【感情解放】自分を理解する感情解放ワーク

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

さて今日は、感情解放ワークをご紹介していきますね。

 

 

 

 

今年に入って、世界のエネルギーが随分と軽くなってきています。

 

そのおかげで、随分と感情解放が楽にできるようになっています。

 

ネガティブ感情は重いエネルギー。

 

世界のエネルギーが軽くなっているので、

重いエネルギーであるネガティブ感情が手放しやすくなっているのです。

 

軽い自分に軽やかに戻っていける時が来ているのです。

 

 

 

 

まず、ワークをご紹介する前に感情についてお話していきます。

 

 

 

 

まず、感情はエネルギーです。

 

怒りが湧いてくるとパワフルなエネルギーを感じませんか?

 

それは、感情がエネルギーだからです。

 

なので、感情は生き生きさせてくれるスパイスのようなもの。

 

そして、エネルギーなので感じると消えていきます。

 

 

 

 

消える時間は、数秒から数分。

 

実は、感情が起こっている時間は短いのです。

 

※怒りのホルモン分泌は15秒ほどです。

本来、感情のホルモン分泌が終われば、その感情は消えていくのです。

恋愛ホルモンは2年から4年と言われます。

 

 

 

 

 

 

 

幼い子供たちは、泣いたかと思えば笑っています。

感情のホルモンのまま、短い時間で終わっています。

 

でも、成長するにしたがって、

いつまでも泣いていたり、怒りが続くようになります。

 

それはどうしてだと思いますか?

 

 

 

 

それは、成長するなか、

「泣かないように」「怒らないように」と

感情を抑えることを覚えるからです。

 

そしていつしか、感情を抑えることが”習慣”になることも。

 

 

 

 

いつまでも怒りが消えない時がありますが、どうしてでしょう?

 

怒りのホルモンは15秒で終わっているのに。

 

実は、怒りを抑えているからです。

 

抑えてきた怒りが”溜まっている”からです。

 

 

 

 

感情はエネルギーです。

 

湧き上がって来た感情エネルギーは解放するといいのです。

 

 

 

 

でも、子供の頃に感情を抑える習慣を持ってしまうと解放の仕方がわからなくなるのです。

 

抑えて来た感情は心に溜まっているのですが、

身体にも溜まっていきます。

 

筋肉の硬直となり、腰痛や肩の痛みなどになって現れます。

※東洋医学では、感情が内臓に影響し病気を引き起こすとされています。

 

 

 

 

そして、感情は人生の方向を教えてくれるコンパスです。

 

ポジティブな感情だから良いもの。

 

ネガティブな感情だから悪いものということはありません。

 

感情は、何が好きで何が嫌いか、ただ素直な気持ちを教えてくれているのです。

 

 

 

 

人生を好転させたい時、好きと思える方向に進むことが大切です。

 

ですから、ポジティブな感情は、GO ! のサイン。

 

ネガティブな感情は、立ち止まろうのサイン。なのです。

 

ネガティブ感情をコンパスにするには、

感情が起こった理由を掘り下げることで進む方向が見えてきます。

 

 

 

 

たとえば、

ある人に怒ったとしましょう。

 

怒りが起こったので立ち止まります。

 

そして、「なぜ怒ったのだろう?」と怒りの元を掘り下げていきます。

 

すると、怒りの下に「理解してもらえなかった悲しみ」があったりします。

 

 

 

 

悲しみは繊細な感情のなので、

「強い自分でなければならない」と思っていると悲しみの感情は抑え込みます。

 

人から強く見られる怒りで悲しみを現しているのです。

 

怒りの感情を掘り下げ、

 

「理解してもらえなかったから悲しかった。それを怒りで現していた。」と気づけた時、

 

ほんとうの望みは「理解してもらいたい。」

 

さらに、「その人とどうなりたいのか?」と考えてみると、

 

「ほんとうはお互いを理解し合う関係を創りたい」と出てきたりします。

 

 

 

 

ほんとうは怒りたいのではなく、理解されたい。理解し合う関係を創りたい。

 

これがほんとうの望みなのです。

 

怒りで関係を壊すのではなく、

 

理解し合うための行動をするのが望む方向なわけです。

 

 

 

 

感情を掘り下げてみると本当の望みがわかります

 

感情は、進む方向を指し示す人生のコンパスなのです。

 

 

 

 

そしてまた、感情は思い込みも教えてくれます

 

気づかれましたか?

