「ほっとする」ことを選んでいくと、気づいたら「幸せ」になっています。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

皆さん、こんにちは。
心地よくお過ごしですか?




先日の満月は、ご覧になれましたか?

私の所は残念ながら曇り空で見ることはできませんでした。。



でも、一日遅れの昨夜は月が見れて、
あまりの美しさにうっとり♡

とっても幸せで、寒い中、月を見上げていました。

 





太陽の陽の光も幸せだけど、
月の静かな光もまた幸せですね。


陽も陰も、どちらもあることでお互いを輝かせているのだと感じます。

 

 






さて、今日は「ほっとする」ことが幸せに繋がるお話していきますね。

 



以前、私は魔法学校に通っていました。

その学校で、教えてもらった1番初めの「幸せになる方法」は、

息が楽にできるものを選ぶように、と。

 

 

 

これは、息が詰まるものを選ぶと幸せにならないよ、ということ。

 

 

 

息が楽にできるものは幸せになるもの。

 

息が詰まるものは幸せにならないもの。

 

 

 

 

とてもシンプルでわかりやすい基準です。

 

そして、ほんとうにそうだとしみじみ実感していることなのです。

 

 



というのも、

 

過去の失敗体験を振り返ってみると、

息が詰まっていたのに、

 

「評判がいいし・・」

 

「あの人が良いって言うし・・」

 

「有名だし・・」

という判断で選んでいたのです。

(自信が揺らいでいると、やりがちです)

 

 

 

 

 

魔法学校の先生は、

失敗することもお見通しだったのでしょう。

「まあ、いっぱい失敗してみるといいですよ~。」とも言われました。

 

 

『人は失敗から学ぶ』ことをご存じの上で、

失敗もOKとしつつ教えてくださっていました。

(この柔軟さゆえに、尊敬する先生です)

 

 

 

 

 

 

そして、卒業して、

 

痛~い失敗をいくつか体験してみて気づくのは、

 

 

 

息が楽にできるものは幸せになるもの。

 

息が詰まるものは幸せにならないもの。

 

これだけで、ちゃんと幸せになるんだ!ということ。

 

 

 

 

 

 

そして、先生が「息が楽」と言っていたのは、

 

私にとっての、

「ほっとする」ことであり、

 

 

心地いい~。

 

元気がでる。

気持ちが上がる。

 

満たされる。

 

身体がゆるむ。

 

身体があたたかくなる。

 

穏やか~。

 

清々しい~。

 

安心感。

 

幸せ♡キュン♡ 

 

子供の頃みたいにワクワクする。

お腹抱えて笑える~。

 

 

ということも同じだと気づいたのです。

 

 

 

 

 

そして、こういった感覚があったものを思い出してみると、

 

”私が”幸せを感じるもので、

 

そのものは、私を幸せに導いてくれるものでした。


ずっと続いている心地よく幸せなご縁も、

幸せなお仕事も、

みな、上記の感覚があるものです。

 

 

 

 

 

そして、この”私が” が大切なんですね。

 

 

 

誰かが「これ良いよ。」と言っても、

 

私が息が詰まるのなら、

 

選ぶものではないというか、

 

選んではだめということなんです。

 

 

 

 

人が良いよっていうものは、

その人にとっての良いものということ。

 

私とその人は、別人なのですから。

 

 

 

 

 



自分にとって「ほっとする」もの、

 

「心地いい」もの、

 

「満たされる」ものを選び続けていれば、

気づいたら、あら?幸せになってる♡ということになるのです。

 

 

自信が無い時や、

不安な時は、

 

ついつい人の意見や世間の口コミなどを基準にしがちです。

 

 

 

でも、

 

そういう時ほど自分の感覚を大切にして、

「ほっとする」小さなアクションをして、

(あたたかいココアを飲むとか)

 

自分を取り戻して、

それから選ぶようにするといいんですね。

 

 

 

 



私の体験を参考に、

 

あなたの幸せを教えてくれる感覚を見つけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたがふわっと軽くなりますように。 

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

おひとりおひとりに合わせた丁寧なサポートご希望の方は。

コンサルティング&コーチング 

 

 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。