子供の頃のワクワクを思い出す

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

GW始まりましたね。

どんなGWタイムにする予定ですか?

 

 

私はというと、人込みが大の苦手。
子供の頃は、人に酔うことが多く真っ青になっていたことも。

 

 

今は、そこまでではありませんが、

やはり多くの人の中にいるのは疲れます。

 

なので、
こういった時期はお家で自分の大好きなことをすること決めていますよ。

 

 

同じように人に酔う方もいると思います。

どうぞ無理をしないで、自分1番で心地いい環境に自分を置いてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

いろいろな方とお話していて思うのは、
GWだからどこかに旅行にいかなきゃと思っている人が多いということ。

 

 

旅行会社などの宣伝から、
GW=旅行と思い込んでいるのかな?

 

 

 

 

そして、セッションでは、

「ひとりで居ると寂しい人って思われていないか気になります。」と言われる方も。

 

 

もしかして、
ひとり=孤独って思っていますか?

 

 

 

そんなふうに感じます。

 

SNSや、多くの宣伝情報からそう思い込んでしまっている可能性ありませんか?

 

いかがでしょう?

 

 

 

 

 

私たちは、気づかないうちにこういった思い込みを持ってしまっています。

 

なので、自分のほんとうの気持ちを感じていないと、
まわりから受け取った情報に流されることになり、

(エネルギーもふわふわゆらゆらと安定性がなくなります)

 

 

 

それが、

いろんなことをしているのに満たされない・・

その時は楽しいけど、やっぱり満たされない・・

という状態を作り出しているのです。

 

 

 

特に、先日お話した

自分の言葉を飲み込んだり、

感情を抑える人は、この傾向が強いようにも思います。

 

 

 

当てはまるかも・・という方は、

GWは、少し人から離れてみて、

自分がほんとうに好きなこと心地いいことを思い出す時間にしてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

例えば、

子供の頃に好きだったものを思い出し、

ノートに書き出してみたり。

 

 

 

子供の頃に好きだったものは、

自分のほんとうの好きや心地よさで選んでいるので、

あ~、私これが好きだった~♪なんて、純粋な好きの感覚が蘇ってきますよ。

 

 

 

 

人間の記憶の仕組みは、

ひとつ思い出すと、

つぎつぎ思い出していくもの。

 

 

思い出すたびにノートに書いて、
子供の頃大好きだったもののリストを作ってみるのもお勧めです。

 

 

 

 

そして、子供の頃好きだったことを実際にしてみるのもとてもいいんです。

 

好きだった音楽を聞いたり歌ったり、

楽しくなってきたらスキップしたり踊ったり、

また、お花を摘んでみたり、

懐かしいお菓子を買って食べてみたり。

 

 

ノートに書くだけでなく実際に行動してみると、

当時のワクワクする感覚がクリアに蘇ってくるんです。

 

純粋なワクワク感覚を取り戻せるのです。

 

 

 

 

 

 

実は私、

ある時、ふと閃いてこれをしてみたんです。


小学校の頃に好きだった苺のチョコを買って食べてみようって。

それまでは、スーパーで見ても懐かしいね~と思うだけで買わなかったんです。

 

でも、あえて買って食べてみたら、

もう一瞬でふわ~と当時の嬉し~~いって感覚が蘇ってきたんです。

 

 

さらに、大好きだったイギリスのバンドの音楽をYoutubeで探してみました。


すると、なんと!発見!当時の映像と音楽があったのです。
びっくりしつつ聞いてみると、一気に当時の超超ワクワクが蘇ってきたんです。

 

そして、メンバーがおじさんになってて

びっくりでした。(笑 当たり前ですよね)

 

 

 

密かにこんなことしてるんですよ。

笑えるでしょう。(*^^*)

 

 

 

 

そして、この子供の頃の好きの再体験で、

私は私の好きなもの心地いいもの幸せになるものがよく分かるようになりました。

思い出したというほうが合ってるかな。

 

 

私たちの好きや心地いい、

ワクワクや幸せという感覚は、

実は、子供の頃から変わらないのだと思います。

 

 

 

大人になるうちに、

もう子供じゃないんだからなんて手放して、

大人に相応しいものを選んでしまいがちだけど、

心の中には純粋な子供の自分がずっと居てくれています。

 

 

その純粋な子供の自分の感覚を大人になっても持っていることが、

幸せの近道なのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

ひとりの時間は孤独な時間ではなく、

自分の幸せを満喫する時間で豊かな時間。

 

 

そして、私はこうやって自分を満たせるので、
それが逆に、とても心地いい人間関係が作れる基になっているのだと思います。

 

 

 

 

 

ターシャ・テューダの言葉に、

 

 

『私は、社会通念より自分の価値観に従って生きるほうを選びました。

だから、面白くて充実した人生を歩んできたのだと思います。』

 

 

こうターシャは言っていて、

 

価値観は、自分の好き心地いいというもの。
だからこそ、

それを大切にしたターシャだからこそ、

彼女の生き方やライフスタイルに多くの人が魅了されるのだと思うのです。

 

 

 

 

 

ひとりの時間は豊かな時間です。

 

どうぞ、あなたの好き・心地いい・幸せの感覚を思い出し大切にしてくださいね。

 

それが、幸せの波に自然に乗っていくことにもなりますから。

 

 

 

 

 

 

こちらもよろしければ。

*春待ち月の設定
*どんな場所があなたの心地いい場所ですか?
*幸せでないものを自分の世界に入れていませんか?

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。