父への手紙

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

陽ざしが春♡になってきましたね。

セーターを脱ぐのも近いかな~なんて感じています。

 

 

 

さて今日は、クライアントさんの気づきをシェアさせていただきます。

 

 

Mさんという可愛い女性なのですが、

今回、亡くなったお父様にお手紙を書いていただくことをしたのです。

 

「お手紙用に便箋を買ってね。」とお伝えして。

そして、書いてくださって、

このような気づきを送ってくださいました。

 

 

 

 

 

********

 

 

 

直子さん

 

父に手紙を書きました。

私は父のことが大好きでした。

 

 

私が小さい時から、

父は会社の寮に単身で住んでいて、

休みの前の日に帰ってくるので、

週に一度くらいしか会えませんでした。

 

 

でも、短い時間でも、

父には愛されて大切に育てられ、沢山の愛をもらった記憶があります。

 

そんな事を思い出して、

母の時より泣きました。

 

 

 

 

父が亡くなった時

母と父は別々の病院に同じ時に入院していて、

高校生の私は学校の帰りに

学校から近い母の病院には毎日行けていたのですが、

 

冬で自転車で通っていた私は、

遠い父の病院に行くのが億劫になってしまい、

なかなか行かなかったのです。

寂しがりの父はすごくさみしい思いをしたと思います。

 

 

 

そして、父は死の間際 昔の記憶の中にいる感じで、

私の事が分からない様子でした。

もっと私が看病に来ていたらこんな事にならなかったのに とすごく悔やみました。

 

なので、その時の事を謝って、

あの時のわたしには、あれが精一杯だったよね 頑張ってたよね

とあの時のわたしに声を掛けました。

 

深く悲しんだ事、今十分に感じました。

 

 

 

それから、なぜこんなに悲しみが生まれたのかも分かりました。

 

私が寂しい 悲しいという事を表に出したら、

母を悲しませるからです。

 

母が悲しい思いをしたらいけないと思って、

学校に行っても皆が気を遣わないように、

気にしないふりをしたからです。

悲しさに蓋をしたからです。

 

 

だから、今すごく悲しみが溢れました。

 

お風呂に浸かって、気持ちを落ち着かせて来ます。

 

 

また、少し自分の気持ちが分かりました。

父に手紙を書いて良かったです。

 

 

 

 

********

 

 

このメールを頂いてすぐに私は、

 

 

********

 

 

 

Mさんへ

 

いっぱい泣いてね。

いっぱいいっぱい泣いてね。

 

 

だって、それだけ愛していたから悲しいのではない?

 

悲しみだけ、大切に愛していたということ。

 

そして、同じだけお父さんもMさんを愛していたの。

 

今も天から愛してみえますよ。

 

 

お母さんの愛と同じように、お父さんの愛にも浸ってね。

 

愛されているMさん。

よかったね。

 

 

また、明日メールしますね。

 

 

 

 

********

 

 

 

手紙を書くと、

蓋をした気持ちに気づいていけます。

 

 

手紙って、特別な力が働くんです。

 

昔から、大切な人に自分の気持ちを伝えてきた手紙。

その長い歴史がエネルギーとなり作用しているのでしょう。

 

 

手紙を書く時は、

不思議と素直な気持ちが出てきますから。

 

 

 

心の奥の蓋をした傷ついた思いも、

手紙を書くことで出てくるのだけど、

書くほどに不思議なほどに癒されていきます。

 

 

それは、書いていくうちに、

それだけ愛していたからだと気づけるからなのです。

 

 

 

 

手紙って、

ほんとうに不思議です。

 

いつしか、戻りたかった愛に戻らせてくれるのですから。

 

 

 

 

 

 

Mさんには、お母様の手紙も書いていただいていて、

以前書かれた時より、またいろんなことを思い出されたようで、

 

「こんなにも愛を感じられる自分が愛おしいです♡」

 *

 

と、お話くださっています。

Mさん、愛が大きな人になっています。

 

 

どこか寂しさを感じるところのあるMさんでした。

 

でも、

ご両親の愛を受け取ったことで、

愛あふれる女性に戻られたのですね。

 

 

 

 

 

 

人の記憶って面白いんです。

 

ひとつ思い出すと、

次から次へと思い出していくんです。

 

脳の仕組みなのだそうです。

 

 

なので、「いっぱい愛されていた私」とセルフイメージも変わるのです。

(本来の魂のセルフイメージに戻るのですね)

 

 

 

 

 

 

愛の反対は無関心と言われます。

 

嫌な感情が起こるのなら、それは、愛があるということ。

 

無関心な人には感情は起こりませんものね。

 

 

 

 

嫌いだ!と思うなら、

「こうして欲しい(欲しかった)」という期待(愛)があったのではないかな?

 

 

悲しい、寂しいと思うのは、

それだけ、その人を愛していたからではないかしら?

 

 

 

心に寄り添ってみると、

感じている気持ちの奥に、

そんな繊細な気持ちがあることに気づいていけます。

 

 

 

 

昨日のお話のように、

心が固くなるのは、より大きな愛の持ち主になる魂のトレーニング。

 

 

その気持ちも魂が計画してきているのだとしたら?

 

もしよければ、

心に寄り添ってみていただけたらと思うのです。

 

あなたの愛が花ひらいていきますから。

 

 

 

 

 

 

Mさん、お手紙を書いてみて、

あるルールがあることにも気づかれました。

 

それは、「心配をかけてはいけない」というルール。

 

なので、「心配かけていい。」ルールに変更中です。

 

 

 

なぜなら、「心配をかけても愛されていた。」と思い出したから。

 

心配かけちゃダメと、

ひとりで頑張ることを気づかないうちにしていたMさん。

 

その頑張りは、

人と繋がるチャンスも、

周りの愛情を受け取ることも、

出来なくしていたこと気づかれたのです。

 

Mさんが望んでいた現実から遠ざかることだったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

どうかな?

 

心配かけちゃいけない!って肩ひじ張って無理に頑張ることしていませんか? 

 

心配かけてくださいね。

あなたの周りの人はあなたの役に立てること、

嬉しいことなのですから。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

サポートを望まれる方はこちらを。

個人セッション

 

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。