甘えられる人かどうかちゃんと識別しましょう

 

 

花ひらき

今ここを天国に。 

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

少し間が空いてしまってごめんなさいね。

 

実は、フィットする言葉がなかなか出てこなくて、

 

何度も書いていたんです。。

 

 

 

 

さて今日は、前回のお手紙セラピーのお話の続きです。

 

 

 

前回の最後に、

 

甘えることを許すと、

実際に「甘えてみよう!」と行動に移したくなります。

その時に気を付けること、お話していきたいと思います。

 

 

こう伝えしたのだけど、

あなたは、「甘えよう」と思った時、
どんな人に甘えていますか?

 

ちゃんと甘えられる人かどうか識別すること意識していますか?ということなのです。

 

 

 

お手紙セラピーでは、

お母さんへの気持ちでお話しましたが、

 

 

お母さんに「甘えたかったんだ・・」って気づくと、

甘えたい気持ちを満たそうと「お母さんに甘えよう!」と行動していく人が多い。

 

 

 

でも、その時に、

ちょっと待って!なんです。

 

 

あなたのお母さんは甘えることを受け入れることができる人ですか?

 

もし、今も甘えることを受け入れられない人ならば、

子供の頃と同じ痛みを受けかねない。

 

 

 

 

心身の不調を抱えていたり、

経済的な悩みがあったり、
介護など、すでに誰かの世話で疲弊したいたり、

プライドゆえに、あなたを傷つけたこと認めたくなかったり、

 

こういったことがあるのなら、

自分のことでいっぱいいっぱいです。

 

人の甘えを受け入れる余裕はないからです。

 

 

親も同じ未熟な魂なのですから、

こういうこともあって当然なんですね。

 

 

 

 

 

お手紙セラピーをすると、心の余裕が生まれます。

ネガティブ感情に引っ張られることが無くなるからです。

 

 

自己愛が育ちますから、

相手の状況をちゃんと観て、

甘えられるかどうか『識別』できるようになっていきます。

 

 

 

なので、「甘えたい」と思ったら、

 

その相手の状況をちゃんと識別することにもトライしていってください。

 

 

 

識別というと、

とってもクールな感じがするかもしれないけど、

 

感情に翻弄され動くのではなく、

経験からの智慧でハートから動いていって欲しいからです。

 


幸せを創造(クリエイション)するのは自分です。

 

だから、
智慧を活かし、ハートから動いていくことが望むものが創造(クリエイション)できるからです。

 

 

 

 

 

幸せは、人とのご縁が運んできます。

 

どんな人と縁を結んでいくことが、

あなたの望む幸せを創造(クリエイション)できますか?

 

 

ご縁もまた、自分の望むものを引き寄せることできるのですから。

 

 

 

 

 

お手紙セラピーのお話では、お母さんを入口にしました。

 

それは、お母さんとの関わりで生まれた気持ちが、

身近な人との関わりに大きく影響しているから。

 

身近な人が、新たなご縁を運んできてくれる人。

 

幸せの鍵が、お母さんとの関わりの中にあるため入口にしてお話したのでした。

 

 

 

 

 

縁には良縁と悪縁があることは多くの人が知っているのだけど、

 

人との縁を結ぶ時、
意外と無意識に縁を結んでいるように思います。

 

 

 

 

 

もし、お母さんが甘えられる人になっているのなら、

甘えてみていいと思います。

 

 

でも、お母さんにはその力がないと判断したら、

私が「子どもの私」のお母さんになって甘えさせてあげてください。

 

 

この作業は自己愛を育てますから、

幸せな引き寄せ体質を作りますよ♡

 

 

 

そしてまた、お母さんではないけれど、

お母さんのように思える先輩女性や、

この人なら大丈夫と思える人がいたら、

お母さんの代わりに甘えさせてもらうという選択肢もおおいにありなのです。

 

 

素直にお母さんに甘えたいな~って思ってると、

お母さんの役を引き受けてくれる魂の仲間を引き寄せますしね。

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは、

甘えを優しく受け止めてくれる人に甘えるということ。

 

ちゃんと識別しましょうね、ということ。

 

 

 

自分の中の「子どもの私」の声を聞いていくと、

「子どもの私」は満たされ、成長していきます。

 

 

すると、

ちゃんと識別できて、

相手を観ながらハートからコミュニケーションができるようになっていきます。

 

 

識別できるので、 

この人とは距離を取った方がいいな、

この人は大丈夫だから甘えさせてもらおうというように、

人との距離も上手に取れるようになります。

 

 

 

親との関係も、心地いい距離がわかるようになっていきます。

 

親は親、私は私と心の「自立」が出来ます。

 

親以外の人とも、心地いい距離感がわかるようになっていきます。

 

自分の心を満たすのが上手になります。

 

 

 

モヤモヤイライラが無くなっていきます。

 

気づく力、受け取る力が育ちます。

 

与える力も育ちます。

 

なので、人間関係の悩みが消えていきます。

心地いい自分でいられるので、自然に幸せの波に乗っていけます。

 

 

 

 

 

 

これを実践された皆さんの多くが、
最後には、相手への感謝のお手紙を書かれています。

 

感謝のお手紙は出してもいいのではないかな?

 

相手が受け取れる人なら。

 

 

 

途中の酷い言葉のお手紙は、
燃やして天に帰していくことお勧めします。

 

火は、ネガティブエネルギーを昇華してくれますから。

 

 

 

 

 

どうぞ、お手紙セラピーで心軽やかになって、

笑顔がいっぱいの人生をクリエイションしてくださいね。

 

 

 

お手紙セラピー、今回はお母さんを入口にしましたが、

お父さんやパートナー(別れた彼)など、

すっきりしない気持ちを便箋に受け取ってもらってもらいましょうね。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

お手紙セラピー

お手紙セラピー ステップ編

子供の頃のワクワクを取り戻そう

母の日。素直に感謝できなくても
不安な気持ちで行動しない

 

 

しあわせのヒント集

 

 

 

重いトラウマがある方には、この方法はお勧めいたしません。

トラウマ専門のセラピストのもとでケアなさることお勧めいたします。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。