感情の22段階 心地いい私に戻る方法

 

 

花ひらき、今ここを天国に。

 

愛溢れる心優しい皆様、

こんにちは。

 

いかがお過ごしですか?

 

 

 

 

今日は、引き寄せのエイブラハム情報に、

とても分かりやすいものがあったのでシェアしていきますね。

 

 

 

 

それは、感情を22段階に表してあり、

感情がわかれば、どのレベルのエネルギー(波動)を出しているかがわかるもの。

 

引き寄せの法則は、

「出している波動と同じ波動のものを引き寄せる」のですから、

 

望むものと同じ波動を自分が発していれば、望みは惹きつけられてくるわけです。

 

逆に言うならば、

いくら望んで願っていても、

望むものと同じ波動を発していないならば、現実化しない・・ということなのです。

 

 

 

 

では、まずは感情の22段階を見ていきましょう。

 

その後で、望みを叶える方法、お話していきます。

 

 

 

 

********

 

 

 

 

【 エイブラハム 感情の22段階 】

 

1.喜び/智/溢れる活力/自由/愛/感謝

 

2.情熱

 

3.興奮/没頭/幸福感

 

4.ポジティブな期待/信念

 

5.楽観

 

6.希望

 

7.満足

 

8.退屈

 

9.悲観

 

10.フラストレーション/イライラ/我慢

 

11.圧迫感

 

12.落胆

 

13.疑念

 

14.心配

 

15.自責

 

16.挫折感

 

17.怒り

 

18.復讐心

 

19.憎しみ/激怒

 

20.嫉妬

 

21.不安(身の危険)/罪の意識/無価値

 

22.恐怖/悲嘆/憂鬱/絶望/無能

 

 

※小さな数字の感情ほど軽いプラスエネルギーです。
大きな数字の感情になるほど重いマイナスエネルギーです。

 

 

********

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

あなたは、どの感情を持つことが多いですか?

 

そして、その感情レベルの人や出来事を引き寄せていないでしょうか?

 

 

 

 

エイブラハムは、人は1の喜び・智・溢れる活力・自由・愛・感謝の状態で生まれて来ていると言います。

 

これは、ほんとうにそうだと思います。

 

なぜなら、赤ちゃんや幼い子供の発するエネルギーは、

とてもクリアでパワフル。

 

まさに私たちの魂の「源」の1エネルギーそのものだからです。

 

 

 

 

実は、誰の中にも1レベルのエネルギーがあります。

たっぷりと。

源ともいつも繋がっています。

 

ただ、ちょっとしたことで1レベルからズレてしまっているのです。

 

 

 

 

そして、こんな経験はありませんか?

 

小さな数字の感情の時、

源と繋がっていると安心を感じたり、

頑張らなくても物事がスムーズに進んだり、

望んでいたことが不思議なほど叶っていくなんてこと。

 

 

 

 

その逆に、

大きな数字の感情の時には、

源から切り離されたような不安を感じたり、

頑張っているのに物事が上手くいかなかったり、

望みが叶うなんて思えない・・状態を体験したこと。

 

 

 

 

ということは?

 

数字の大きなネガティブな感情が起こったとしても、

小さな数字の感情へと変化できれば、

望みが叶いやすい状態になっていけるということ、と言えるのでは?

 

 

 

 

そして、そもそも、

 

私たちは、1レベルで生まれて来ているのですから、

 

誰でも、1レベルに戻ることは出来るのです。

 

 

 

 

 

 

 

引き寄せの法則の、

「出している波動と同じ波動のものを引き寄せる」

 

 

こう言われて、

あなたは、自分がどのレベルの波動を出しているかわかりますか?

 

実際は、わからないのではないでしょうか?

 

 

わからないので、

「出している波動と同じ波動のものを引き寄せる」 

 

法則を知っているものの、

上手な活用にならないのだと思います。

 

 

 

 

でも、感情の22段階で照らし合わせれば、出している波動のレベルがわかります。

法則の活用が簡単になるのです。

 

 

自分の感情のレベルを知り、

より小さな数字の感情に変化していけばいい、のですから。

 

 

 

 

 

 

 

では具体的に小さな数字の感情に変化させる方法をお話していきますね。

 

 

 

 

例えば14レベルの心配。

 

心配の感情があるならば14レベルの波動を出しているとわかります。

 

14レベルですから、幸せの波動レベルからズレていることがわかります。

 

また、同じ波動のものを引き寄せますから、

 

心配を続けるなら、さらに心配事を引き寄せることも予想できます。

 

 

 

 

ここで注意したいのが、

 

同じものを引き寄せると知っていると、

 

「心配はダメだ!喜ばなきゃ。」と自己否定しがちということ。

 

 

 

 

自己否定は、自責なので15レベルです。

 

自己否定することで波動が下がるのです。

 

さらに、自己否定で無価値観を感じるなら21レベルと さらに下がります。

 

自己否定は波動を下げるのです。

 

幸せからズレている時、自己否定が原因となっていることが多いのです。

 

 

 

 

 

 

では、どうしたら?

 

それは、否定ではなく『肯定』です。

 

心配している自分を肯定してあげるのです。

 

「心配してるんだね。」と、そのまま肯定して寄り添うのです。

 

 

 

 

これは、実際に体験していただきたいのですが、

 

ネガティブな感情の時に、

 

その自分を肯定すると安心感が生まれるのです。

 

ネガティブな感情を肯定?と思われるかもしれませんがやってみてください。

 

ほっと安心が生まれますから。

 

 

 

 

そして、安心は、6・7レベル。

 

ネガティブ感情を肯定できると、安心が生まれ波動が上がるのです。

 

 

 

 

そして、安心感を感じたところで、

 

さらに波動レベルを上げていきましょう。

 

それには、心配の奥にある心配を引き起こした元の思いを見つけていくことです。

 

自分に寄り添い「どうして心配したの?」と聴いていくのです。

 

 

 

 

質問をすると、心配の奥にいろんな思いがあると気づきます。

 

子供を心配していたのなら、

親としての愛情からの心配だったと気づきますし、

 

自分を心配していたのなら、

自分が傷つかないようにと守ろうとしていたと気づいたりします。

 

心配の大元は、愛からだと気づくのです。

 

 

 

 

 

 

 

ネガティブな感情を掘り下げていくと、

 

殆ど「愛」に行き着きます。

 

ネガティブな感情の大元は、繊細な優しい愛から起こっていることが殆どなのです。

 

 

 

 

また、ネガティブな感情を肯定すること、

 

自分に寄り添い掘り下げていく行為は「愛」の行為です。

 

自分をより理解しようとしているのですから。

 

恋人が、あなたをより理解しようしてくれたとき愛情を感じませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ネガティブな感情が起こっても引き寄せは出来ます。

 

ネガティブな感情を肯定し、

 

より理解しようと寄り添っていくと、

 

自分の中にある愛に気づいていけるからです。

 

 

 

 

たとえ、大きな数字のネガティブな感情であっても、

 

このプロセスを丁寧にしていくと「愛」に行き着き、1の愛の波動を発することができます。

 

 

 

 

1の愛の波動は、源の波動。

 

全てが調和しミラクルが起こる波動です。

 

どんな感情が起こっても、幸せは創造できるのです。

 

 

 

 

 

感情の22段階、活用してください。

 

私たちは、もともとが愛の波動なのですから。

 

 

 

個人セッションはこちらを。

個人セッション

 

こちらも合わせてどうぞ。

しあわせのヒント集

 

 

 

いつもありがとうございます。

ますますあなたが輝きますように。

 

 

 

 

花ひらき、今ここを天国に。