は、特にみぞおちに貼るのはお勧めです。

 

また、生理痛で辛い時には、子宮と仙骨、腰に貼るといいですよ。
(夏の冷房による冷えにも、お勧めです。)

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後にお勧めなのが、
自分に優しい言葉をかける習慣です。


呼吸が浅い人達を観ていて気づいたのですが、
とても気遣いができて優しい方が多いのです。

 

そして、もっと良い自分になろうとして、
我慢したりと頑張られるのだけど、

それが時として、自分に厳しい言葉をかけることになっているのです。

それが身体の緊張になり、
呼吸が浅くなっているのですね。

 

自分に厳しくしちゃうことありませんか?

 

 

 

 

なので、

呼吸が浅いな~、
あれ、今、呼吸止めてたな~と気づいたら、

「呼吸、浅くなってたね~。いいよ~。」

 

「息、止めてたね~。いいよ~。」と

 

まずは、そのままの自分に「いいよ~。」とOKしてあげてください。

 

 

OKした次に、「じゃあ、ゆっくり呼吸してリラックスしようか♡」と優しく言って、

丁寧に呼吸したり、呼吸筋ストレッチをしてみてください。

 

 

 

自分への優しい言葉かけは安心が生まれます。

すると、身体が緩み呼吸が楽になっていくのです。

 

 

 

 

 

 

ということで、
呼吸が浅い・息を止めやすいことがあるのなら、


・呼吸筋のストレッチを習慣に

・身体を温めてほっこり緩みましょう

 

・自分に優しい言葉をかけて、安心感を自分の中に宿していく。

 

 

この3つをしばらく続けてみてください。


継続は力なりの言葉のとおり、
続けることで筋肉が柔らかくなり呼吸が楽になっていきますよ。

 

 

そして、呼吸が浅いことや息を止めていることに気づいたのは、
それは、自分を大切にできていることの証拠です。

 

「気づいた私、凄いじゃん!」 と褒めてあげましょうね。

 そして、この3つ共、

 

・呼吸筋のストレッチを習慣に

・身体を温めてほっこり緩みましょう

 

 ・自分に優しい言葉をかけて、安心感を自分の中に宿していく。

 

 

実は、「ほっとする」行動なんです。

 

なので、「ほっとする」ことを選んで行動していくことは、
幸せ感度が上がり、幸せになっちゃうよ、ということでもあるんです。

 

 

 

まずは3週間、続けてみてください。

 

3週間後にはきっと、ハッピーが増えていますよ。

 

 

 

呼吸筋ストレッチの動画をもう一度。


https://youtu.be/gBazH_kzLB0

 

 

 

 




今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたの身体と心が、ほっこり緩んで幸せになりますように。

 

 

 

 

 

 こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

おひとりおひとりに合わせた丁寧なサポートご希望の方は。

コンサルティング&コーチング 

 

 

 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。