スルー力の育て方

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。
梅雨の蒸し暑さが続いてます。

こんな時ほど、身体も心も心地いいリラックスタイム取ってくださいね。


スウェーデンではFika(フィカ)というお茶の時間があり、

1日に数回はFikaをするそうです。

 


特に午前10時と午後3時のFikaは、

暗黙の了解で電話をしても出てくれないとか。


それだけ、Fikaのリラックスタイムを大切にしているんですね。


そして、そのスウェーデンの生産性は日本の1.5倍なんです。

 

リラックスタイムが実は、生産性を高めているのですね。

 

 

 

 

さて、前回の我慢している「不快」に気づけましたか?の中で

 

 

***

 

人からの不快な言葉は受け取らない、

 

過去に受け取ってしまったものは「お返しします!」していきましょう。

受け取らない、お返しするを繰り返していくと、

心が軽やかになっていき、「白」が増えたこと実感できます。 

 

***

 

 

こうお話したのだけど、

人からの不快な言葉が気になってスルーしたいけどできない・・

そんなお悩みが届きました。




この悩み、実は私も結構悩んだこと。

「なぜ、あの人はわざわざあんなこと言ってきたのだろう?」と、
相手の気持ちを考えてみたりしていました。

 


でもこれ、相手の気持ちなんてほんとのところはわからない。

"自分の経験の範囲"で想像しているだけなので、
悩みが解決することにはならなくて、
むしろ、延々と悩み続けることになるのです。

 

なので、ほんとうは、悩むことは無駄なのです。

 

 



でも、相手のことを思いやる優しさがある人や、
人の言葉を疑うことなく素直に受け取ってしまう人だと、
やってしまいがちなことでもあるんです。

 

※ここは人間界。優しさも素直さも、相手をよく見て使うことが大事ね。

 

 

 

 


そして、気づいて欲しいのは、

自分の経験の範囲で想像しているだけ だということ。

相手が不快な言葉を言ってきた理由のほんとのことはわからない、ということ。

 

 

だから、
「人の気持ちは、わからない。」ということなのです。



そして、相手の気持ちばかり考える人の傾向として、


「自分の気持ちがよくわからない。」と言われるのです。




これは、相手の気持ちばかり考えているから。

 

人にばかり意識が向いて、自分のハートには意識が向いていない。

 

自分がおざなりになっているのです。

 

 

 

 

 

相手のことを考えているので、
「優しい人」のように思うのだけど、

 

よくよく観てみると、
自分自身には「優しくしていない」ことになるのです。

 

 

 

おそらく子供の頃に周りの大人から「人の事を考えなさい」って、

厳しく言われたことがあるのではないかしら?

でも、よく考えてね。
そう言っていた大人は人のことを考えていた人かしら?

矛盾があるとおもいませんか。

 (これも「お返し!」していいことなのです。)

 

 





「人の気持ちは、わからない。」のに、
「あの人はどうして?」なんてことに時間を使うのは勿体ないこと。

大切なあなたの人生の時間なのに。

 



わからないことに時間を使うより、
自分を幸せにすることに時間を使う方が人生は輝きます。

 

 

自分を幸せにすることの答はわかるでしょう?

 

「コーヒー淹れて、お気に入りの音楽聞こう!」なんてふうに。

 

 

 




もし、人の不快な言葉が気になったら、

 

「人は人、自分は自分」

 

「人の気持ちはわからない。」と口にして思考をそこでストップさせましょう。



そして、

 

「〇〇さんの~~という言葉、お返しします!」と何回か口にしてみてください。

心の中で言ってもいいですよ。
ゆっくり深呼吸を繰り返しながら。

 

 

 

 

 「人は人、自分は自分」

 

「人の気持ちはわからない。」

 

この2つは、他者との境界線を健康に引くもの。




「〇〇さんの~という言葉、お返しします!」

 

この言葉は、自分の世界には「不快」は入れない!とお掃除するもの。

 


深呼吸は、興奮した神経と脳を静めてくれます。
幸せ体質の人の呼吸は、ゆっくり深いんですよ。




これらは、幸せを大切に守る習慣。
繰り返していくことで幸せな『癖』になります。筋トレと同じ。
続けると、スルー力が育ちます。

 

 


そして、人から不快な言葉を言われても気にしない人がいます。

 

それは、自己肯定感が高い人。

なので、スルーする力を育てるのは自己肯定感を高くすることでもあるのです。

 

 

 

 

 

 

最後にちょっと補足を。

自己肯定感がほんとうに高い人は自然体です。
一緒にいると、ほんとうに安らかで心地いいのです。
そして、目立たないんです。

 


一見、目立つ人やキラキラした人が自己肯定感が高い人のように思うのだけど、
それは、肯定感の低さを隠すためだったりします。

エネルギー的にも引っ張る力が強いので間違えやすいのです。
注意してくださいね。

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。