 

上記の場合は、

 

「強い自分でなければならない」が思い込み。

 

 

 

 

では、思い込みを緩めていきます。

 

ほんとうに強くなければならないのでしょうか?

 

強くないと幸せにならないのでしょうか?

 

こんなふうに疑問を投げかけると思い込みは緩んできます。

 

そして、「弱い自分でもいいのかも」と緩むと、

 

無理に強がる自分を演じることはしなくなり、

 

本来の自分らしい在り方で、お互いを理解し合うコミュニケーションが出来るようになります。

(それも自然に)

 

 

 

 

 

 

 

また、ネガティブ感情を抑えていると、

 

ポジティブ感情まで感じなくなります

 

歓びや、やりがい、自分が何が好きで、何がしたいのかもわからなくなるのです。

 

それは、幸せも感じられなくなるということです。

 

 

 

 

そして、パートナーシップでは、SEXのオーガズムも感じなくなります。

 

パートナーシップの悩みの元は、感情を抑える癖であることも多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、感情は人からもらっている場合もあります

( 気づいていない人が多いですが)

 

例えば、

怒った人が部屋に入ってきたら自分もイライラした。

こんな体験、多くの人があると思います。

 

これが、人の感情をもらっている、ということ。

 

 

 

 

私たちの脳神経には、ミラーニューロンという働きがあります。

周りの人の感情や思考を鏡のように真似をする性質があるのです。

 

ですから、近くに怒っている人がいると脳が真似てイライラするのです。

 

 

 

 

また、エネルギーでは、

人からエネルギーが飛んできていることは普通にあります。

(サイキックアタックなど)

 

見えないだけで、人の感情に影響を受けているのです。

 

なので、原因なく感情が変わった時は、人の感情をもらっていると思っていいでしょう。

 

 

 

 

もらったかなと思ったら、こう言ってみてください。

「この感情は持ち主さんにお返しします!」と。

 

自分のものではないものは、お返しすればいいのです。

 

 

 

 

人の感情なので、たとえ解放ワークをしても解放できません。

本来の持ち主に「お返し」でいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

・感情はエネルギー

 

・感情は望みを教えてくれる人生のコンパス

 

・感情は思い込みをおしえてくれる

 

・ネガティブな感情を抑えると、ポジティブな感情も感じなくなる

 

・人の感情をもらっている場合は「お返し」でスッキリ

 

この5つ、覚えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

では、解放ワークのご紹介をします。

 

★注意★

 

感情解放ワークは、自分をより知ることであり心のお手入れです。

ですから、誰かに向けてはしないように。

人に向けると、サイキックアタックになり邪気は自分に戻ってきますから。

 

トラウマの重い方は、専門のセラピストのもとで解放してください。

 

 

 

 

*******

 

【用意するもの】

ノート。ぺン。ひとりになれる空間と時間。

 

 

 

 

① 思い(感情)紙に書き出しましょう

 

心に湧いてくる感情をそのまま書いていきましょう。

 

心に浮かぶ言葉を全て書いて吐き出していきましょう。

 

お腹の奥の罵詈雑言、酷い言葉も書いていいですよ。

 

自己憐憫の言葉も書いてOK。

 

大切なのは、心の中にあるままに書き出していくこと。

残らず全部、外に(紙に)出しましょう。

 

 

 

心のデトックス溜め込んだものをお掃除するつもりで深呼吸をしながら進めてください。

 

ネガティブな感情を否定していると、感情を書き出すことに抵抗が起こります。

 

そんな時は、綺麗になるための心のデトックスお掃除と思ってみると抵抗が和らぐと思います。

 

感情が起こることは、自然なこと。

 

子供の頃の純粋な心に戻ると思ってもいいですよ。

 

 

 

 

感情を解放するコツは、

 

・どんな気持ちも全肯定してあげる。

 

ネガティブな感情を持つ自分をOKしてあげてください。

怒りを出していたら悲しみが・・甘えたい気持ちが・・というようにいろんな感情がでてきます。

それもそのままOKしてあげてください。

あるがままの自分を受容することになるので、安心感と自信が生まれます。

 

感情の層についてはこちらをどうぞ

 

 

・深呼吸をしながらワークしましょう

 

息を吐く時に身は緩みます。

身体が緩んだ時、感情が解放されていきます。
深呼吸をすることで感情は楽に解放されていきます。

 

 

呼吸は浅い方は、呼吸筋のストレッチがお勧めです。
横隔膜や呼吸筋が柔らかくなってくると、
感情が感じやすく、また、解放されやすくなります。 

 

 

 

 

 

そしてもし、書き出すだけでスッキリしない時は、

駄々っ子のマネをしたり、クッションを叩いてみましょう。

 

 

子供の頃に、「イヤだーー!」と叫んで怒ったり、

怒って物に八つ当たりしたり、

床にひっくり返って手足をバタバタさせる駄々っ子、したことありますか?

