幸せな人間関係の秘訣。苦手な人が大好きな人に変わってしまうのです

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は、幸せな人間関係の秘訣をお話していこうと思います。

 

人間関係のお悩みは多いです。

 

そして、多くの方が、こういう人は苦手だな~ということあると思います。

 

そしてまた、その苦手がひっくり返るような(大好きな人になる)ことも実は起こるうるのです。

 

そんな体験してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

クライアントさんのおひとりに上司の方が会社で1番苦手という方がいました。

 

なので、「その人のどんなところが苦手ですか?」とお聴きしたのです。

 

すると、「 目の奥が笑わない感じ 」と。

 

そして、その目を見ると、怯えてしまい、言いたいことが言えなくなっていたそうです。

 

 

 

 

私は、このお悩みにあることをしていただきました。

 

すると、わずか数週間で上司との関係は激変。

 

会社で1番苦手だった人が1番信頼出来る大好きな上司へと180度変わってしまいました。

 

 

 

 

今日は、その あること 皆さんにご紹介していきますね。

 

クライアントさんにご了承いただいたので、メールをそのまま掲載させていただきます。

 

Aさんありがとうございます。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

彼が嫌いではないし、

 

いいところがあるのもわかってるんですが、

 

頭のキレるビジネスマンであり、

 

目の奥が笑わない感じのする、一見温かみのない人です。

 

でも、ほんとはそんなことなくて、

 

実はすごく臆病だから牽制してるだけなのもどこかでわかってるんです。

 

表には出さないけど、愛のある人なのもわかってるつもりです。

 

でも過去何年かの付き合いの中で傷ついたこともあり、

 

言い返すのが苦手なわたしは、彼の前では昔は今よりもっと怯えていました。

 

 

 

 

********

 

そして、このお悩みにした私のお返事は。

 

********

 

 

 

 

上司の方のこと、Aさんはよく理解できています。

 

そしてね、Aさんは傷ついたかもしれないけど考えてみてもらえる?

 

Aさんならできるから、提案しますね。

 

目の奥が笑ってない人って他にも世の中にいますよね。

 

でも、赤ちゃんで目の奥が笑ってない子はいないわよね。

 

どうして、彼らは目の奥が笑わなくなったのかしら?

 

にこにこしてたはずの赤ちゃんが、

 

大人になる間に何があって、

 

目の奥の温かさを無くすのかしらね。

 

Aさんだから、考えてみてもらいたいと思います。

 

 

 

 

********

 

そして、Aさんからこのようにお返事をいただきました。

 

********

 

 

 

 

いただいたメール、落ち着いて、お部屋で考えてみました。

 

目の奥が笑っていない人。

 

愛が足りていないんだと思います。

 

子どもの頃に、たっぷりの愛情を感じられなかったとか、

 

大人になって人に裏切られたとか、どこかで人が信じられない。

 

信じることへ怖さがある。

 

こころを解放できない人だと思います。

 

ありのままの自分を愛されていると感じられない。

 

ありのままの自分を解放できない。したことがない。

 

根本は家族、特にご両親との関係で愛情が足りなかったのかなと。

 

 

 

 

********

 

 

初めのメールに書かれているように、

Aさんは上司の方の良い所もちゃんと観えていました。

 

でも、目の奥が笑っていない

そう感じたことで、Aさんは、その人の良い所より苦手な所に意識が向いてしまい、

怯えるという反応をしていました。

 

 

 

 

良い所 < 悪い所

 

悪い所にフォーカス。

 

怯えるという反応。

 

 

 

 

なので、なぜ、目の奥が笑っていない人になったのか?

 

その人の歩んできた人生・背景を考えてもらったのです。

 

 

 

 

なぜなら、人は言わないだけでそれぞれの人生という物語があるからです。

 

冷たい人は、生まれた時から冷たい赤ちゃんではないのです。

 

冷たくなってしまったのには、そうなる理由があるのです。

 

 

 

 

私たちは、おうおうにして、その人の一面だけを見て、

 

「この人はこういう人」と決めつけてしまいます。

 

だけど、その決めつけは、ほんとうにその人を理解してのこと?ということなのです。

 

そして、その決めつけで、人間関係を幸せでないものにしていることが多いのです。

 

なので、一側面の見方から、人生の物語という見方をしていただいたのです。

 

 

 

 

人生の物語と言う見方をしていただいてから、Aさんと上司の方の関係は激変していきました。

 

上司の方から、今までにない優しい応援メールを出張先にまで送ってこられたり、

ありえない!と思うサポートをしてくださったりと、

数週間の間に、まったく違う信頼関係を築かれたのです。

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、「この人はこういう人」という一側面だけの見方をしてます。

 

これは、その人に向けてそのエネルギーを注いでいます。

 

そして、注いだエネルギーと同質の現実を創造することになります。

 

 

 

 

そしてまた、その人のこれまでの人生物語で見ていくと、

 

それまで気づけなかったその人も見えてきて、新しい見方になります。

 

殆どの方が、人生物語で見ると、優しい見方・愛の見方でその人を見るように変わられます。

 

それは、相手の人に愛を注ぐことになり、愛の現実を創り出すことになるわけです。

 

 

 

 

その時にAさんに送ったメールも載せますね。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

Aさんが、上司の方の生きてきた物語にまで考えることができたので、

 

Aさんの気持ちが変わり、

 

上司の方との間に流れるエネルギーが変わり、

 

彼の優しい心遣いの場面にもAさんは気づけました。

 

これは、Aさんが上司の方に向けて発していたエネルギーが変わったので

 

彼のエネルギーも変わったんです。

 

人間関係は、エネルギーで見ると化学反応と似ているんです。

 

 

 

 

********

 

 

人間関係は化学反応です。

 

こちらの見方が、相手との関係を創造しています。

 

なぜなら、現実を創造しているのは自分ですから。

 

現実を創造している自分が発するエネルギーが変われば、現実は呼応して変わるのです。

 

 

 

 

 

幸せな人間関係の秘訣は、

 

この人はこういう人という『一側面の見方』から、

 

この人は、どういう人生を経験してきた人なのだろう?と『人生の物語という見方』に変えていくこと。

 

 

 

 

 

苦手だと感じる人。

 

その人が人生でどんな経験してきたから、その苦手な面を持つことになったのか?

 

考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

Aさん、初めは転職をお考えでした。

 

でも、今では、新しいプロジェクトを任され生き生きと働いていらっしゃいます。

 

さらに、「あなたがいると安らぐ」とまで言われ、皆さんの癒しの存在にもなられています。

 

辞めたいとまで思っていた会社が、幸せな居場所に変わられたのでした。

 

 

 

セッションはこちらを。
個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。