【この世界の私をそこから見たら】魂の輪廻がやさしくわかる本

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

まだまだ風が冷たいけれど、

 

陽ざしは本格的な春になってきましたね。

 

 

 

 

今日は、CHIE(チエ)さんの著書、

 

「この世界の私を そこ から見たら」をご紹介していきます。

 

 

 

 

この本をなぜ紹介したいのかというと、

 

この世とあの世の仕組みがシンプルに優しく書かれているから。

 

 

 

 

 

私はよく、

 

「魂の視点で観る」と表現をします。

 

 

魂の視点は、俯瞰で魂の旅全体を観る視点。

 

そして、愛の視点。

 

 

 

 

魂の視点で観ることが出来ると、

 

人生で起こる悲喜こもごもなことの意味や、

 

それらのギフトにも気づくことが出来ます。

 

とはいえ、なかなか難しい視点でもあるのです。

 

 

 

 

その魂の視点観ることが、

 

この本を読むことで出来るようになるのです。

 

 

 

 

私たちが世界を見る時、

 

この3つの視点があります。

 

①傷ついた心を通して世界を見ている視点。

 

②傷が癒されニュートラルに世界を見ることが出来る視点。

 

③魂の輪廻転生が理解でき、魂の愛で世界が見える視点。

 

 

 

 

CHIEさんのこの本は、

 

物語を読み進めるうちに、

 

①の傷ついた視点から③の魂の視点へと連れて行ってくれるのです。

 

そして、絵本作家の のぶみさんが挿絵を描かれていて、

 

とてもあたたかい気持ちのまま、

 

人生の意味に気づかせてくれるのです。

 

 

 

 

もしよかったら書店で手に取ってみてください。

 

絵本のように手に出来る本だと思います。

 

 

 

セッションはこちらから。
個人セッション

 

こちらも参考に。
しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。