エゴも私の愛しいひとかけら

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
今日はクリスマスイブ。

 

いかがお過ごしですか?

どうぞ心温まる時間をお過ごしくださいね。

 

 

 

 

さて、先日のブログでエゴの声と魂の声のお話をしたのだけど、
先日のお話のままだとエゴが悪者になってしまいかねないので、
今日は、エゴも愛しい存在だということお話していこうと思います。


実は私も、時にエゴを悪者に見てしまうことがあるのだけど、
そういう時ほど、現実は動きません。

 

 

ほんとうに「自分の心が世界を創造している」を実感させられるのです。
でも、自分と向き合いエゴも愛しい私だったと気づけると、
見事に現実は動きだす。

 

即!ですからこの世界の法則には降参しかありません。



ちょうど私自身の気づきがあったのでシェアしていきますね。

 



********

 

朝、リビングに降り注ぐ陽ざしを見ながら「なんて綺麗!」と思う自分がいて、はっとする。

すでに身近にこんなにも素晴らしいものがあるのにまだまだ受け取っていなかったのだから。

 

 

先日、奇跡のコースを学んでいる方からレクチャーを受け、

久しぶりに奇跡のコースの素晴らしさを実感。

 

 

実は、奇跡のコースは何年も前に手放した学びで、

手放した理由は「綺麗ごとすぎる」と思ったから。

 

 

でもその「綺麗ごと」というのは抵抗でありエゴ。

 

自分が自分に言っていた言葉だったと気づき、

自分を幸せから遠ざけていたのは自分だったとわかりました。

 

 

 

なのでエゴがどうしてそう思うのかと思い「綺麗ごとは悪いの?」と聞いていくと、

エゴは悲しそうにだまりこんでしまいました。

 

 

しばらくして「非難される、イジメられる・・」と伝えてくれました。

神様の愛でいたらイジメられると。。

 

だから怖くて「綺麗ごと」と遠ざけ、

ほんとうの望みを受け取らないようにしていたのだとわかりました。

 

私の幸せは神様の愛に浸っていることですから。

 

 

 

 

エゴの声は巧妙。

だから自分のほんとうの声だと見事に錯覚させられます。

 

 

でも、エゴと向き合ってみると、

それは傷つき怖がっている自分の声であり、

 

自分を必死に守ろうとする声でもあり、

大切な自分をこれ以上傷つけないようにと愛している私でもあって、

 

向き合うほどにこんなにも自分を守ろうとしている自分に気づき愛しくなります。

 

 

 

なので「これまで護ってくれてありがとうね。

もう、頑張らなくていいよ。大丈夫。

怖いけれど神様の愛を受け取っていきたいの。

だから私を信じてくれる?」とエゴに伝えると安堵感が広がりました。

 

広がった私で、さらに受け取ることを許していこうと、

決めることができました。

 

 

 

その後、少しエゴは顔を出すけれど私を信じようとしてくれています。

 

おかげで毎瞬毎瞬、世界の光、愛を受け取っている感覚で居られています。

 

でもまた新たなエゴちゃんが、

教えに来てくれるでしょう。

 

抵抗という姿をしながら「もっと受け取れるよ。」って教えに。

 

 

 

誰にも望むものが得られていないと思うことはあると思うけれど、

そんな時ほど自分の声を聴き、寄り添い、奥にある思いを受け取っていくと、

傷つかないように必死に自分を守るエゴの愛からだったと気づいていくことに。

 

 

そして、エゴという自分がすでに自分を愛していることに気づくと、

望んでいたものが得られても得られていなくとも、

すでに望んでいたものがあったとわかります。

 

なぜなら、誰もがほんとうに望んでいるものは愛だから。

 

 

そして、それを得たくて外に向け「あれが欲しいと」望むのだけど、

実はすでに自分が自分をこんなにも愛していたと気づいていくと、

すでにほんとうの望みは叶っていたとわかる。

 

 

 

外に「愛して!」と望まなくても、
すでに自分がこんなにも深く一生懸命に自分を愛していた。

 

その気づきは、”愛の中にいる”と実感できる自分になっていきます。

 

 

この気づきは何度も体験してきてるのだけど、

何度も体験する必要があるのだろうし、
それだけ、愛がないという幻に迷いこみやすいのだと思います。

 

 

 

綺麗ごとすぎるの言葉は、

愛でいたいのに怖れから抵抗する私の叫びだと今はわかります。

 

 

 

そんな過去の私に気づけて受け取れてよかった。

おかげで愛はいつも私の中にある、

その思いがよりはっきりと自分の中に広がっていて、
またひとつ自分に戻った感覚です。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

この気づきを得て、
エゴはほんとうに私を「もう傷つけないぞ!」と懸命に働いてくれているとわかります。

 

そして、エゴは愛しい私の一部(ひとかけら)なんだと嬉しくなるのです。

 

 

 

エゴの声を嫌わないでくださいね。
エゴの声に耳を澄ませていくと、そこに傷ついた自分が現れてきます。

(インナーチャイルドの場合も)

望みを叶える、
今より幸せになるというのは、

今の場所を離れるということ。

変化するということ。

 

だからエゴは、安全な今の状態に留めようとするのです。

 

望むものは手に入らなくても、

傷つくことにはなりませんから。

 

傷つくというのは過去の記憶からの想像なので、
実際は傷つくことは起こらないですけど。

 

 

 

 

 

エゴと話をしていくと、
エゴの愛に気づいていけます。


こんなにも自分を守ろうとしてくれている自分がいることが、
大きな応援団をすでに自分は持っていたんだとわかりパワーも出てきます。

 

 

エゴを悪者にするか、
エゴを自分を守ろうとする愛しい存在とするかで、
実は、現実創造のスピードも違ってきます。

 

 

それは、愛の波動が幸せな現実創造をするから。

 

エゴは愛しい存在とわかるとほんらいの愛の波動に戻るからなのです。

 

 

 

 

自己受容で、どんな自分も受容していきましょうとお話するのは、
こういうことなのです。




自分と深く向き合っていくと、
望みを叶えないようにしている自分に気づきます。

 

すると、自分が創造主だと思えるようになっていきます。




愛の自分に戻っていきたい方や、

愛にあふれた人生を創造したい方は自分と向き合うことから始めるのが1番だと思います。


よければ私のやり方↑を参考にしてください。

ひとつ解けていくと糸の絡まりがほぐれるように他のことにも気づいていけます。

ひとりでするのは・・という方は、サポートしますので甘えてくださいね。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

*【天音】あらたな愛の世界に
*嫌いな自分にOK
*覚えていないだけ。すでに一生分愛されたあなたです

しあわせのヒント集

 

 

 

 

個人セッションご希望の方はこちらを。
愛の見つけ方からお伝えしています。

ソウル・コーチング

 

 

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。