嫌いな自分もOK.そのままの自分にOK

 

 

花ひらき、

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

9月も半ば。
明日は、乙女座の新月ですね。

 

 

星を読む方々が、
とてもパワフルなエネルギーの新月だと伝えてくださっていて、
私自身も、大きく変わる時が来ているのを実感しています。




変化の前には必ず「カオス」の時期があるので、
状況が混沌としたり、

感情が溢れてきたり、
体調を崩すということが起こります。


 

秋になって気温が下がってきたこともありますから、
どうぞ身体のケア、心のケア、
そして、

混沌とした状況にはハートの声を聴き、

自分を信頼すること大事にしてくださいね。

 

ハートの声は、幸せを教えてくれるものですから。

 

 

 

 

 

さて、心のケアをしてくださいと書いたのだけど、
心のケア、なさっていますか?

 

 

セッションをしていて、
殆どの人にお伝えするのが、

 

ネガティブな感情が湧いてきてもいいということ。



だって、自然に湧いてきてしまうのだから止めようがありませんから。

 

でも、そのネガティブな感情を持ってはいけない、感じてはいけないと、
責めたり、何かで誤魔化したり、蓋をして押さえ込んだりしている。

だから、いつまでもスッキリしないし、愛を感じることができない、のです。





私は、自分を愛してくださいね、とお伝えしているのだけど、

 

自分を愛するというのは、

このネガティブな感情が湧いてきたこともOKしていきませんか?ということなんです。

 

 

 

先日のブログで、
私自身、大きな悲しみを解放して、
さらにその先のシャドーを統合したとお話したのだけど、

シャドーの私は、それは酷いですよ。(笑)




せっかくだから、感情の層のお話も少ししましょう。

以前のブログから転載しますね。

感情はこのように↓層になっています。

 

 

********

 

 

【 心の構造 】仮面の下には、いくつもの感情が層になってあります。

 

 

《 仮面 》

 「いつも笑顔の良い人」「素敵な人」

(他には、良い娘、良い妻、良い母、綺麗な私、かっこいい私等々)

 

 

 

《 怒り 》

 

 

 

《 寂しい、悲しい、構ってほしい 》 

 

 

 

《甘えたい、頼りたい、弱音を吐きたい 》 

「甘えたい、頼りたい」の気持ちの下は、潜在意識にあるドロドロな気持ち。
いわゆるシャドーというもので、多くの人が気づいていない無意識にいる自分です。

 

 

 

《 シャドー 》無意識にいる自分

ドロドロした醜い気持ち。   

惨め。陰湿。恨み辛み妬み。  

強欲、わがまま高慢。
巧妙な策略家。

 

 

そして、この見たくない自分の先にあるのがギフト・賜物です。
シャドーの自分を解放し受容していくとギフト・賜物が開花していきます。

 

 ↓

 

《 ギフト・賜物 》

自由な私。情熱的な私。才能あふれる私。   

女神性。セクシャリティ。天真爛漫さ。
女性性開花。男性性開花。

深く豊かな愛。カリスマ性。
成熟したリーダーシップ。
寛容性。慈愛。

 

 

※詳しくはこちらを。

 

 

 

* * * * 

 

 

 

先日、私は父を思い出して悲しみがこれでもかとこみ上げてきました。
(亡くなってちょうど1年だったからでしょう)

 

一晩中、涙が溢れ嗚咽するほど。

 

そして、父に甘えたかった、頼りたかった、というとても弱い私が居ることを見つけたんです。

 

 

今までにも見つけて、その度に受容してきたのですが、
親子ですね。


亡くした寂しさは、まだまだ心の中にあったわけです。
それだけ、父を愛していたからでもあるのですが。。

 

 

 

そして、甘えたかった、頼りたかった弱い自分も感じ、
その自分を両手で抱きしめながら愛していきました。


すると、なんとも惨めな感情(シャドー)も出てきて、
また、それがなんとも惨めで辛くて。。


でも、そんな私も私なんだな、、と、

「惨めな私でもいいよ。そんな私も私だもの、大好きだよ。」って声をかけられて、
すると、ふ~~~と身体の奥が安堵してあたたかくなって、
涙が止まり、その後は、とても安心して眠れたのです。

 

 

 

 

 

私自身、年齢を重ねて、いろいろな体験を重ねたことで見えてくるものがあり、

自分って、なんて不完全であり、弱いのだろうと思うのです。

 

そして、感情を受け入れることを重ねたことで、

不完全さも弱さも受容できるようになり、

それが、心の安らぎを作り出し、

 

人への思いやりや愛を作り出していることを実感しているのです。

 

 

 

 

サイキックだから、完璧なように思われがちですが、

特別なことなど無く、不完全で未熟で弱いのです。

 

 

そして、今日、お話したような体験を経て、人生と世界の見方を愛へと変えてきているのです。

 

 

 

 

私がお伝えしたいのは、

 

どんなあなたでもOKということ。

 

 

不完全で未熟で間違いもおかす弱い存在が私たちだということ。

 

完璧な人などいないのです。

 

そして、それでいいのです。

 

 

 

だから、そのままの自分にOKして、

 

そこから、「ほんとうはどうしたい?」とハートの声を羅針盤に進んでいけばいいのです。

 

 

 

 

実は、甘えたかった自分にOKをしたら、

「甘えなさい。甘えられると嬉しいのよ。」と、

 

思ってもいない方に言われることが起こりました。

 

まさか!という方から。

 

 

そして、天からは「世界に甘えなさい。我が子よ。」と言われたのです。



 

自立しないといけない。

 

頑張らないといけない。

 

結果を出さなければいけない。

 

自分軸を持ってないといけない。。。。。

 

 

こう思って、甘えたい頼りたい弱い自分に蓋をしてダメをしていませんか?


どうぞ、そのままの自分にOKして、

抱きしめてあげてくださいね。




天からは、「素直に甘えるから与えられる。」とも言われました。


 

変わることは頑張ることではありません。

そのままの自分にOKして、軽くなり、枠を広げていくことです。

 

甘えること、頼ることをOKして、大きく受け取っていくことなのです。


どうぞ自分に優しく、そして、自分の純度を上げていってくださいね。

 

この世界は優しく甘い所ですから。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。
しあわせのヒント

しあわせのヒントページを活用していますと言ってくださる方が多くて、
感動しています。



どうぞ、ワークなども何度もしてみてくださいね。
私自身も、感情解放お手紙セラピーを今もしています。

心に向き合うことが、愛に戻れるからなんですね。

 

 

 

 



花ひらき、

今ここを天国に。