幸せ純度を上げる方法

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

今朝は、「人は幸せにも不幸にも慣れてしまう」

そう天からメッセージが降りてきました。

 

それ以外にも溢れるほど降りてきたのですが、
それはまたおいおいお伝えしますね。

 

 

 

 

週の初めに、

「人は幸せにも不幸にも慣れてしまう」メッセージ。

 

 

どうやら、

慣れてしまっているものがないか疑ってみなさいということのようです。

 

慣れは、停滞を作り出しますから。

 

 

 

停滞は、

現状に慣れてしまって、

感謝と改善をしなくなるのが原因。

 

 

感謝はプラスのエネルギー。

改善はマイナスをプラスエネルギーに変換すること。

 

このふたつをしないとエネルギーは滞るのです。

(滞りはいずれ淀んできます)

 

 

 

 

以前、友人が言った言葉に「なるほど!!!」と気づいたことがあります。

 

それは、

「こんなハイテクなトイレを無料で使える日本って凄い!」という一言。

 

 

言われて、目から鱗が数枚落ちました。

 

最近は、公共の施設でも気持ちのいいおトイレばかり。

なので、それが当たり前だと慣れて、

凄い!とも嬉しい!とも感謝もしなくなっていたな・・と。

 

 

それからというもの、

おトイレに行くたびに彼女の言葉が思い出され、

「ハイテク凄いな~有難いな~」とニコニコしてしまいます。

 

 

 

 

 

日常を丁寧に見回してみると、

凄いことや嬉しいことや感謝なことがいっぱいあります。

 

知らないうちにいっぱい恩恵を受けています。

 

 

そして、目に見える恩恵はもちろんだけど、

人とのご縁や友情、家族の愛情といった目に見えないものは特に、

あって当たり前になり感謝を忘れてしまっていることも多いもの。

 

 

 

 

 

また、何か不満があって「こうだったら」と望んでいても、

「まあ、今のところ支障はないし、まっいいか」

「大変そうだな」なんて先延ばししたり妥協したりもあるものです。

 

 

ほんとうはおしゃれなお洋服が着たいけど・・と思いながら、

今の服でまっいいか なんて。

(子育て中の私です。男の子の子育てだから動きやすいのが1番って言い訳してました。。)

 

 

また、人間関係の悩みがあるけど不満を言うだけで改善の行動はしていなかったり。

健康の為に、食習慣を変えた方がいいとわかりながらもしていない なんてことも多いものです。

 

 

不幸(不平不満)もまた、

日常の中で慣れてしまうもの。

嘆いたり不満は言うけど、変える行動を実際にはしないのです。

 

 

 

 

 

幸せも慣れてしまって「嬉しいな」「感謝だな」を忘れがち。

 

また、

不幸も慣れてしまって「こんなもんだ」「いまさら」になりがち。

 

それが、停滞の原因になっているのです。

 

 

※エネルギーが多い人は、停滞を退屈に感じドラマチックな問題を作り出す傾向があります。

 

幸せが退屈になるのです。

 

 

 

 

「人は幸せにも不幸にも慣れてしまう」

 

慣れてしまっていることないか疑ってみましょう。

 

 

側にある幸せに慣れて嬉しいや感謝を忘れていないか、

 

こうなったらいいなと思いながら先延ばしや妥協していないか、疑う。

 

 

しっかり現実を見ることは、

幸せ純度を上げていくことになりますよ。

 

 

 

 

 

メッセージは皆さんへであり、私にもです。

今週は、現実をしっかり見て、疑って、

変える行動をして幸せ純度を上げていきます。

 

 

なんだかワクワクしてきました。

どんな変化が来るのかな。

 

 

 

ご一緒に幸せ純度アップの一週間にしましょう。

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

しあわせのヒント集

  

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。