潤う心と身体でメイクハッピー

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

あなたのお花、はなひらいていますか?

 

 

 

さて、今日は潤う心と身体のお話をしようと思います。

 

「潤う」と聞くと、

お肌の保湿を思い浮かべるかと思うのだけど、

 

フェミニンゾーンの保湿、

気遣ってみえるかしら?

 

昨年、とうとう、こういう本が日本でも出版された!と、

私は大喜びしたのだけど、

皆さん、ご存じですか?

 

 

 

 

 

「ちつのトリセツ」と「潤うからだ」

 

この2冊は、フェミニンゾーンのお手入れの仕方から、

身体(ちつ・子宮・さらに内臓)が老化でどんな変化があるのか、

さらに、心にどんな影響をしているかなど書かれていて、

とても参考になります。

 

 

 

こちらは、植物療法士である森田敦子先生の「潤うからだ」の目次なのだけど、

多くの女性が悩む 蒸れやかゆみのことから、

子供への性教育、

さらに介護のことへと幅広く書かれていて、

気づくことがいっぱいありました。

 

 

フェミニンゾーンのケアが、

介護する人の負担を減らすことになるなんて、

そこまでのこと、ほんとうに思ってもいなかったですから。

 

 

そして、海外ではあたりまえのケアが日本では知られていなくて、

20年も遅れている状況だなんて、、、

 

日本女性は素敵なんですから、

性も、もっと素敵に輝きましょう!と思いました。

 

 

 

 

 

そして、「ちつのトリセツ」は出版社の社長さんである原田純さんが、

助産師のたつのゆりこ先生指導のもと、

ご自身のちつを元気にしていく過程が赤裸々に書かれています。

 

 

多くの悩める女性のためにという原田さんの思い。

 

人にどう思われるだろうかという思いもおありだったと思うのだけど、

払いのけ書かれた原田さんの「在り方」「勇気」にも敬服しました。

 

 

 

 

 

 

そして、ケアするにつれ、

ちつが潤い、冷え性が治り、頑固な便秘も治り、

心までも不思議と安心感を覚えていくプロセスが書かれていて、

ケアをした先の未来の自分をイメージさせてもらえます。

 

 

 

 

 

私的には、どちらもぜひ読んでいただきたいと思う本。

 

そして、フェミニンゾーンに意識を向け、

自分の身体を大切にケアしていただければと思うのです。

 

 

 

 

私がそう思うのは、

多くの女性と関わってきた経験から。

 

ちつ・子宮のエネルギーが幸せで満ちている方って、

残念ながら少ないのです。。。

 

 

女性の悩みの大元は、

フェミニンゾーンのエネルギーが満ちていないためだと思うのです。

 

 

実は、このゾーンのエネルギーが満ちていると、

心が安定します。自分軸がしっかりします。

そして、生きている!!!という歓びの感覚もすごく感じられるのです。

 

 

こういった感覚は、

肚から生まれますからなんですね。

  

 

 

 

 

以前、身体のヒーリングもしていた時、

 

「なんてちつと子宮が冷えているんだろう!」

「子宮に怒りのエネルギーが溜まってる、、、」

 

そう感じることも度々で、

その方たちは、やはり生きる歓びをあまり感じてみえませんでした。

 

 

 

 

今は、身体に触れるヒーリングしませんが、

やっぱりわかるので、触れずにヒーリングしています。

(セッションのみです。)

 

 

 

 

でも、ご自身でケアしていただくのが1番。

 

自分で見て触れて、

潤っているのか乾いているのか、

温かいのか冷えているのか感じて自分を知ってあげる。

 

そして、保湿して温めて、丁寧にケアを日々していく。

 

 

 

これは、

身体のセクシャルエネルギー(生きるエネルギー)を満たす、循環させることになり、

幸せ創造のエネルギーになってもいきます。

(引き寄せ力、惹きつけ力はもちろん大きくなります)

 

 

 

セクシャリティのブロックがある場合は、

少しずつ優しく進めてください。

 

焦らずゆっくり。

和らいでいきますから。

 

 

 

 

 

よろしければ、

一度手にして読んでみてください。

 

そして、心も身体も潤って、

幸せエネルギー溢れさせていっていただければと思います。

 

 

 

「潤うからだ」森田敦子著

 

「ちつのトリセツ」原田純著

 

 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

個人セッションご希望の方はこちらを。

個人セッション

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。