遊園地 ワクワク波動に一気に戻れる場所

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。

 

今年は雪が多いですね。

皆さんのところはいかがですか?

 

年の初めに、天から地面が揺れるビジョンを見せてもらっています。
その後、火山噴火があり、

今年は、自然災害に気を付けていただきたいと思っています。

 

 

 

 

さて、忙しくて遅くなりましたが、

今日は、満月グループコンサル&個人セッションから、

ワクワク波動に戻ること、お話していきたいと思います。

 

 

 

 

おそらく多くの方が子供の頃に「遊園地のワクワク感」を体験していると思います。

 

 

満月グループコンサル&個人セッションでは、

アトラクション体験をとおして子供の頃のワクワク感を思い出し、

身体のワクワク感覚を取り戻し、

再び、ワクワクできるようになっていただこう、

その意図があり企画したものです。

 

※天の指令でもあります。(笑)

 

 

 

 

子供は、純粋に楽しくてワクワクする感覚を持っています。

 

 

でも大人は、

「怖いな・・」

「高い所は苦手だし・・」

「いい大人が恥ずかしいな・・」と思考(制限の思考)が入ることが多いのではないかな?

 

 

 

そして、

この小さな小さな思考だけど、

この小さな思考の中にある制限に気づいて、

外すこともできたら、

その先の毎日はどんなふうに変わると思いますか?

 

 

 

小さな思考の小さな制限に気づくことは、

自分をもっと自由に笑顔にしてあげるチャンスだとしたら、どう活かしますか?

 

ということなのです。

 

 

 

それは、

 

まだ体験していないのに、先に怖いものと決めちゃっていないかな?

もしかしたら、大丈夫かもしれませんよ。

 

 

高い所が苦手になったのはいつ?

苦手を克服するチャンスかもしれませんよ。

 

 

いい大人だからアトラクションではしゃぐのは恥ずかしいの?

思い切ってはしゃいじゃったら、

どんな自由な心になって、その先にはどんなお楽しみがやって来そう?

 

 

ということでもあるんです。

 

 

 

 

幼い子供は、自分を制限する思考がありません。

 

だから、

純粋に自分の中から湧き出て来たワクワク感に素直に従い行動していきます。

 

だから、屈託のない笑顔いっぱいでいられるのです。

 

 

 

もし、あなたが子供の頃の屈託のない笑顔いっぱいでいられるようになったら、

あなたは、どんな気持ちで日々を過ごしていけるのかしら?

 

 

 

 

満月グループコンサル&個人セッションでは、

この子供の頃の屈託のない笑顔に戻っていただくことをしたのです。

 

天は、この笑顔波動に戻るといいよ~と教えてくれているんですね。

 

 

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

小さな小さな思考の中の小さな制限で、

自分の歓びや望みを叶えないようにしちゃっていること、ありませんか?

 

 

丁寧に自分を感じてあげていないと、

気づかないうちにスルーしていることが多いものなので、

あえて遊園地に行ってみちゃって、

そこで起こる心の動きを感じてあげるとクリアにわかるかと思います。

 

 

ぜひ、遊園地に出かけて、

アトラクションに乗って思いっきりはしゃいでみてくださいね。

 

 

 

 

参加された方々は、

「久しぶりに叫んだけど、気持ちよかった~!」

「胸のつかえが消えてる♡」

「子どもの頃を思い出しました♪」とのことでした。

 

 

そして、丁寧に自分を感じることもその後され、

おひとりおひとりさらにぐっと進まれました。

 

こちらにも書きましたね。

 

 

 

 

 

私個人は、おおいに絶叫し、

子供に戻り楽しみまくりました。

おかげで声が枯れましたが・・

 

 

でも、今もしっかりワクワク感は身体にあるので、

子供のように純粋に楽しむ感覚も取り戻すことができています。

 

 

2018年は、おおいに楽しむ年でもあるので、

この感覚をさらに大きくして、セッションでご提供していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

皆さんもぜひ、遊園地、行ってくださいね。

 

遊ぶことに思いっきり!!!

 

それが、シンクロミラクルが当たり前に連続する周波数に突入するコツでもあるのです。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

個人セッションご希望の方はこちらをどうぞ。

初めての方は、コーチングコースをお勧めします。

個人セッション

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。