「不快」をやめれば『幸せ体質』に戻ります。

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

昨日は夏至でしたね。
私はすっかり忘れていました~。(笑)(*´▽`*)

 

 


ということで、
季節は夏に突入していきますから、
今から体調を整えてあげてくださいね。

夏が苦手な方は特に。(私です。。)



東洋医学などで体質を知り、体質に合う食事にしていくといいですよ。

幸せホルモン分泌には腸活も大切ですからね~!

 

 





さて、前回のお話の後、
「黒から白にどうやって変えるんですか?そこがわからない!」とエネルギーが飛んできました。

ということで、今日は「白に変える方法」をお話していこうと思います。





白(ポジティブ・幸せマインド)に変える方法は、
今までも随分お話してきているけど、
今日は、1番の基本の基本の大切な事お話していきますね。





黒(ネガティブ・不幸マインド)ばかりになってしまうのは、
実は原因がいくつかあります。


セッションでは、おひとりおひとりのタイプに合わせて、
白に変わるワークをしていただいたり、
日常の習慣を変えていただいたりしています。
あとは、食事や身体のストレッチのことなども。

 




原因は、その方によっていろいろなんです。

 

 

でも、共通していることがひとつあって、

 

それは「不快」なことも我慢している、ということ。

 

 

 

なので、

『不快なことを止める』こと、お話するのです。

 

 

 

 

黒ばかりにフォーカスする方は、

頑張り屋さんというのか、

 

不快なことを続けられてしまうのです。

 

 

 

 

「まだまだ、がんばれます」

 

「がんばったら良くなるから」と、


身体も心も「無理!」と言っているのも無視して頑張る。



中には病気になり倒れたのに、
「仕事にいかないと」「自分がいないとダメだから」と動こうとする。

 

こんな時は、

「神様がくれた休暇だから休みなさい。

それに、あなたがいなくても仕事は大丈夫。

仲間の力を信頼しなさいということですよ。」そうお話しするのだけど。。

 

 

 

 

 

 

そして、そこには、

『不快なことを頑張ることが素晴らしい』という思い込みがあるように思います。




この思い込み、前の世代である親・祖父母から「もらった」ものです。

今の時代には合わない思い込みです。

子供の頃にもらったものだから、気づかずに使い続けているのです。

 




前の世代である親・祖父母は戦争体験があるため、

我慢や犠牲、辛いことも歯を食いしばって頑張ることが美徳、とされていた世代。

 

今は、その世界ではないのです。

 

 

そして今の時代は、この思い込みがあると幸せから遠ざかるばかりです。

さらに、要領のいい人、ズルい人からは「利用できる人」と思われ、

大変な仕事や人が嫌がることを押し付けられるなんて現実まで引き寄せることになります。

 

 

 

私ばっかり!貧乏くじばかり!

 

頑張ってるのになんで上手くいかないの?って思うことありませんか?

 

 

※最近は、フリーライダーやクラッシャー上司なども問題になっています。
NOが言えず良い人でいようとすると「利用できる人」と見られる可能性も。

 

 

 

 

今は、10年前と比べても随分と波動が上がっています。

 

世界がすっかり変わってきているのです。



昔の美徳である辛いことも頑張れば幸せになることはないのです。

 

むしろ逆なのです。

 





だから、まずは『不快なことはやめる』です。


不快なことは、

嫌いなこと、心地よくないこと、

焦ること、しんどいこと、
我慢すること、キャパを超えていること、

無理しないといけないこと等。



心と身体の感覚だと、

固くなったり、冷たくなったり、

地に足が着かない感じや、
呼吸が浅くなったり詰まったり、

顔の表情が無くなった時も不快な時。

 



不快なことを我慢し続けていると、不快という感覚さえも麻痺していきます。

 

不快が日常(普通のこと)になるのです。

セッションをしていても、
「それ我慢していませんか?」とお聞きしてやっと気づかれることもあるのです。

 

なので、上に書いたことを参考に自分を観察し、
不快なことをひとつひとつ気づいて止めていってください。

 


 

また、お風呂にゆっくり浸かり(温泉・スーパー銭湯ならなおGood!)、
ぐっすり眠ってください。

身体が欲するものをゆっくり噛んで味わって食べることも、
「快」「不快」をちゃんと識別できる本来の感覚を取り戻すことになります。

 






「白(ポジティブ・幸せマインド)」に変えられないのは、

「不快」なことをし続けたことで感覚が麻痺しているから。


まずは、「不快」なことにひとつひとつ気づいて止めていきましょう。

 

 

「不快」なこと、ひとつ止めるたびに波動が上がります。

波動が上がるのですから幸せの流れに戻ります。

 

だから大丈夫。

※感情の22段階で考えてみると分かりやすいですよ。

 

 

 

 

 

 

お掃除もやりたくなければやらなくていいですよ。

私もとことんお掃除しなくて汚部屋の時があります。(爆笑)

(神社化のところでお話しましたね。)

 

 

でも、無理してやらない!でいたら、
ちゃんと「掃除したいな~♪」という時が来ました。
今ではお家神社化までに。
心はそういうものなのです。

 


だから、安心して「不快」を止めていってください。

 

 

 

 

「不快」を止めることは『幸せ体質』に戻ることですから。

 

 

 

 

こちらも参考に。
*あなたをブスにする人と一緒にいませんか?
*感情のゴミ箱にならないように。困った人への対処法

*感情の22段階。

しあわせのヒント集


7月コーチング受け付け始まりました。
個人セッション

 

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。