あなたは私。私はあなた。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

皆さん、こんにちは。

心地よく、お過ごしですか?

 

 

 

今日は、「あなたは私。私はあなた。」をお話していこうと思います。

 

 

あなたは、「この人、私なんだ!」

そう気づいたことはありますか?

 

 

 

この「あなたは私。」と気づくことは、

自分と向き合うこと。

 

心を観ることを重ねていくと、

気づいていくひとつ。

 

 

 

 

 


例えば、ある人を嫌いだ!と感じる。

 

「あの人のどこが嫌いなのだろう?」
と書き出してみると、

 

書き出したものは、

自分の嫌いなところだった、

そう気づくことがあります。

 

 

 

 

嫌いな人と同じものがあるなんて、

なかなか認めることは出来ないのだけど、

 

 

心を観ることを繰り返していくと、

何度もそういうことが起こって、

 

 

やっぱりなのかな~、

自分の中にもあるのかな・・、

 

 

そうよね、、

あるな~、、、 

 

 

いや、そんなことない!
そんなことあるはずない。

 

 

でも、書いたこと、
思い当たることあるし、、

 

 

そうなのかな、、

これ、抵抗してるんだな、、

 

 

仕方ない・・(>_<)

もう降参しちゃうしかないか、、

 

 

えーい!認めるか、

私の中にもあります。

もう降参!

 

こんなふうになっていくのです。

 

 

 

 

そして、「あなたは私。私はあなた。」

なんだなって、

 

ちょっとほっとするような、

身体がゆるむような感じで、

世界を優しく見れるようになっていきます。

 

 

 

 

 

 

これは、親子の悩みや、

パートナーシップでの悩みで特に多いこと。

 

 

身近な関係、

親密な関係ほど、

相手は自分を映す鏡の役割をしてくれるからなのだけど。

 

 

 

魂の伴侶(ツインレイ)は、

その最たる形で現れますから、かなりヘビーなものになります。

(残念ながら、多くの女性が憧れるロマンチックなものではないんです)

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんの嫌いなところ、

私にもあるな~。

 

仕方ないね、

親子だものな。

 

 

 

パートナーの嫌いなところ、

私にもあるな~。

 

仕方ないな、

写し鏡だものね。

 

 

こんなふうに思えていくと、

 

不思議なことに、

嫌いなところが気にならなくなっていき、

時には、嫌いなところが消えてしまうことが起こります。

 

 

相手から、自分から。

 

 

 

 

 

 

これは、

 

あの人のあそこが嫌い、と言いながら、

 

自分のここが嫌い、と自己否定しているから。

 

 

 

それが、

 

仕方ないな~と許せると、

 

自分の嫌いなところも許せたことになるから。

 

そのままの自分を愛せるからなのです。

 

 

 

 

 

 

私たちは、

 

人をとおして、

 

自分を見つけ、

 

人をとおして、

 

自分を許し、

 

自分をまるごと愛すること、しているのです。

 

 

 

 

身近な関係、

親密な関係ほど、

もっとも見たくない自分を映してくれます。

 

だから、嫌いやすいし、

それだけ、あなたが自分を愛せるようにと、
嫌な役目を演じてもくれている、

ということなのです。

 

 

 

 

 

 

「あなたは私。」

 

この気づきを重ねていくことは、

  

愛に戻る道、

 

なのだと私は感じます。

 

 

 

 

 

前回の「魂の目覚め」の話でいうと、

重いウエイト(波動)を外し、

本来の軽い魂の波動に戻ること。

 

無意識下でしている、自責を手放すことですから。

 

 

 

 

 

 

 

私以外の人が居てくれる。

 

だから、私を知ることができるのがこの世界。

 

 

あなたは私。私はあなた。なのかもしれません。

 

 

 

ちょっとそんな視点でみて観ると、

 

今まで気づかなかった何かに、

気づけるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

あなたが繋がる人は、

 

なにかしらのご縁ある人。

 

 

過去世からのご縁であることも多いもの。

 

そんなご縁ある魂どうしだからこそ、

 

あなたを映し出し、

 

その人を映し出し、

 

お互いがお互いに気づけるようにサポートし合っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

チャレンジしたい人は、

 

この人のここが嫌い、

だけど、私にもあるの?

 

 

なんて、自分を観てみてください。

 

きっと、面白いことに気づくと思います。

 

 

コツは、ノートに書き出してみること。

文字にすると、思ってもみないことに気づいていけるのです。

 

 

 

 

 

10月は受け取る月。

 

どうぞ、愛に戻り、
愛を受け取っていってくださいね。

 

 

 

その愛が、11月以降、
あなたの元で花ひらいていきますから。

 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

セッションご希望の方はこちらを

個人セッション

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。