先天の気。後天の気。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

 

さて今日は「先天の気」と「後天の気」についてお話していきます。

 

 

「先天の気」「後天の気」知っていますか?

 

 

 

人は、「気」を持っています。

 

気は、エネルギー・パワー。

 

 

そして、その気は、生まれ持った元々備わっている気と、


生まれてからの体験や生き方で培う気の2つがあります。


そのふたつが合わさって、その人の「気」を作っています。

 

 

 

 

 

分かりやすく言うと、

 

人にはそれぞれ、生まれながらの体質や性質がありますね。

 

気も同じ。

その人の生まれながらの気の質があり、気の量があります。

 

 

 

そして、いろいろな体験をして頑張って、

病気がちだった子供が元気な大人に成長したり、

 

泣き虫だった子が社会的リーダーになったりします。

この変化成長で培ったものが後天の気。

 

 

 

 

 

 

先天の気は、変えることは出来ません。

 

でも、後天の気は、自分でいかようにも変えられるのです。

 

 

 

気の量を増やすことも減らすことも。

 

気の質を上げることも下げることも。

 

自分で出来るのです。

 

 

 

 

 

なので、たとえ先天の気が少なくても、後天の気を育めばいいのです。

 

病気がちだった子供が、
健康になりたいと元気な大人になるように。

 

これは、身体の気を大きくしたのです。

 

 

泣き虫さんが勇気を持っていこうと行動してリーダーになるように。

 

これは、心の気を大きくしたのです。

 

 

 

 

また、どんなに大きく良い気を持って生まれても、

自身で育てなければ小さく悪くなるということもあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

現実を変えるには、「気」が必要です。

 

小さな現実化なら、少ない気の量で現実化できます。

 

でも、大きな夢の現実化には、それに見合った気の量がいるのです。

 

 

 

 

経営者の方々が清掃活動や寄付など「徳積み」行動をされたり、

 

大きな気を持つ神様に参拝されたりするのは、

 

大きな現実創造のために、自身の気を大きくし、

 

さらに、神様のお力をお借りしているのです。

 

 

 

 

 

 

でも、経営者の方のようなことをしなくても、

日常のことで後天の気は育むことができます。

 

それは、

 

美味しくご飯を食べて、ゆっくり眠り”身体の気”を満たす。

 

自分を大切にして”心の気”を満たす。

 

歓びや感動する体験をして”魂の気”を満たす。

 

 

 

後天の気は、こんなことで育てることは出来ますから、
ここから始めてみるのがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

そして、身体の気、心の気、魂の気が満ちたと感じたら、

 

後天の気をさらに大きくする行動をひとつひとつしていけば、

 

大きな「気」を持つ人になっていけます。

 

  

 

 

 

後天の気は、自分次第でいかようにも出来ます。



大きな夢を現実化したい人は、

後天の気を育み大きくすることを意識してみるといいでしょう。


 

このブログでお話しているのは、

この後天の気を育てることです。

 

 

 

 

 

まずは、

 

美味しくご飯を食べて、ゆっくり眠り”身体の気”を満たす。

 

自分を大切にして”心の気”を満たす。

 

歓びや感動する体験をして”魂の気”を満たす、していきましょう。

 

 

 

 

後天の気が大きく豊かになっていくと、
いろいろ不思議な良いことが起こってきますから。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。