 

 

あれは怒りの感情を発散させている自然な状態。

感情を解放する、実に良い方法なのです。

 

大人からはお行儀が悪いと怒られるのでいけないことだと思ってしまうのですが。

 

 

もし、スッキリしないのであれば、

駄々っ子になって、身体を大きく動かし感情を解放してみてください。

 

子供の時の我慢も解放され、スッキリすると思います。

 

 

 

 

※子育てで、お子さんが駄々っ子になったら、

「感情を解放しているんだね。」と見守ってあげてください。

解放できれば子供は落ち着きます。

 

そして「ほんとうはどうしたいの?」と気持ちを聞いてあげてください。

ほんとうの気持ちを聞いてもらえ、言葉にしていく体験は、自己受容と自信のある子に育ちますよ。

 

 

 

 

②書き出した紙を見直して、ほんとうの望みを見つけていきましょう。

 

どうして怒ったんだろう?

 

どうして悲しかったのだろう?

 

どうして傷ついたと思ったのだろう?

 

ほんとうはどうだったら嬉しかったんだろう?

 

こんなふうに感情を掘り下げていくと、

 

ほんとうの気持ち、ほんとうの望みが見つかります。

 

そして、ほんとうの気持ち、ほんとうの望みを感じて、自分を抱きしめていきましょう。

 

この時、ネガティブ感情が大切なことを教えてくれたいたと気づけると思います。

 

そして、今後、ネガティブ感情が出て来ても、安心していられるゆようになります。

 

なぜなら、ネガティブ感情は自分をより知ることができるサインだとわかるからです。

 

 

 

③思い込みを緩めていきましょう。

 

ネガティブ感情が生まれる時、制限の思い込みがあります。

 

初めにお話したように「強くなくてはいけない(弱くてはダメ)」と、

 

「~~ではだめ」「~~すべき」といった言葉が出てきたら、それは思い込みです。

 

そして、その思い込みに「それほんとう?」と疑問を投げかけると思い込みは緩んできます。

 

自分を縛る・制限する思い込みは緩めていきましょう。

 

 

思い込みについてはこちらをどうぞ

 

 

 

 

 

最後に、とても大切な事。

ワークをした自分を褒めてくださいね。

 

ネガティブ感情に向き合うのは、大変なことですから。

たっぷりの自分ご褒美もあげてください。

ゆっくりお風呂に入り、十分な睡眠も。

 

セッション前後のセルフケアも参考に。

 

 

また、ワーク中、インナーチャイルドに出逢うこともあります。

もし、チャイルドに出逢ったら、大切に愛してあげてください。

大きな安心が心に生まれてきますよ。

 

 

 

 

 

 

自分のほんとうの気持ち、望みがわかると、

人は、その方向に自然に行動ができていきます。

 

ほんとうの気持ち、望みに向かうのは歓びだからです。

人は、歓びの行動はストレスなくできますから。

 

 

 

 

ワークをしていくと、

怒りの感情は悲しみや寂しさを隠す感情だと気づきます。

怒りは他の感情を隠すダミーなのです。

 

怒りがダミーの感情だと分かると、

怒りを現わす人を理解しやすくなりますから、

コミュニケーションも変化していきます。

 

 

 

 

感情解放のワークは、とてもギフト豊かなワークです。

 

自分をより深く知るために、

心のお手入れに、

自分を愛するためにワークしてください。

 

 

 

 

最後になりますが、

書き出した紙は「マイナスエネルギー消滅」と言いながら縦に破るとお祓いになります。

紙は捨ててもいいですし、燃やすのでも大丈夫です。

※火の後始末はしっかりと

 

 

 

 

書き出した感情は、過去のもの。

すっきり捨てるか燃やすか、手放していきましょう。

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。
お手紙セラピー 

甘えられる人かちゃんと識別しましょう

人間関係を変容させるワーク

 しあわせのヒント集

 

セッションはこちらを。

 個人セッション

 

 

花ひらき、今ここを天国に。