桜を見て、自分に結界を張りましょう。

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

暖かくなって桜が咲いてきましたね。

皆さんの所はいかがですか?

 

 

桜には神様が宿ってみえますから、

どうぞお花見にいらしてくださいね。

 

 



桜の花は、誰の心にも安らぎと優しい愛を感じさせてくれます。

 

それは、お母さんのお腹の中にいた頃のような安心と愛。

 

 

 

ほんとうは、誰の中にも安心感と優しい愛がいつもあるのだけど、

 

不安になったり、

愛が無いと思ってしまう時もあるもの。

 

 

そう思う時は、

実は、自分と繋がれていない時。

 

自分と繋がっていないためにそう感じてしまうだけ、なんです。

 

 

 

 

誰の中にも安心感と優しい愛がいつもあります。

 

桜の花は、見ていると自然に自分に繋がります。

 

桜を見ながらほっとしたりなんだか嬉しくなるのは、

桜をとおして自分に繋がるからなのです。

 

 

桜の神様がしてくださるお仕事が、

この自分に繋がらせてくださること。

 

 

 

 

昨日、少し龍ブームでお話したのだけど、

自分に繋がっていると、
悪戯してくるような存在に関わるようなことは起こりません。

 

 

なぜなら、

自分に繋がっていることは、

自分で自分に結界を張っていることだからです。

 

 

 

神社仏閣は結界が張られていますね。

 

鳥居があり、狛犬や金剛力士像などが護っています。

 

それは、神聖な神々の場所に穢れた存在が入らない為の仕組みなのです。

 

 

 

あなたも同じ。

 

あなたは大切な存在なのですから、

ちゃんと結界を張りましょう。

 

 

 

龍ブームのようですが、

安易に龍に助けてもらおうとする前に、

どうぞ桜を見て、ほっとして、湧き上がってくる優しい愛に浸ってみてください。

 

そして、その安心感と優しい愛がある私なんだと身体全体で感じたならば、

自分と繋がり結界が張れたことになります。

 

 

自分にちゃんと繋がっていると、

綺麗な心で自分を観れますから、

安易な心で龍に助けてもらおうと思っていたことに気づけます。

自分が恥ずかしくなったら大丈夫。

 

 

 

 

桜を見て、

安心と愛を思い出し、

その波動でするべきことをしていれば、

ちゃんと天のサポートが入るようになります。

 

この彼のように。

天がサポートしてくれる人。

 

 

 

 

 

 

願いは、

あなたにとって、

そして、あなたの周りの人にとって幸せになるものならば叶います。

 

 

誰かを傷つけたり、

誰かの幸せを壊してなりたつ幸せなら叶いません。

(それは、幸せとはいえませんが)

 

一時は叶ったように思えても、

その後、その幸せは崩れます。

 

なぜなら、心から安らぎを感じられることはありませんから。

 

 

 

 

 

天に、神様に、お願いするというのは、

そういうものなのです。

 

 

神様は、ひとりの個人だけを見ているのではなく、

世界全体を見て、

その人の魂の成長を見て、

その望みが叶うことで皆が成長するか幸せになるか見ているのです。

 

 

 

ですから、我欲で龍にサポートをといっても龍がつくことはなく、

悪戯してやろうというよろしくない存在が、

我欲につけ込み龍のようなふりをして、

いろいろしてくるということがあること、

知っていてください。

 

 

知人の奥様が海外の有名パワースポットで、

こういった存在が憑いて、原因不明の高熱を出され、

助けを求められたことがあります。

そんなこともまた、書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

どうぞ、桜を見にいってくださいね。

 

そして、桜を見て、ほっとして優しい愛が胸の奥に湧き上がってくるのを感じてください。

 

それが、神様の愛の波動です。

 

あなたの中に綺麗な天の波動がすでにあるということなのです。

 

 

 

思い出してくださいね。

 

あなたの中にはいつも安心と優しい愛があることを。

 

そして、繋がってくださいね、ご自身に。

 

 

 

 

身体を元気にすることも結界強化です♡

お忘れなきように。

 

 

 

 

 こちらも参考に。

*龍神様がつく人とは

*光の柱の立つ人

*どの世界で生きるのか己が決めること
*内なる泉に繋がるグラウンディング

 

しあわせのヒント集

 

 

 

個人セッションご希望の方はこちらを。

個人セッション

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。