罪悪感にさようなら

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

15日は牡牛座で新月がありましたね。


そして、翌日には、天王星が牡牛座にお引越しとなり、
大きな変化の節目となりました。

 


いかがですか?
何かしら変化を感じてみえるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

価値観が自然と変わってきていたり、
自分が望んでいたものはこれだったと気づいたり、 

中には、生き方を大きく変える必要が出て来ている方もあるかもしれません。

 

 


世界のエネルギーが変わる時ですから、
私たちも、変わる時になっていきます。

 

そんな時は、「でも」「だって」と抵抗するより、
「はい」と素直に変わっていくほうが、
幸せの流れにすんなり乗っていけます。

 


ポイントは『素直』ということ。

 

 

 

 

それは、「幸せになりたい」「幸せを受け取りたい」という素直な思いに、

「うん、幸せになる!」

 

「はい!幸せを受け取ります!」

 

という在り方をするということ。

 

 

 


在り方というと難しく感じるかもしれないけれど、

 

心の向きをどこに向けるか?

 

ということ。

 



幸せになりたいなら、幸せに心を向ける

 

ということ。

 

 


幸せになりたいと思いながら、

不幸せに心を向けていたらどうでしょう?

 

幸せに気づくことも受け取ることもできないのではないかしら?

 

 

 

 


ある方が、お子さんのことで罪悪感を感じてみえました。



子供に寂しい思いをさせてしまった。

仕事が忙しくて一緒に居てあげられなかった。

 

そう、過去を悔やんでみえました。

 

 

私からお伝えしたのは、

その罪悪感は、お子さんを愛しているからではないですか?

 

 

もっと愛してあげたかった。

ほんとうは、もっと側にいてあげたかった。



そう思いながら出来なかったことを悔やんでいるのは、

お子さんを愛しているからではないですか?

 

 

そして、

その時は、それが精一杯だったのではないですか?と。





 

出来事は違うかもしれないけれど、

誰にも、悔やむこと、罪悪感を感じること、あると思います。

 

 

もっと出来ることがあったのでは?

 

もっと優しくすればよかった、、、

 


そう思うこともあるけれど、

 

その時は、それが精一杯だったのだと思うのです。

 

 

 




精一杯がんばったのです。

十分にやったのです。

過去の自分を責めるのはもう終わり。

 

 

 

そして、精一杯がんばった自分を褒めてあげてほしいのです。

自分の頑張ったこと、受け取ってあげてほしいのです。

 

 



罪悪感を感じるのは、そこに愛があるから。

愛があるからこそ、罪悪感を感じるのです。

 

罪悪感に心を向けてもいいのだけど、

その奥にある愛にも気づいて欲しいのです。

 

 


愛していない相手には、悔やむことも罪悪感を感じることもないのではないでしょうか?

 





自分を責めるだけ、その人を大切に愛しているということ。

その愛に気づいてください。

愛を持っているあなただと気づいて欲しいのです。

 



心をどこに向けるかで、幸せに気づいていけます。

 

今ここに、すでに望むものはあります。

心をどこに向けているかの違いが、幸せを創るか、不幸せを創るかに分かれます。

 

 




悔やんだり罪悪感で自分を責めることは、もう終わりにしましょう。

そして、心の向きを幸せに変えていきましょう。


「でも」「だって」はダメですよ。

 

 

 



素直に、すなおに、

「うん。精一杯がんばった。よくやった私。」

 

「はい。罪悪感を感じるほど大切に思ってました。私の中に愛があります。」

そう声にして自分に言ってみてください。

 

どこかほっとしていくと思います。

 

 




自分を責めるのは終わりにしましょう。

 

そろそろね。

 

 



気づいていくこと、

受け取ることに素直になると、
外側の世界は変わっていきます。

 

 

心がほっとすると、世界もほっとした世界になるのです。

 

 

 

だから、責める必要などどこにもないのです。

大丈夫。

 




心の向きを自分を愛することに、

変えていきましょうね。




愛する人も、

自分を責めているあなたより、
笑顔のあなたを見る方が幸せだと思いますよ。

 

 

 

 


こちらもどうぞ。

*嫌いな自分もOK。そのままの自分にOK

*愛する家族だからこそ本音で対話を

*覚えていないだけ。すでに一生分愛されたあなたです

*女性性。頑張ったことを受け取る

*頼りないお母さんだから。そのままで愛されています

しあわせのヒント集

 

 

 

 

個人セッションはこちらからどうぞ。

コンサルティング&コーチング

 

 

 


花ひらき、

今ここを天国に。