人間関係の悩み。3つのタイプ。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。


心地よくお過ごしですか?

 

 

 

今日は1年前の記事に大幅加筆してお送りします。

今、人間関係を新しいステージにアップする流れがきています。


今日のお話を参考に、あなたのほんとうに望む人間関係を創造していってくださいね。

 

 

 

 

 

 

さて今日は、人間関係の悩みのお話していこうと思います。

 

 

 

人間関係の悩みは、多くの人が通ること。

 

人間関係で悩まない人なんているのかしら?

そう思うほどです。

 

 

 

 

なので、人間関係で悩んだ時は、

みんなも悩んでいるんだと思い出してください。

 

自分だけじゃないんだと思えると安心できるのではないかしら。

 

 

 

 

 

そして、ぜひ知っておいて欲しいことは、

 

悩みには必ず 『ギフト』がある ということ。

 

 

 

 

悩んでいる最中には気づけないけれど、

 

悩みから抜ける時には、

 

一回りも二回りも成長しています。

 

そして、しばらくして、


あのことを通して成長(ギフト)していたと気づくのです。

 

 

 

 

そして、人間関係の悩みには3つのタイプがあることも知っていてください。

 

3つのタイプを知っていると、

気を付けること、
乗り越え方、がわかります。

 

攻略方法がわかるのでクリアしやすくなるのです。

 

※ゲームの攻略法に似ているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

では、3つのタイプをご紹介していきますね。

 

 

 

タイプ1、 深い気づきを与えてくれる魂を磨き合う人との悩み。

 

魂を磨き合う人との悩みは、感情が焼かれるような痛みを伴います。

 

なぜなら、自分を映す鏡になる人だからです。

 

見たくない認めたくない醜い自分(シャドー)を、
相手を通してみなければいけないからです。

 

 

 

 

そして、関係性がとても近いため、

親密度が強い為、自分の良い所も見たくない所も投影し、
そのため、とても感情的になるのです。

 

 

相手への期待も大きくなるので、

些細な食い違いも、裏切られたと思いこみ心の傷も大きくなります。

 

 

また、依存や執着も生まれやすく、
ロマンティックな体験をする反面、
憎悪を抱くような体験もすることになります。

 

 

 

 

そして、感情が刺激されるからこそ、

 

依存から自立へと強制的に促されたり、

 

見たくない自分(シャドー)を受容し統合へ進めたり、

 

女性性・男性性の開花へ促されたり、

 

愛する力・才能を大きく開花させることにもなり、

 

魂の目覚めを起こしてくれることになるのです。

 

 

 

 

この魂を磨き合う役割をしてくれる相手は、

家族やパートナー(元パートナーも)であることが殆どです。

 

 

最も身近で親密な関係なので、
感情がひどく刺激され苦しいのですが、

悩みを乗り越えた時の成長(ギフト)は大変豊なものになります。

 

 

ツインレイ・魂の伴侶といわれる関係にも当てはまりますが、

多くの人が、非常にロマンティックな関係を求めてしまうため、
依存・執着が強くなり、エゴの罠にはまってしまうようです。

 

その場合は、自立に踏み出すことが悩みから出ることになっていきます。

 

 

 

タイプ1の悩みを乗り越えるには、

見たくない自分・認めたくない醜い(シャドー)の自分を愛することです。



シャドーは、長年、自分ではないと切り離してきた自分です。

その自分を愛していくことは、自分を無条件に愛することになり、
本来の自分が安心して現れてくることになり、
魂ほんらいのあなたが現れるということになります。

 

 

 

 

 

タイプ2、あなたを縛るルールに気づかせてくれる人との悩み。

 

この縛るルールに気づかせてくれる人は、

その人を見てるとイライラするとか、

ジャッジしたくなる感情が起こります。

 

関係性は、タイプ1よりも遠くなり、

友人・仲間・会社の上司・同僚になります。

 

 

 

イライラしたりジャッジしたくなるのは、

あなたが我慢して守っているルール(自分を縛っているルール)を破って平気でいる人だからです。

 

例えば、自分勝手な人にイライラするのなら、

あなたは「自分勝手にしてはダメ(人に合わせるべき)」というルールを持ち、

ルールを破らないようにと自制し我慢しています。

 

