天国にいる先生へ

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?


今日は蠍座の新月。
蠍座のエネルギーは無意識下にある感情を浮き上がらせる働きをします。


無意識下なので普段は、そんな感情があるとは気づかない感情が出てきます。

毎年、この時期は蠍座のエネルギーが強くなるので、
感情解放やシャドーの統合ワークに適した時期ともいえるのです。




そんな時期だなって思っていたら、
悲しいお知らせが来て、実はこの2日ほど泣いておりました。。


私は心理学を含めいろいろ学んで来ているのだけど、
その中で過去世のご縁もあり、
かつ愛の在り方を生き方として示してくれた先生がいます。


その先生が亡くなられたことを、
一昨日の晩、知ったのです。


まだお若かったので、
亡くなるなんてことは微塵も思わずにいただけに、
突然の訃報に唖然としてしまい、

なにが何だかわからなくなっていました。

 


その後は、気を抜くとただただ涙が出てきて、
まるで子供のようで、自分でも驚いてしまいました。


昨日の晩も、気づけば涙が出ていて、
「こんなにも先生に会いたいんだ。」と感じながら、
先生とのやり取りを思い出し、
教えていただいたことをひとつひとつ受け取り感謝して、
涙があふれる自分もそのまま受容していました。



そして、今朝になって、
自分の中に優しいエネルギーが生まれ始めているのを感じ、
「寂しさを感じ尽くして愛が出てきたんだな」そう思っているところです。





ミディアム(霊媒)ですから魂の輪廻はわかっています。

身体を卒業されただけで、
スピリットとしてお会い出来るのもわかってはいるのだけど、


あの熊のような大きな身体でスキップしたり、

チャーミングにウインクする先生に会うことは出来ないんだと思うと
やはり辛いのです。



身体に居る状態で出逢うというのは、
やはりそこに肌のあたたかさという実体があります。


スピリットで会うのとは違うのです。



身体に居るということの素晴らしさを、
私たちはなかなか気づけないのだけど、

たとえ魂の目的や使命を生きることができなくても、

この身体に居て、
誰かに優しく微笑んだり、

優しく触れたりするだけでも、
自分をちゃんと生かしているのだと私は思います。





先生から受け取ったものがいっぱいで、
今更ですが、どう生かしていったらいいのか悩むのですが、


ユーモアで笑わせること、
チャーミングにウインクすること、

真っ直ぐに愛の目で人を観ること、
ここからお手本にしていこうと思います。




昨日、Facebookに書いたことこちらにも。

********

 

 

昨夜、尊敬する先生が天に召されたことを知り、

今日も気を抜くとはらはら涙がこぼれます。

 

「あなたを誇りに思う。」と背中を押してくれた先生。

熊みたいに大きくて、でもチャーミングで、

真剣な目で私を見つめ、

ほんとうの愛の在り方をご自身の生き方で示してくれた先生。

 

世界中を癒やして回った先生。

私が作ったケーキがお祖母ちゃんのケーキと同じ味だと喜んで、

いっぱい食べてくれた先生。

 

 

もう一度、お会いしてトレーニングを受けたかったけど、

もう叶わないと思うと残念でなりません。

 

涙が止まらなくて、どれだけのものをもらっていたのだろうと感謝があふれます。

 

先生、愛とユーモアとあたたかな応援をありがとうございました。

 

天でゆっくりなさってください。

また未来のどこかでお逢いできるのを楽しみにしています。

 

LOVE

 

 

********

 

 

 

蠍座の新月ですから、
月と太陽からのメッセージ、

今夜になると思いますがアップしていきますね。


 

 

花ひらき、

今ここを天国に。