お家神社化。空間のお清め。

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

 

6月に入り、梅雨入りのニュースも入って来てました。

季節も次のステージへと導いてくれています。

 

満月の後、優しいエネルギーが心身に滋養を与えてくれていますから、

どうぞ望むものを胸に喜んで進んでくださいね。

 

 

 

 

 

さて今日は、お家の神社化で実践していること、

お話していこうと思います。

 

 

私がお家を神社化する目的は、

お家の波動をアップすること。

 

それは、

心地よく心と身体がふわっと柔らかくなる空間を創ること。

 

※目的を間違えると、幸せからズレていきますから目的は大事に。

 

 

 

 

 

そして、お家神社化で初めにしたことは、

 

『空間の浄化』。

 

音と香りを使っての空間を浄化したのです。

 

次に、ダスター片手に壁のほこりをはらっていきました。

 

 

 

 

見えない空間は、音と香りでお清め。

 

見える空間は、身体を動かしほこりを掃いお清め。

 

 

 

 

浄化の音楽を流し、

家の中心と玄関でお香を焚きました。

 

 

音と香りの浄化は、よくやるのですが、

今回は、お香の香りを新しいものにしたいと感じたので、

新しい香りを買いに行ってきました。

 

新しいお香の香りは効果抜群。

気分が一新されました。

 

心が柔らかくなり、呼吸が一段と深くできるようになりました。

 

 

 

 

 

エネルギーが変わる時は、香りも変えないといけません。

 

「あるもので」なんて思いがちですが、

それでは波動が変わりませんから。

 

※お香は、できれば老舗のお店のものが良いですよ。

効果がまったく違います。

 

 

 

 

 

そして、音と香りで空間を浄化していたら、

 

「壁のほこりを掃いなさい。」と天から言われ、

 

ダスター片手に天井から壁と家中の埃を掃っていきました。

 

 

 

 

 

・音によるお清め

 

・お香によるお清め

 

・天井・壁のほこりを掃うお清め

 

 

この3つを丁寧にしたところ、

お家の波動はまったく違うものになりました。

 

 

今回、天井と壁のほこりを掃うことが大きな波動アップになりました。

(大掃除でするものと思ってましたが、これからは日々のお掃除ルーティンに加えます。)

 

 

 

 

 

 

 

空間の浄化は、

パワフルにお家の波動を上げてくれます。

 

そのおかげで、良いことが次々に。

 

 

 

よく頂き物をするんですが、さらに頂くように。

欲しいな~となんとなく思っていると、頂くので笑ってしまいます。

人間関係もお仕事もすこぶるいい感じ。

身体の調子も良く、身体の気も整いました。

 

 

 

そして、空間の浄化をしたら、

なぜか、お掃除がもっとしたくなり、

不思議なこともいくつか起こりました。

 

 

 

 

 

 

 

お家神社化をしてみて思うのは、

 

突きつめたところ、

 

やっぱり幸せは安堵感だと。

 

 

 

幸せの形は、ひとりひとり違うものだけど、

 

結局は、安堵感なのではないかと。

 

 

 

 

お家神社化は、

 

自分の居場所(よりどころ)を大切にすること。

 

それは、自分で自分を大切にすることを教えられたのだと気づきました。

 

 

 

居場所を大事にする=自分を大切にすること。

 

 

 

 

 

忙しさにかまけて、

自分の居場所を整えることが疎かになっていたため、

天が気づかせてくれました。

 

 

自分を大事にしなさいと。

 

 

 

そしてまた、私たちは皆、

いつも天に幸せへと何かしらによって導かれているものなのですね。

 

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。