【お勧め本】ゲド戦記。シャドーは受け入れた時、光に還る

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

 

愛溢れる心優しい皆様、
こんにちは。


いかがお過ごしですか?


気温がぐっと下がり雨が続いていますね。
秋が深まる時の気候だな~と、
外をほっこり眺めています。




クライアントさんとのやり取り(メールフォロー)をしていて思うのは、
皆さん、ほんとうに凄いな!素晴らしいな!ということ。


それは、見失っていた愛や幸せに気づかれて、
見事なほどに幸せへの道を歩いて行かれる。


その真っ直ぐな皆さんに感動するんです。



そして、この愛や幸せに気づくか気づかないかの違いは、
見たくないと避けてきたことを見られるかどうか、
嫌ってきた感情を受け入れられるかどうか、だとも思っています。

 

というのは、見たくないと避けてきたところ、
嫌ってきた感情に、ギフトが隠れているからです。





私は『ゲド戦記』の1巻「影との戦い」が好きなんです。

 

 

※ゲド戦記は何年か前にジブリアニメでありましたが、

原作の内容とはかなりかけ離れたものになっていました。

とはいえ、ジブリアニメのゲド戦記も好きですし、原作を映像化はかなり難しいと思います。

 

 

 

 

ゲド戦記の一巻は、
魔法使い見習い少年ゲドが自分の心の闇を統合するお話なんですが、

統合するまでの心の葛藤の描写が素晴らしく、
多くの方に読んでもらいたいと思うものなんです。

 

 

 

ゲドは初め、自分を追ってくる影が自分の心が生み出したものとは気づきません。

 

影は、逃げても逃げてもゲドを追ってきます。

 

すると次第に、影は自分が生み出したものだと気づいていくのです。

 

そして、逃げるのをやめ、最後に「おまえは私」と抱きしめるのです。

 

 

 

 

この最後の「おまえは私」と闇を抱きしめる場面が大好きなんです。

 

誰もがどこかで、自分の闇に気づきながらも見ないふりをしているのではないでしょうか?

 

でもそれが、幸せにあと一歩なれない原因なのではないかと。

 

なぜなら、闇であっても自分です。

 

自分をまるごと愛せないのですから、
それが心の欠けとなるのではないかと思うのです。

 

 

なので、ゲドが闇にむかって 「おまえは私」と抱きしめるのは、

自分を丸ごと愛することであり、
それが出来た時の深い安堵は如何ばかりかと思うのです。

 

 

 

 

 

この物語はユング心理学の人の成長を物語にしています。

 

自分の心の闇を「おまえは私」と受け入れ抱きしめることが青年期。

 

 

青年期の課題が闇の統合だとすると、

青年期をずっと過ぎた時期に闇の統合をした私って幼いな・・と。
恥ずかしくなります。

 

 

でも、遅かったけど、

抱きしめられてよかったと思います。

 

なぜなら、今、こんなに自分を好きだからです。

 

 

 

 

 

ネガティブ感情も感じれば消えていきます。

 

自分の嫌いなところも「それも私」と受容していくと、

何ともいえない深い安心感が生まれます。

 

 

 

 

ネガティブは受け入れたときに力を無くす、ということ。

 

闇は光に還る、ということなのです。

 

 

自分の中に闇は本来、無いのでしょうね。

 

自分の嫌いなところも、
見方を変え愛していくと、
魅力になっていきますから。 

 

 

 

 

 

 

ネガティブな感情はいけないもの。

 

こんな酷い私はダメ。

 

そう思い、ネガティブ感情を嫌ったり、

頑張ってコントロールするほどに心は苦しくなります。

 

 

 

 

そして、嫌いコントロールすることにエネルギーを使いますから、

望むものを現実化することにエネルギーが使えません。

なので、望みが叶わないのです。

 

 

 

 

心の闇、シャドー。

 

自分には無い!と否定される方もありますが、

誰しも持っているのです。

人間ですから。

 

 

そして、闇・シャドーを受容できることは、

そのままの自分を愛せること。

 

その人の輝きが増すことは当然なのだと思います。

 

 

心の仕組みもそうなっていますしね。

感情解放で受け取るギフト

感情解放の方法 

 

 

 

ゲド戦記の本を読みながら、ご自身も丸ごと愛してあげてくださいね。

 

図書館にも置いてあると思います。

ぜひ、手にしていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

こちらも合わせてどうぞ。
しあわせのヒント集

 

 

サポートご希望の方は

個人セッション

 

 

この記事は、2年前の記事に大幅に加筆修正してお送りしました。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。