子供の頃に別れたお父さんと25年ぶりの再会へ。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

皆さん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

 

今日は、とっても心温まるご報告をいただいたのでご紹介させていただきますね。

 

この方は、子供の頃にご両親の離婚でお父様と別れてしまったのだけど、

今回、25年ぶりに再会をされ、その報告をくださったのです。

 

 

 

初めてのセッションで「お父さんはいません」と言われたのだけど、

私は「いないなんて言ってはいけないわよ。」と断じさせていただいたのです。

 

 

そして「お父さんはあなたをしっかり愛しているわ。

ただ大人の事情でお母様と別れなければならなかっただけよ。

産まれた時、お父さま、男泣きする程喜んだわよ」とお伝えしたのです。

 

 

それは、25年会っていないけど、

彼女にはちゃんとお父様の愛情が送られていることが分かったから。

彼女が産まれた時の光景など見えたからなのです。

 

 

エネルギーを読めば分かるのです。

親の愛情が流れ込んでいるのが見えるのです。

 

 

 

そして、これは多くの親がそうなのだけど、

子供の事を思っていない親はいません。

 

愛情表現の上手下手はあるのだけどね。

 

 

 

なのでもし、親と別れていたり、
なかなか上手く親子関係が持てないと悩んでいても、

大丈夫、あなたは愛されていますから。

 

 

 

では、ご報告を読んでみてくださいね。

あなたにも、幸せな奇跡が起こると思いますよ。

 

 

 

 

 

********

 

 

 

直子さん〜♡こんにちわ。

 

落ち着いてやっと報告できる時間が訪れました☺

 

 

 

先日の父との時間、、、

想像もしないほど、穏やかで幸せな時間でした♡

 

 

直子さんが「大丈夫よ」と何度も言ってくださったことが背中をおしてくれたし、

ありのままの私で会うことができました。

ほんとうにほんとうに、ありがとうございます♡

 

 

 

 

会うまでは朝からそわそわ、

何話そうかとか、

第一声はなに?とか思ったりしてたんです。

 

 

 

飛行機乗りながら、なんだか不安になってきて、

そしたらふとYちゃん(亡くなった友人)が頭に浮かび、

誰よりもこの再会を喜んでくれるのはYちゃんなのにな。

報告したいなーと涙が溢れました。

 

 

 

でもその時、これはきっとYちゃんからのメッセージなんだなと思いました。

大丈夫だよってきっと言ってくれてるし、見てくれてる気がしました。

 

 

そしたら目の前に、天使のように大きな羽をもった雲が現れて、

やっぱりそうなのかなーと思いました^ ^

 

 

 

 

会った瞬間、父はもっと緊張してぎごちないんじゃないかと不安だったのに、

すごくいい意味で力が抜けてて、

2人とも自然体で、心地よく、予想しない穏やかさにすごく安心しました。

 

 

 

白魚の踊り食いをして、2人で話に夢中になって、

私がお酒を飲めることにも驚いていましたが、

母も父も強いので「やっぱり家系だね〜 」と笑ったり。

 

 

 

 

「なんで会いにきてくれたの?」という話になり、

 

わたしは正直に

「一度も会いたいと思ったことはなかったけど、

本当はお父さんに会いたい気持ちがあるのに、

お母さんのためにもそれを封印していたことを ある人が気づかせてくれた。

 「会いたい」タイミングであえて本当に良かったし、

わたしも大人になったから、こんな風に会えるよ」と伝えました。

 

 

父も「連絡くれて嬉しかった。自分からは連絡してはいけない気がしていて。」と言っていました。

 

 

 

何より嬉しかったのは、母との若い頃の思い出や馴れ初めを、

楽しそうに話してくれたことです❣️

 

私は若い頃の母にそっくりらしく「似てるね〜」となんだか嬉しそうで。

 

 

父と母は7歳も歳の差があったので

『付き合うときにはお母さんから「こんなおじさんと付き合うなんて思ってもみなかった」なんて言われちゃったんだよ〜』と嬉しそうに笑っていました。

 

 

 

 

「お母さんの明るくてあっけらかんとした雰囲気がそっくり。性格も似てるんじゃない?」と

一瞬で見抜かれました(笑)

 

 

父は、母・私・妹をしっかり愛してくれていたんだなーと感じ、

とても嬉しく思いました。

 

 

 

「こんなところがいけなかったのかね〜。小さなことの積み重ねかね〜」なんて、

父が言ったりするので、「いまさら〜!」っておもわず突っ込んじゃいました(笑)

 

 

 

良くも悪くも鈍感な人で、母は感性が違いすぎて、

一緒にいることを選べなかったのかなーとか考えたりしましたが、

 

