ワクワクの原点。子供の頃のワクワクを思い出す

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

GWが始まりましたね。

どんなGWにしたいですか?

 

 

 

 

私は、人込みが苦手なこともあり、

お家のことを楽しもうと思っています。

 

 

サイキック・HSPは人混みが苦手です。

いろんなエネルギーが混在するので疲れるんです。

サイキック・HSPアルアルです。(笑)

 

 

 

 

さて今日は、子供の頃のワクワクを思い出すことお話していこうと思います。

 

 

 

 

ではまず質問です!

 

子供の頃、

 

どんなことにワクワクしていましたか?

 

どんなことに熱中しましたか?

 

どんな物が好きで集めていましたか?

 

本・アニメ・映画は何が好きでしたか?

 

 

 

 

思い出しましたか?

 

思い出したら書き留めてくださいね。

 

そして、思い出せない時は、ご両親や兄弟などに聞いてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃のワクワクは、あなたのワクワクの原点です。

 

純粋ピュア100%のワクワクです。

 

心から夢中になれるもの。

 

本来の自分に戻してくれるもの。

 

幸せの方向を教えてくれるものなんです。

 

 

 

 

人間の記憶は面白いのです。

 

ひとつ思い出すと次々思い出します。

 

「あっ、あれも好きだった。そういえばあれも。」なんて感じで次々と。

 

そして、思い出すうちにハートがあたたかくなって、ワクワクし始めていくのです。

 

 

 

 

時々、「ワクワクがわかりません・・」そう言われる方があるのですが、

 

この子供の頃にワクワクしたことを思い出していくと、

 

ワクワクの感覚が蘇ってくるんです。

 

実は、ワクワクの感覚が無くなったわけではなく、

 

大人になる過程で使わなくなってしまっただけ、だからです。

 

 

 

 

 

 

そして、思い出した子供の頃のワクワクしたことを、

 

大人になった今、もう一度してみるといいんです。

 

身体を動かし、手を動かしていくことで、

 

さらにいろんなことが思い出され、ワクワクの感度がクリアに戻ってくるからです。

 

というのは、すごく楽しくインナーチャイルドが癒されて笑顔になるからです。

 

 

 

 

 

実は私、子供の頃に大好きだった苺のチョコを買ってみたことがあるんです。

 

今もスーパーに売ってはいるのだけど、

 

懐かしいなと思いつつ買うことはなかったんです。

 

「大人の私はこっちのチョコよね」と思っていたので。

 

 

 

 

でも、あえて買って食べてみたんです。

 

すると箱を開けて懐かしい苺の香りとあの味が口に広がったとたん

 

「きゃーー♡♡♡」

 

一気に子供の頃に感じていたワクワク嬉しい♡♡♡感覚が蘇ってきたんです。

 

 

 

 

そして気づいたんです。

 

大人の私がワクワクだと思って選んでいたものは『違う!』と。

 

いろいろな不純物(思考)が混じったワクワクだったと気づいたのです。(T_T)

 

 

 

気づいて腑に落ちました。

 

一時はワクワクするけどワクワクが続かないのは純粋なワクワクじゃないからだと。

 

 

 

 

 

私たちは大人になる過程で、

 

「もう子供じゃないんだから。」

 

「もう大人なんだから、大人らしいものを選ばなきゃ。」

 

「これを選んだら褒められるかな?」

 

こんなふうに自分の基準ではなく外側からの評価で決めるようになっていきます。

 

 

 

 

これが、純粋なワクワクの感覚を忘れてしまう原因なのです。

 

それがいつしか、

 

「自分が好きなものがわからない」

 

「人生の進む方向さえもわからない」状態を作り出していくのです。

 

 

 

 

私は、苺チョコを皮切りに、

 

子供の頃に好きだったものを再体験していきました。

 

ダンスをしてみたり、

 

色鉛筆で絵を描いたり、

 

洋服のデザインをしてみたり、

 

大好きだった本を読んでみたり、

 

子供用のプラスチックのブレスレットをつけてみたり、

 

大好きだったアーティストをYoutubeで見つけて聞いてみたり。

 

 

 

 

さらに、子供の頃に禁止されていたこともしてみました。

 

買い食いですが・・(笑)

(お腹が弱かったので買い食い禁止だったんです)

 

 

 

 

これらをひとつするごとにワクワクが蘇ってきて、

 

どんどんエネルギーが大きく高まっていきました。

 

自分のワクワクの感覚は、すっかり戻ってきました。

 

 

 

 

そして気づいたのは、大人になったからといってワクワクするものは同じということでした。

 

同じなんですね、ワクワクするものの質が。

 

そこに気づいたら、偽物のワクワクに惑わされることは無くなっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクすることをしよう!と、よく言われます。

 

そのせいでしょうね。

 

「ワクワクがわからない」と落ち込む人も多いように思うのです。

 

 

もし、ワクワクがわからなくなったいるなら、

 

子供の頃に夢中になっていたこと、好きだったことをもう一度してみてください。

 

 

思い出せていきますから。

 

大丈夫ですから。

 

そして、ハートがあたたかくてご機嫌な自分になっていきますよ。

 

ぜひ楽しんで思い出してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。