 

 

 

その人が自由に自分勝手にしているさまが、

 

「私はこんなに我慢してるのに!(ほんとうは自由にしたいのに!)」とイライラするのです。

 

 

 

 

タイプ2の人は、「あなたはこんな縛るルールを持っていますよ」と教えてくれているのです。

 

そして、あなたが解放される方向を教えてくれる人なのです。

 

この場合なら、自由があなたが幸せになる方向だよと。

 

 

 

タイプ2の悩みの乗り越え方は、
その人を見てイライラしたりジャッジしたくなったら、

何にイライラしているのか書き出し、

相手にどんなこうすべきと思っているのか観察していくことです。



観察することで、自分を縛るルールに気づきますから、

そのルールをこれからも持っているのか、
手放して自分を楽にしていくのか、

自分と会話していくことです。

 

 

 

 

 

タイプ3は、ここはあなたの場所ではないよと教えてくれる人との悩み。

 

このあなたの場所ではないよと教えてくれる人は、

一緒に居て違和感やなにか合わない感じがする人です。

 

マウンティングや、

ちょっとした意地悪・嫉妬をしてくる人、

「あなたの為に」という一見優しさにみえるけれど、
こちらには不快を感じる人もそうです。

 

 

実は、こういう人や、

その人属するコミュニティとはご縁がないのです。

あなたにとって関わるべき人ではないので、
スルーして、本来の心地いい合う所に行きなさいと教えてくれているのです。

 

 

違和感や合わない感じは、

あなたとエネルギー(波動)が違うから感じるのです。

 

ですから、そもそもご縁のない人なのです。

 

スルーや社交辞令の挨拶のみでいい人なのです。

 

 

 

 

むしろ、合わないのに「出会ったのもご縁だから」と無理に仲良くすると、

トラブルになり、足を引っ張られることになります。

 

その結果、幸せから大きくズレていくことになり、

時間の無駄となるのです。

 

 

 

 

注意する点は、独りになることへの怖れがあったり、

誰とでも仲良くするべきルールがあると、

違和感や合わない感じがあるのに近づいてしまいます。

 

 

また、マウンティングや嫉妬・意地悪に反応しがちですが、

スルー、関わらないのが最も得策です。

 

 

マウンティングや嫉妬・意地悪が起こるのは、

あなたが素敵だから(嫉妬される才能を持っているから)です。

 

あなたが素敵だからですよとお伝えすると、

「私なんか・・」と謙遜される方が殆どなのですが、

謙遜・謙虚であることも人としての美点ですから、

充分に嫉妬される魅力があるのです。

 

 

マウンティングや嫉妬意地悪があるなら、

スルーと覚えておいてください。

 

スルーすると、相手は自分の嫉妬心で自滅していきます。

 

関わることは、相手の嫉妬心にエネルギーを注ぎ、
さらに嫉妬しトラブルになりますから、スルーが得策なのです。

 

 

 

タイプ3の乗り越え方は、スルー。
そして、自分のエネルギーを好きなこと・心地いいことに100%注ぐことです。

 

その結果、あなた本来の波動になり、
本来繋がるべき心地いい波動の人達と出逢っていきます。

 

ほんとうに出逢うべき仲間との出逢いがやってきます。

 

タイプ3は、スルー力を磨く機会ともいえますね。

 

 

 

 

※パートナーや親・兄妹など身近な関係でも、

マウンティングや意地悪・嫉妬することがあり、

その場合も、タイプ3のスルー&適切な距離を取ることが大事になります。 

 

 

 

 

 

 

人間関係の悩みは、魂が磨かれます。

 

先日、セッションした方は、

 「私、どれだけ磨かれるんでしょう?

ブリリアントカットで光り輝いちゃいますね♪」

なんて言ってみえました。

 

こう思えたら強いです!

 

 

 

 

 

 

人間関係の悩みを持ったら、

タイプに合わせて対処して、

軽やかに進んでいってくださいね。

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

あなたが軽やかに進めますように。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。

スルー力の育て方

しあわせのヒント集

 

 

変化の後押しが欲しい方は。

個人セッション

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。