不安な気持ちで行動しない

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

今日は、昨日のお仕事のお話をもう少ししますね。

 

お仕事を辞めたくなったり、他のお仕事に変わりたいと思う時というのは、

何かに悩んでいて、その悩みを解消したくてという場合と、

この仕事は十分にやり尽した卒業だと感じてという場合があります。

 

 

 

後者の、やり尽した卒業だと感じる時、充実感や達成感などの満たされた感覚があります。

この時は、新たな場所に動いていいんです。

 

それは、充実感や達成感などの満たされた感覚だから。

 

 

 

見えない世界の法則で、

『同じ波動が共振して引き寄せられる』を思い出してもらうとわかると思いますが、

 

 

充実感や達成感などの満たされた感覚であれば、

充実感や達成感などの満たされた現実を引き寄せるのです。

 

 

 

でも、前者の何かに悩んでいて、その悩みを解消したくてという場合は、

悩みですから、怒りや悲しみ、焦燥感や不安などの感覚があるはず。

この感覚がある時に動いても、怒りや悲しみ、焦燥感や不安などの現実を引き寄せる。

 

 

見えないだけでエネルギーの世界ではこういったことが働いているんです。

 

 

 

 

そして、昨日もお話しましたが、

悩むというのは幸せのステップアップだということ。

 

 

ちゃんと乗り越えられることしか起こらないですから、

悩みに向き合っていくことが大事なのです。

 

 

 

悩むというのは、本来の自分でない自分でいるから起こることでもあるので、

悩みに向き合うというのは、自分の枠を外し、心を自由にしてあげること。

 

 

必ず悩みのもとになっている心の枠があるので、

それに気づいていけばいいのです。

 

 

そして、枠を外せたら、

もう同じ悩みは起こってこないのですから。

 

このことを知ったら、向き合ってみよう!って思えるのではと思います。

 

 

 

 

 

赤ちゃんや小さな子が悩むことはありません。

 

それは、自由な心のまま、ありのままの自分でいるからです。

 

 

泣いていたかと思っていたら、次の瞬間笑ってて、

喧嘩していたかと思えば、もう仲直り。

 

あれが、枠を持っていない、ありのままの生き方です。

 

子供達は、私たちの先生です♡

 

 

 

 

 

そして、私たちも本来はあの姿。

 

ただ、成長する中で枠を取り込んでしまっただけ。

 

このお話「調子に乗りましょうね」がそうでしたね。

 

 

 

悩みは、この取り込んでしまった枠に気づくために起こるギフト。

 

自由なありのままの自分に戻っていきましょう。

 

悩みが、「あれ?何に悩んでたっけ??」ってことになりますから。

 

 

 

 

 

 

お仕事を例にお話しましたが、それ以外も全て同じです。

 

怒りや悲しみ、焦燥感焦燥感や不安な時は、

そのままで自分に寄り添い心の中を観ていきましょうね。

 

 

 

観るというのは、観察ということ。

心の中にある思いに気づいていくこと。

ノートに思いを書き出してみるといいですよ。

自分の心を文字にすることで、より自分をわかってあげることができますから。

 

 

 

そして、悩むというのは素敵な自分になろうとするからでもあるので、

そんな頑張り屋な自分に「よく頑張ってるね」とよしよしヾ(・ω・`) してあげてくださいね。

 

 

友人が、お風呂の中で自分を抱きしめてるって教えてくれました。

私もよくやっていますよ♡

 

 

自分に優しくすることも大事

覚えておいてくださいね。

 

 

あなたは大丈夫ですから。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

  

 

 

花ひらき

今ここを天国に。