調子に乗りましょうね

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしですか?

 

 

 

さて今日は、幸せの流れに乗れなくなる理由をお話したいと思います。 

 

幸せの流れは、誰にでもちゃんとあります。

そして、

ある心でいると幸せの流れにスムーズに乗れるのだけど、

ある心になると幸せの波からズレたり落ちてしまうんです。

 

 

気づいていますか?

これは、幸せの流れに乗っていける心だ、これはズレていく心だなって。

 

 

 

先日、セッションで

「調子に乗っていいですよ~♡」って

クライアントさんにお伝えすることがあったのだけど、

 

 

調子に乗るって、幸せの波に乗れる心なんです。

でも、調子に乗っちゃいけないって無意識に思って自分を抑えている人多いんです。
(私もそのひとりだったんですけどね 笑)

 

 

 

子供の頃に

 

「お行儀よくしなさい」

「調子に乗りすぎるな」

「ちゃんとしなさい」

 

なんて親から怒られた経験があると、

怒られないようにとはしゃいだリウキウキする自分を抑えてしまう癖ができてしまうんです。

 

 

良い子、頑張る子をしてきた人ほど、

親が喜ぶようにと本来の自分を抑えてきています。

 

ありのままの自分ではダメだから、

親が望むような自分になろうとしてきていることが多いのです。

 

 

 

「調子に乗らないように」と自分を抑えている人の中には、

お友達から「あの子、調子に乗ってるよね」なんて言われたことから、

いじめられないようにと、自分を抑えてきた人もいると思います。

 

 

 

実は、私にもこの経験があって、

それは従妹のお姉ちゃんだったのだけど、

大好きなお姉ちゃんたちと久しぶりに遊んでもらって大はしゃぎしたら言われました。

世界が一瞬止まったようなショックだったこと覚えています。

 

 

まだ幼稚園だったのだけど、

この時のことは鮮明に記憶に残っていて、

大好きだったお姉ちゃんに言われたからショックも大きく心に入ってしまったのです。

 

 

※親自身も「調子に乗ってはいけない」と思っていると子供にも制限します。

また、子供でもすでに制限を持っていると、他の子に同じように制限するようになるのです。 

 

 

 

そして、誰もが似た経験を一度はしているのではないかと思います。

 

 

どうでしょう?

思い当たることありますか?

 

 

 

もし、調子に乗っている人を見てイライラするのなら、

似たような経験があり「調子に乗ってはダメ」と自分を抑えているはず。

 

人に思うことは自分にも思っていますから。

(投影という心ですね)

 

 

 

 

自分を抑えてるな、

ありのままの自分ではダメだと思っているな と感じたら、

「調子に乗っていいよ~♡」って自分に言ってあげましょう。

 

 

そして、「でもやっぱり調子に乗るなんて・・」って思いが出てきたら、

「そう思う自分もかわいい♡」ってヨシヨシしてあげてくださいね。

 

 

 

 

自分を解き放ってあげるのは自分。

だけど、すぐに解き放つことは難しいこともあります。

 

そんな時は、ゆっくり少しずつでいいので、

自分が楽で心地いいと感じることを実践してみてください。

 

 

 

 

幸せの波になかなか乗れないなら、

ありのままの自分を抑える心がどこかにあるはずです。

 

気づいて、「もういいよね♪」ってゆっくり優しく緩めていってくださいね。

 

 

緩めていくにつれ、幸せの流れに乗っていけるようになっていますから。

 

 

 

 

 

世界は自分の鏡。

「調子に乗っていい」って自分に許可がおりると、

不思議なぐらいに「調子に乗るな!」って批判する人がいなくなります。

そして、「いい感じだね~♪」なんて褒めてくれる人が現れます。

 

自分の心の中でしていることが、外の世界で起っているのですから。

 

 

自分が世界の創造主。

気づいていきましょうね。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。