魂の導きに。。

 

 

花ひらき

今ここを天国に。

 

 

Facebookに書いたものをこちらにも。

 

 

***

 

 

今日は、白山神社にお礼を申し上げに。

 

東海地方は、霊山信仰が盛んな土地でした。

私の祖父は、霊能者であり霊山信仰のリーダーでした。

祖父は「心に何かある者は最後まで登れない。天は見ている。」とよく言っていたと母から聞いています。

 

 

お天道様は見ている、ということですね。

(お天道様も見ていますが、1番は自分が見ています。)

ここ という所は非常に厳しい人だったようです。

 

私にはにこにこ笑っていた祖父しか記憶はないのだけど…。

 

 

時間は巡り、

祖父から三代目の私は母の反対を受けても

「母が受けた辛さを体験する時代ではない。時代は変わったのだから。」と

サイキックである自分で生きることを決めました。

 

お母さんごめんね。

同じような辛さに合わせたくないからだものね。

あなたが受けた辛さ、わかります。

でも、時代は変わってる。

そして、神様と話すのが何より至福で、魂の導きはこの道に私を戻すの。

 

 

今日は、白山神社のくくり姫さまがあるご縁を結んでくださりお礼申し上げに。

 

神社の中の木が「私に触れなさい。両手でしっかり感じなさい。」と。

その瞬間、身体中に大地の気が巡り全身を浄化してくださり感謝しかありませんでした。

 

桜の木でした。

いつも桜の木に助けられます。

前世サクラノヒノミコの頃からのご縁です。

 

 

 

八百万の神々を信じ導かれてきた国。

この国を選んで生まれてきた意味が今はよくわかります。

この国ほど護られた地はないのです。

 

 

感謝と共にこの身体を大切に導かれるままに。。

 

今年は、どんなご縁と繋がらせて頂くのか楽しみです。

感謝。

 

愛と光を送ります。

 

 

***

 

 

白山神社は、霊山信仰の神社だそうです。

伺ったのは、地元の白山神社です。

室町時代からのお社です。

 

 

 

 

あなたが平安の中に居れますように。

 

 

 

 

花ひらき

今ここを天国に。