わかってほしいと思うとき

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。


皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

昨日は、ブログを2つもアップしました。
なんだか書きたい波が来ていますのでこのままいきますね~。


さて、昨日はネガティブ感情やシャドーを解放していくことお話したのです、
お読みになってどんなことを感じましたか?


何かしら感じることがあったなら、
じっくりと感じてみることお勧めしたいと思います。




というのは、

思ってもないほどに

私たちは、自分の心の動きを感じられていないのです。

 

 

心の動きを感じられていないと、幸せを創ることから遠ざかります。

 

 

 

 

なので、
何か心に 違和感があれば 感じてみる。

「私は何を感じているの?」

そして、感覚や感じていることをノートに書き出していくと、

「あっ!こういうこと感じていたんだ!」と気づいていける。


心は面白いもので、
書き始めるといろいろ出てくるんです。



なので、出てくるのかな?って不安に思っても、
とりあえずペンとノートを手に書き始めてみてください。
大丈夫。

 

 

 

 

 

このノートに書いてもらうのは、
クライアントさんのお勧めしている方法なのだけど、



書いていくうちに、
怒っていたと思っていたのに、
実は、分かり合えない寂しさがあったと気づいたり、



書いていくうちに、
もしかして、相手はほんとうはこう思っていたのかもと、
喧嘩した相手を違う視点から観られるようになったりと、

 



書くことで気持ちが落ち着くのはもちろん、
自分や相手をより理解できるようになるので、
私は、自分を愛する方法のひとつだと思っているのです。


なので、セッションスタート時には、

クライアントさんにお気に入りのノートを1冊用意してもらっていますよ。






よく「わかってもらえない!」とご相談があるのだけど、
お話を聞いていると、

まずご自身がご自分を分かっていないことに気づきます。





自分をわかるというのは、

怒っていたと思ったら、

実は、理解し合えない寂しさを怒りにして相手にぶつけていた。

このことを知るということ。

それは、

表面的な自分ではなく、

本音のところの自分をちゃんと知ってあげるということ。

 

 

自分が自分の本音を知ってあげているって、すごく幸せになることなんです。

なぜなら、自分が自分を知ってあげていないことが、怒りや寂しさになってもいるからです。

 

 

それに、本音がわからなければ、
自分の望む幸せの方向がわからなくなって迷子になっちゃいますから。






なので「わかってもらえない!」と思うときは、

自分が自分をわかってあげられていない ということ。

 

自分を大切にしなさいよ~のサイン。



誰かに「どうしてわかってくれないの!」と怒りや寂しさを感じたら、

どうぞ、自分をわかってあげてください。

 

大切に大切にしてあげてください。



その感情の下にある本音に気づけた時、感情は静かに納まっていきますから。

そして、その本音をどうしたら叶えていけるのか考えてみてください。

「私にできることは何?」と。



もしかしたら、

恥ずかしさを超えて「理解し合いたい」と相手に伝えることかもしれません。

 

自分のほんとうの幸せ、叶えていきましょうね。

 

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。
しあわせのヒント集





花ひらき、

今ここを天国に。