幸せである権利。親を捨ててもいい。

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

私は、先ほどセッションを終えたところ。

大笑いで始まって心があたたかくなる楽しいセッションでした~。

 

実は、クライアントさんが明日だと勘違いしていて、

それでふたりで大笑いしたんです。

 

 

セッションスタートの時からみると、

ほんとうに『緩んだね~』って、

几帳面だった彼女が、

日程を勘違いするまで緩んだことが可愛くて可愛くて仕方がなかったのです。

 

 

 

 

でも、完璧主義の人や、時間は守るもの、

人に迷惑をかけるなんてもってのほか!なんて思う人なら、

日程の勘違いを大笑いしあえるなんてことにはならないのではないかな?

 

 

 

とはいえ、私も完璧主義で、時間は守るもの、

人に迷惑かけるなんてダメ!!!!!って見事に思い込んでいる人でしたから、

今回のようなことには不機嫌極まりなくなっていた過去があります。

 

 

良い子でしたから。

優等生でしたから。

 

良い子でいたら、優等生だったら愛されると思い込んでいましたから。

 

 

 

 

 

でも、生きずらさを感じ、

悩んで悩んで、

心の勉強を始めて、

 

 

自分が良いと思っていた「良い子」「優等生」が、
完璧な自分であろうと心を縛ることになり、

生きずらさを作り出していたことに気づいてから、

 

 

とにかく、緩める、緩める、

本来の自分にOKするOKするを繰り返して、

今の天然ボケ連発の私に戻ってこれたのです。

 

 

 

 

天然ボケですから、

時に切符を買うこともできない

(間違える、子供料金でなぜかボタンを押す)、

改札で差し込んだ切符を取らずに行ってしまう。

だから、降りる時に切符がない・・

駅員さんに半泣きで料金を再度払う・・

 

 

やらかします・・

何度も、やらかしてます・・

 

 

 

でも、こんな自分の出来ない事、ドジな事、

OKできて、これも私、これでいい!と笑えるようになった時、

とっても素敵なことが起こりました。

 

 

それは、

 

人のいろんなことにもOKできてる自分が現れました。

 


一緒に、お互いのダメなとこ笑い合えるようになりました。

 

ありのままで愛される幸せな世界に住んでいました。

 

 

 

 

 

 

今日のセッションでは、

「親を捨ててもいいよ。」と伝えていました。

 

 

昨年は、毒親ドラマが流行ったそうですが、

毒親という言葉が生まれて数年、

今では一般的に知られるようになりましたね。

 

 

 

思えば、私の親も毒親だったな~なんて思います。

 

良い子優等生で縛っていたのは、

親に愛されたかったからだと気づいて、

親の存在が苦しくて苦しくて、

親と絶縁していた時期もありますから。

 

 

 

そして、絶縁して親と離れたから、

冷静に親との関係を癒すこともできました。

 

 

親への殺意まで心の中にありました。

そんな自分に唖然として、

でも、そんな自分もOKとしていった先に、

やはりギフトはありました。

 

 

魂のストーリーとして、

親のスピリットが毒親を演じてくれたおかげで、

私は心のこと、愛のこと、魂のことをこれほどに学べたと気づいたのです。

悪役ありがとうと感謝があふれたのです。

 

 

 

 

これらを理解出来た時、

それまで気づかなかった親の愛情に気づけるようになりました。

 

親自身も生きるのが下手だったんだと笑えるようになっていったのです。

 

 

 

 

親のことで悩んでいる人は、ほんとうに多い。

 

あきらかに毒親!って思うケースもあり、

そんな時は「自分の幸せがなにより1番。親を捨ててもいい。」とお伝えして、

私の個人的な経験も赤裸々にお伝えしています。

 

 

皆さん、びっくりされるのだけど、

「そんな私でも笑って話せてるんだから大丈夫!」

そう太鼓判を押すのです。

 

 

 

 

 

もうね、ほんと、大丈夫なんです。

 

もし、死ぬようなことがあっても、

天という故郷に戻るだけだから。

 

 

ほんと大丈夫なんです、この世界は。

 

 

 

あなたには幸せである権利がある。

 

もちろん、不幸である権利もね。

 

 

そして、どうしたいのか?は、自分で決めていいんです。

 

 

 

親を捨ててもいい。

 

施設にいれて面会に行かなくたっていい。

 

それであなたの心が落ち着くなら。

 

 

 

1番は、あなたがどうしたいか?

 

わがままに決めていいんです。

 

人でなしでいいんです。

 

 

 

ここまで自分にOKできると、いっぱい笑えるようになってます。

 

そして、なぜか、外側の状況も変わっていく。

 

そういう世界なのです。

 

 

 

 

 

私は、毒親両親のもとに育ったけれど、

そのおかげで人の心の痛みに共感できるようになりました。

 

どんな人も幸せにしかならないとわかるようになりました。

世界は安全だと信頼できるようになりました。

 

 

 

それは、大きく深い愛を持てたということ。

そして、それはあの両親を選んで生まれなければ持てなかったこと。

 

 

両親のスピリットと決めて来たことは完璧でした。

 

魂のストーリーは完璧だったのです。

 

 

不思議なことに、癒された今は、

嫌な記憶が消えてしまい思い出せないのです。

思い出すのは愛された記憶だけになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

親のことで悩んでいるなら、

 

捨てていいよ。

 

 

親を捨てれたら、
ほんとうはどうしたいの?何がしたいの?

 

 

 

ちょっと自分の本音を聞いてみてください。

 

大丈夫。

この世界は、ほんとうに優しいから。

 

 

 

 

あなたの心が少しでも安心できたらと祈ります。

 

 

 

 

 

31日のお話会、

お話会と言いながらイメージしていたらプチコンサルみたいになりそうです。

 

この世界の楽しみをぎゅっと詰め込んで、

楽しむ方法も体験しつつの時間にしたいと思います。

 

 

考えてるとワクワクが止まらないので、

人生変わっちゃう時間になるかもです。

 

とはいえ、私と出逢うと人生は変わっちゃうので、

幸せに降参してくださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

詳細、もう少しお待ちくださいね。

 

 

 

 

 

個人セッションご希望の方はこちらから。

ソウル・コーチング

 

 

こちらもご参考に。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。