インナーチャイルド。わかってくれないという思い

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は、先日の「わかってほしいと思うとき」の続きをお話していきます。

 

 

 

 

誰かに「わかってくれない!」

 

と怒りや寂しさが出る時、

 

気持ちを掘り下げていくと

 

インナーチャイルドの声だったと気づくことがあります。

 

大人の自分の「わかってくれない!」もあるのだけど、

 

子供の頃からずっと、

 

「わかってくれない!」と怒り悲しみ、

 

「わかってほしい」と望んで来たことに気づくのです。

 

 

 

 

そしてこれは、

 

良い子、良い人、優しい人であろうと頑張ってきた人に多いのです。

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

子供の頃から、自分の気持ちを飲み込み我慢して、

 

手がかからない子、良い子、

 

優しい子、しっかりした子、

 

してきていませんか?

 

 

 

 

うふふ。

実は、私もそうだったのです。(笑)

 

しっかり者のお姉ちゃん!

 

頑張ってしていました。

 

ずっと、何十年も。

 

 

 

 

でも、ある時、気づいたんです。

 

しっかり者じゃない!

 

泣き虫で弱いのに、頑張って隠して、しっかり者を演じてた!って。

 

 

 

 

もうね、ポロポロポロポロ涙が出て止まりませんでした。

 

それぐらい我慢して、本来の自分じゃない自分を演じてきていたわけです。

 

何十年も演じていたので、

 

しっかり者が本来の私だと思い込んでもいましたから。

 

何十年分の我慢が、一気に出てきたのです。

 

 

 

 

しっかり者のお姉ちゃんを演じていたので、

 

自分のニーズ・望みは後回しにしてきました。

 

でも、そのことにさえ気づいていませんでした。

 

お姉ちゃんだから、そうするものでしょ!と思い込んでいるから。

 

 

 

 

でも、心の奥にいる自分は不満です。

 

不満が積み重なっていくのです。

 

顔はニコニコしているのだけど、

 

心の中はニコニコじゃないんです。

 

怒りや寂しさや空虚感、虚しさでいっぱいなのです。

 

 

 

 

そして、「わかってもらえない!」と心の中で思い続けていたのです。

 

 

 

 

心のお勉強を始めて、

 

自分と向き合っていくうちに、

 

大人の私の「わかってもらえない!」は、

 

子供の頃からの声だったと気づけたのです。

 

 

 

 

そして、私と同じ人が、実に多いことにも気づいたのです。

 

 

 

 

良い人だな~、優しい人だな~と思う人の何割かから、

 

インナーチャイルドの声が聞こえるからです。

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

わかってもらえない!

 

わかってほしい。

 

もし、こんな気持ちがあって、

 

誰かにぶつけたくなるなら、

 

それは、子供の頃からの我慢かもしれません。

 

インナーチャイルドの声かもしれません。

 

 

 

 

前回のお話のように、

 

まずは、自分で自分の声を聴いてあげる、

 

自分のほんとうの気持ちを自分が受け取ってあげる、

 

ここから始めてみてください。

 

 

 

 

誰かにぶつけると、

 

関係を壊してしまうこともありますから。

 

インナーチャイルドに寄り添うことおから始めてみてください。

 

 

 

セッションはこちらから。

個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。
しあわせのヒント集

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。