 

 父は父なりの愛で私たちを包んでくれていたこと

当時の母にはそこから旅立つことも必要なことだったのかな。

 

 

この人と一緒に生きてたら、きっと全然違う人生だろうし、

それができたことは、ママにとってよかったねと思います。

 

 

 

 

父は再婚したのちにまた離婚し、もう15年近く、父と父の母と二人暮らしだそうです。

 

子どももいなくて、私と妹だけだそうで、意外でした。

 

父は腰が悪く、その影響で片足をひきずっていて、

それでもまだ配達の仕事で忙しくしているそうで、心配でした。

 

 

 

 

食事を終えると、まだ時間が早かったこともあり、

父の幼なじみのバーに行きました。

(私がいい大人で話しやすくて、一緒にバーに飲みにいけると思ったみたい)

 

とてもアットホームなバーで、

私と父のことを同じように喜び感動してくれ、みんなで楽しく飲みました。

 

 

 

 

父は歌がうまいと評判だそうで、

昔から加山雄三に似てると言われてたし、

私も加山雄三を見ると、幼心に父を思い出してたんです!

 

歌声もそっくりで、すごく素敵な歌だったので、思わずこっそり録音しました(笑)

 

 

 

タクシーで送ってもらい、手を握って、本当はハグしたかったけど恥ずかしくてできず、、

別れてからもすごくしあわせな気持ちでした。

 

 

 

 

 

父からの愛がこんなにちゃんとあったことを感じ、

すごくすごく深い部分から癒されるのを感じます。

(つぎの日、愛宕神社になんとなくお礼を言いたくて愛宕山に登り、昨日の感謝を伝えました。)

 

 

それから今にいたるまで、父に今でもまたすぐ会いたいし、

録音した歌声を聞いたり(笑)、お父さんのことがもう今では大好きになっちゃいました。

 

 

母にも報告し、父とのことを受け入れてもらえると、心から安心して涙が溢れました。

今は、早く妹を会わせてあげたくて仕方ないです。

 

 

これからたまに父に会いに行ったりしたいなーと思って、

もっと近くにいられたらいいのになーと思います。

 

 

 

 

子どもの頃の私が喜んでます!

 

「お父さんお父さんー!!」

とたくさんたくさん甘えたかった子どもの頃の私が、

今、心の中でやっと「お父さんお父さん!!」って

無邪気に呼んだり叫んだりできてます。

 

 

 

 

深い深い癒し、

こんな日が訪れるなんて、

直子さんにお会いするまでは夢にも思いませんでした。

 

 

本当はすごく求めてた父親からの愛に気づき、

これからはたくさん受け取っていけること、

そして父の先祖から守っていただいてることを感じながらこれから生きていけること、

もっと世界が変わりました。

 

 

 

本当に本当にこころから感謝です。

直子さん、ほんとうにありがとうございました♡

 

 

 

 

********

 

 

 

ほんとうに嬉しいご報告をありがとうございました。

 

 

25年、封印してきたお父様への気持ち。

そこに向き合ったいくこと、ほんとうは怖かったのではないかと思います。

 

でも、私の「お父様へお手紙を書いてください。」ということにも素直に行動してくださいましたね。

 

Yさんがあっという間に今回の奇跡ともいえる再会を実現できたのは、

自分のほんとうの思いに向き合っていかれたからです。

 

 

そして、お父様に会いに行かれたことで、

長年の辛い思いからお父様自身も解き放たれましたね。

 

おふたりが、そして、ご家族皆さんが愛を感じられてほんとうによかったです。

 

 

 

お手紙は、実際に出すものではなく、相手への気持ちを書くだけのものです。

でも、不思議と”便箋に手紙という形で書く”と素直な気持ちが出てくるのです。 

 

 

 

 

 

私たちの本質は愛であり、

世界の本質も愛です。

 

 

愛を受け取っていこうと決めるならば愛に戻れます。

 

愛に戻り愛で行動していくならば、

望むことが思ってもないような形や、驚くようなスピードで叶っていくのです。

 

 

 

そして、今、このお話を読まれているあなたも、

読んでいるということは同じように愛に戻る人。

 

幸せが驚くように叶っていく人でもあるということなんです。

 

 

 

愛を感じ受け取っていきましょうね。

 

 

 

 

 

Yさんはセッションご感想もくださっています。

合わせて読んでみてください。

●ますます自由になっていくんですね

 

 

 

 

昨日の再掲載したお話もそうでしたが、

家族というのは近い関係だけにいろんな気持ちが動きます。

なかなか素直に話せないものです。

 

 

 

でも、ちゃんと愛はありますから。

取りこぼさないように。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。