あなたはいつも幸せの流れの中にいます

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

日に日に、春めいてきています。
芽吹きの時は、世界に生命力がみなぎっていて、
私たちも知らず知らずにエネルギーをもらっています。

 

桜の開花もあと少しのようですし、
エネルギーをいただきに自然の中に出かけてみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

さて、昨日のお話にご感想メールをいただきました。

私のこの言葉に涙が出たそうなのです。

 

 

***

 

夜、眠い目をこすりながら、

あなたにミルクをあげ、おしめを替えてくれた人は誰なのですか?

 

***

 

 

涙が出たというのは、愛に気づかれたからですね。

 

よかった。

 

 

そして、今まで気づかなかった愛に気づけたのですから、
大切なことを心で見られたということ。

 

これから さらに愛に気づいていかれると思いますよ。
いっぱい受け取っていってくださいね♡

 

 

 

 

 

私自身も、今、姪っ子の赤ちゃんのお世話をしながら、
両親がこうやって私にミルクをくれたんだ、

おしめを替えてくれたんだな~なんて、
想像しては、胸の中がふわっとあたたかくなっています。

 

 

そして、天国の両親に「ありがとうね」って呟くんです。

 

 

 

 

姪っ子も、
「私はこうやって母や直子おばちゃんに手伝ってもらえてるけど、

母も直子おばちゃんもひとりで子育てしたのよね?

大変だっただろうなって思う。感謝してます。」って言うんです。

 

 

(伝えてくれてありがとう。

こちらこそ、あなたとチビちゃんにいっぱい幸せをもらっていますよ。)

 

 

 

 

私も、今思えば息子をよく育てたと思います。

そして、しんどい・・って思うとなぜかサポートしてくれる人が現れたり、

子育てに悩んでいると、ほっとする言葉をかけてくれる人が現れたりと、
いつもいつも何かしらの助けがあって ここまで来れたとも思います。

 

 

ひとりで子育てしたのではなくて、
いつもいつもサポートしてもらって、

いつもいつも助けられていたのです。

 

 

 

 

 

私たちの人生って、

ひとりで生きているような気持ちでいるけど、

 

実は、多くの人に助けられて生きていると思うのです。

 

 

そしてまた、逆に自分が誰かを助けることもあって、
お互い様の助け合い支え合いをしながら生きているのだと思うのです。

 

 

 

 

恩送りという言葉があるのだけど、

私が両親から受け取った無条件の愛を息子に送り姪っ子に送り、
今は、姪っ子のチビちゃんにも送り、
必要としている人に出会ったら、またそこでも送る。

 

 

そしてこれは、今も世界中で起こっているし、
過去もずっと人は営んできていると思うのです。

 

 

 

 

残念ながら、傷つけたり奪ったりということもこの世界にはあります。

国家レベルでは、紛争も起こっている。

 

 

けれど、

その反面で、

ちゃんと恩送りも愛情を与え合うことも私たちの世界にはあるのです。

 

 

 

 

では、自分はどちらの生き方(世界)を選ぶのか?とハートに問うならば、

 

恩送りや愛情を与え合う自分で在りたいなと思うのです。

 

それが、私の幸せであり、

私を愛してくれた両親にとっても幸せだろうなと思います。

 

 

 

 

 

 

あなたが辛い時、助けが欲しい時、
助けてくれた人や優しい言葉をかけてくれた人がいたと思います。

 

もしかしたら、厳しい言葉であなたに気づかせようとしてくれた人もいたかもしれませんね。

 

今だから気づけることがあるのではないかしら?

 

 

 

 

私たちは、いつも幸せの流れの中にちゃんといます。

 

気づけていけるかどうかだけなのですね。

 

 

 

どうぞ、こころでみてくださいね。

 

あなたのこころはその準備ができていると思いますよ。 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。