【天音】邪なる己もいいではないか。

 

【天音】

 

邪なる己もいいではないか。

その己さえ許したとき、心は大きく広がりこの世の輝きが見えるものだ。

 

 

・・・・・

 

『身体は感情の増幅器。』神様にそう伝えられます。

 

 

スピリットワールドは圧倒されるほどの無条件の愛の世界です。

 

無条件の愛の世界ですから、怒りや嫉妬や自己憐憫などは体験できません。

それぞれの魂が望む体験をするためにこの世界にやってきています。

 

 

せっかく三次元のここに来たのですから、あらゆる喜怒哀楽を肉体で感じてスピリットの『ワンネス』ではない人間の『個の私』を体験し尽してみるのも楽しいものです。

 

 

仏様の曼陀羅図の中には、中央に仏様が居て、その周りに神々がいます。

けれどよく見ると端には餓鬼も描かれているのです。

 

この世界は、聖なるもの邪なるものがあってこの世界だと表しています。

それはひとりひとりの中にも、その世界を内包しているということなのです。

 

 

 

『邪なる己もいいではないか。

その己さえ許したとき、心は大きく広がりこの世の輝きが見えるものだ』

 

 

 

もし、どんな自分も愛せたら、楽ではありませんか?

すでにここが天国になります。

 

 

まずは無意識にしている自分を責める心に気づくこと。

そして、これからも責めていきたいのか、もう終えていくのか感じてみてください。

気づくと変化が起き始めます。

 

 

私たちは幸せに向かう命なのですから。

邪の心を持っていいのですよ。

 

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。