その苦しみ、ほんとうにあなたのもの?

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。

なんだか気温の変動が大きいですね。
体調に気をつけなきゃ!と思っているのですが、
皆さんはいかがですか?
身体、大切にして楽しみましょうね。



さて、クライアントさんとお話しながら、
よく「それはほんとう?」とお聞きするのだけど、

この「それはほんとう?」の中のひとつに、

 


「その苦しみ、ほんとうにあなたのものですか?」

 

そうお聞きすることがあるのです。





これ、感受性や共感性が高い人にあることなのだけど、

人の苦しみを自分のように感じるような人は、

『貰ってる』ことが意外と多いんです。


その人自身の苦しみではなくて、

人の苦しみで苦しんでしまっているんです。



 

 

そして、感受性が高いと思わない人でも、

『貰ってる』こと実はあるんです。



こんなこと経験あるのではないかしら。


怒っている人が部屋に入ってきた途端、
それまで気持ちよくいたのになんか気分がダウン、、なんてこと。





これも「貰った」から。

本来のあなたは気持ちいい。

でも、「貰った」から、気分がダウンした、わけ。





スピリチュアル的には、

エネルギーの共振とか、サイキックアタックと言われるのだけど、


最近の脳科学ではミラーニューロンという脳神経の働きによって、
目の前の人の脳の活動をミラー(鏡)のように真似をしていることが証明されています。

 

 

スピリチュアルが科学で証明されてきていますよ!
こういうの大好き!(笑)




そして、このミラーニューロンの働きは、
遠く離れていても起こっていること、実験で証明されてもいるのです。

 





だから、ネガティブ感情を貰うこと、
日常的に起こっていることなんです。

目の前の人だけではなく、離れていても、もしかして貰ってるかも?!

 

 

 

 


そして、自分にあまり向き合っていないと、

「自分のもの」か「人のもの」か区別が出来ないので、

苦しみを自分のものと”思い込んでいる”こと、実に多いのです。

※自分の感覚を取り戻すためにも身体が緩む温泉お勧めです。

 

 

 

 


「その苦しみは、ほんとうにあなたのもの?」と聞くと、

自分のもの?

 

人のもの?とびっくりされるのだけど、

びっくりしてもらうことで心に隙間が生まれ判別できるようになります。

 

 

思い込んでいると、判別してみようとも思いませんから。
(ここがセッションの良さです)

 

 



そして、貰っているなら、持ち主にお返しすればいいだけ。

 

「お返しします!」って。


 

「お返しします。」の言葉が脳へのコマンド。

そして、自分は心地よくいることを選ぶという自分への意思表示。

 





貰ってたかも?と思う人は、

「この苦しみ、ほんとうに私のもの?」って自分に問いかけてみてくださいね。


意外ともらってますから。


 

 

先日のお話の自分のタイプを知っておくことも、これに繋がります。

お花畑でひなたぼっこタイプさんが冒険心旺盛タイプさんのコミュニティに間違って入ると、
不要な ”自分らしくないもの” がいっぱい来ちゃいますから。

 


自分を知ることは、とても大事なことです。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

*人生のバランスを見てみましょう

*偽装彼氏♡

*感情が変わると現実がかわる訳

*感情の22段階

*【天音】自分を信じてご覧なさい
しあわせのヒント集

 

 

 

個人セッションご希望の方はこちらをどうぞ。
コンサルティング&コーチング

 

 

 



花ひらき、

今ここを天国に。